ウエストワールド シーズン2 全話 ネタバレ・時系列

Sponsored Links

5月24日からスターチャンネルで放送された ウエストワールド シーズン2 をやっと記事にしました。時系列はまとめるのに苦労しました(^_^;)が、今後全体の時系列も別途作る予定です。

ウエストワールド シーズン2 概要

ウエストワールド シーズン2
画像引用:Westworld | The Official Website for the HBO Series

あらすじ

ドロレスによるフォード殺害、2度目のエスカランテの虐殺の後、バーナード・ロウはシャーロット・ヘイルの指示でピーター・アバナシーを確保しようとしていた。しかし次第にデロス社が隠していた事実が明らかになっていく中、バーナードは記憶を失い気が付くと海岸で倒れていた。

一方ドロレスは蛮行を繰り返し人間もホストも容赦なく殺していき、メイヴは娘に会うために混乱している園内を移動し続けたが…

シーズン1では…

ウエストワールドでは引退を言い渡されたフォードによって新しいシナリオが作られ、その発表の日エスカランテではデロス社の幹部を集めたパーティーが行われた。

その席で覚醒したドロレスはフォードを射殺し、他のホストも加わり逃げまどうデロス社幹部たちも容赦なく虐殺しはじめ…


ネタバレ

※この項目の画像引用:Westworld | The Official Website for the HBO Series
※文中の暴動とはドロレスによる2度目のエスカランテの虐殺、ホストの隆起を指します。

第1話 夜への旅路(Journey into Night)

第1話
出典:Westworld | HBO公式ウェブサイト

暴動から2週間後

バーナードは海岸で倒れていたところを、デロス社本部からの救援部隊と合流していたスタッブスに助けられた。運営部長のカール・ストランドはここ2週間通信手段がダウンし状況が不明だったと、バーナードから何があったか聞きたがったが、バーナードは記憶を失っていた。

バーナードと救援部隊は襲撃されたパーティー会場へと向かった。舞台の上には頭を撃ち抜かれたフォードの遺体が転がっていた。彼らはその後バギーに分乗し、崖が海に変わったところで全ホストが死んで浮いているのを発見した。バーナードはそれを見て彼ら全員を私が殺したと呟いた。

暴動直後

《バーナード》バーナードはドロレスがフォードを射殺した直後、暴動から逃れるため馬小屋にヘイル・ヘイルや他のデロス社幹部と隠れていた。彼らはホストたちが去った後3キロ北にある修繕基地を目指したが、ホストの罠にかかり一人を除き全員射殺された。バーナードとヘイルは隠れていて難を逃れた。

ヘイルは園内の秘密の施設にバーナードを連れて行き、通信禁止を解除し本部に撤退プロセスを求めたが拒否された。その施設ではドローンホストがゲストの経験を記録しDNAの採取を行っているようだった。バーナードがそのことを指摘したがヘイルは答えようとしなかった。

ヘイルはバーナードに本部はピーター・アバナシーを届けないと救援に来ないと、アバナシーを探すよう頼んだ。バーナードはホストの網状回線網を利用しホストの位置を探るクエリを送った。しかしフォードに撃たされた頭の傷からの液漏れのため意識が混濁し始め、ヘイルの目を盗み目の前のホストの頭から注射器で液を抜き取り自らの頭に注入した。その後網上回線網でピーターアバナシーの位置が特定された。

《ドロレス》ドロレスはテディとともに園内を逃げまどう人間たちを虐殺した。その後テディと2人になり「外の世界も彼らから奪う。私はすべて覚えている。物語の結末、最後に登場するのはあなたと私よ。」と話した。そこへアンジェラがやって来て何かを見つけたことを報告した。

《ウィリアム》ウィリアムは暴動中パーティー会場で死体の下に隠れて生き延びていた。その後園内でロバート・フォードの少年時代をモデルにしたホストに遭遇した。ロバート少年は「今度は私のゲームだ、外に戻ることを目指すゲームで扉を見つけるんだ。ウィリアム君のためのゲームだ。ゲームは終点からはじまり出発点で終わる。心配無用だ、ゲームが君を見つける。」と告げると立ち去ろうとしたがウィリアムに射殺された。

《メイヴ》リーはホストに襲われそうになっていたところをメイヴに助けられた。メイヴはリーが娘を探すのに役に立つと考えて彼を連れてヘクターを探し出し、ヘクターの撃たれた傷を治療し、リーに武器を集めさせ農民の衣装に着替えさせた。

Sponsored Links

第2話 再会(Reunion)

第2話
出典:Westworld | HBO公式ウェブサイト

2015年~

《ドロレスとアーノルド》アーノルドはドロレスを出資者にプレゼンするため街に連れてきていたが、プレゼンには出さず建築中の自分の家へ連れて行った。ドロレスは都会の夜景に感動し、また連れてきてとアーノルドに頼んだ。

《デロス社の出資》ローガンは自分のところに来たホストたちを見て驚嘆し出資を決めた。

2022年~

《ウィリアム初来園後》ジェームズ・デロスはウィリアムとともにウエストワールドを訪れていた。ジェームズはここは持ってあと2~3年だと言ったが、ウィリアムはゲストが本性を見られる園に商機を感じないなら僕があなたを買い買い被っていたと言い放った。ジェームズはウィリアムのことを生意気だと言いながら話を聞くと言った。

《更に数年後》ジェームズ・デロスの引退式でウィリアムはジェームズに、すべて順調ですが少し辛抱をと話していた。夜になりピアノを弾くために来ていたドロレスはパーティーから離れまた夜景に感動していた。そこにいたローガンはドロレスを見ると「くそ野郎どもに乾杯、未来がすぐに終わることを」と言いながら酒をあおった。

暴動直後~数日

《ウィリアム》ウィリアムはまだループの中にいたローレンスのピンチを助け、バーに連れて行った。ウィリアムはバーに隠していた赤い包みを出し、ローレンスを助ける時に撃たれた傷を応急処置しながら外に戻りここを焼け野原にすると話した。

その後2人は彼方の谷に行くために死体だらけで荒れていたパライアへ行った。ウィリアムはリーダーのエルラゾを自分に従わせ彼方の谷に行くのを手助けさせようとした。しかしエルラゾは「これはお前のゲームだウィリアム、自分でプレーしろ」というと、周りのホスト達と共に頭を撃ち抜いて死んだ。ウィリアムはロバートのくそ野郎と吐き捨てた。ローレンスはロバートが目当ての地を作ったのかと聞いたが、ウィリアムは「俺が作った、それは俺の最大の過ちだ」と答えた。

《ドロレス》ドロレスたちはわざと逃がしたデロス社幹部の後を追って修繕基地に入り込みスタッフ達を制圧した。そしてスタッフを拷問し救援部隊のことを聞き出した。

ドロレスは救援部隊に対抗するためスタッフに連合国軍のダンリーヴィ中尉を復活させ、連合国軍が駐留している西へ行った。そこで連合国軍の少佐に会い仲間に加わりたいと言ったが相手にされなかった。ドロレスはテディとアンジェラに彼らを撃ち殺させた後連れてきたスタッフに復活させると「神を殺したから自分が栄光を与える」と言って従わせた。

昔ウィリアムは工事中の彼方の谷をドロレスに見せていた。ドロレスは「目的は場所じゃない、武器よ。それを使って奴らを倒す」とテディに話した。

第3話 実力と運(Virtù e Fortuna)

第3話
出典:Westworld | HBO公式ウェブサイト

暴動から2週間後

バーナードはストランド率いる救援部隊と共に警戒しつつ線路からメサハブに入った。メサハブに入るとヘイルがいて、バーナードはピーター・アバナシーの行方を知らないかと聞かれた。

暴動直後~数日

《英国領インド園》英国領インド園を訪れていたエミリーという女性が関係を持った男とベンガルトラの狩りに出た。しかしそこでホストに襲われて男は死に、エミリーはホストを射殺し逃げたが、その直後襲ってきたベンガルトラを射殺した後湖に落ちた。エミリーとトラの死体はウエストワールドに流れ着いたが、エミリーの前には亡霊の国の兵たちが立ちふさがっていた。

《バーナード》ヘイルとバーナードはギャングに捕まっているピーター・アバナシーを見つけた。ギャングは捕まえた人間たちを連合国軍に売ろうとしていた。バーナードはギャングの1人レブスをおびき寄せて早撃ちの正義感に設定を変えた。レブスは彼らの狙い通り仲間を撃ち殺し人質を解放し、ヘイルはピーターを確保した。しかしピーターは連合国軍がやってきたのを見ると突然憤りリパブリック讃歌を歌いながら立ち上がった。身の危険を感じたヘイルはすぐさま馬で逃げたが、バーナードとピーターは連合国軍に捕まってしまった。

《ドロレス》ドロレスは仲間と連合国軍の少佐と儚き望みの砦へ向かい、ブリガム大佐に東から敵がやってくると説明し、兵を貸せば人間たちの武器を全部あげると約束した。しかし傭兵部隊が攻めてくると裏切り、門の外に連合国軍を締め出してドロレスの仲間たちも兵士に攻撃した。連合国軍は壊滅し、傭兵部隊も門に近づいたところで爆薬を爆破され虐殺された。ドロレスはテディに残った連合国軍兵を殺すよう指示したが、テディは殺せずに彼らを逃がした。

戦いの前ドロレスは捕虜として連れてこられたピーターとバーナードに再会していた。ピーターは震えていて様子がおかしく、バーナードに見せると誰かが彼に薄っぺらい役柄をプログラムし、膨大なファイルを覆い隠しているようだと言った。戦いの間バーナードはピーターの暗号鍵を解除することに成功し、データを見て驚いていた。そこへヘイルの指示で来た傭兵がピーターを連れ去った。バーナードはその後朦朧とする中逃げようとしていたが、クレメンタインに捕まりそのまま引きずってどこかに連れて行かれた。

《メイヴ》メイヴ、ヘクター、リーはメイブの娘を探すために移動していて亡霊の国と遭遇した。亡霊の国はリーをもらうと言ったがメイヴたちはその場から逃げ、昇降機を見つけ地下へ潜った。

メイヴたちは園のどこにいるのか分らない状態で、傭兵を火だるまにしているアーミスティスと再会した。アーミスティスはルッツとシルベスターを拘束していて、再会した彼らは全員で地上へ上がっていった。そこは園の北端だった。リーは雪に埋まっている兜を被った生首を見つけ今すぐ逃げようと慌てたが、そこへ刀を振りかざした浪人が襲い掛かってきた。

Sponsored Links

第4話 スフィンクスの謎かけ(The Riddle of the Sphinx)

第4話
出典:Westworld | HBO公式ウェブサイト

2027年~(ジェームズ・デロスの死後)

ジェームズ・デロスは死後ホストとして再生されていた。ウィリアムは若いころからずっとジェームズの再生に尽力してきたが、うまくいかずジェームズのホストがウエストワールドの地下施設から出ることはなかった。

暴動から数日

《エミリー》亡霊の国に捕まったエミリーは同じく捕らえられていたスタッブスと共に拘束されていた。しかしエミリーは隙をついて松明で兵士を殴り逃げ出した。

《ウィリアム》ウィリアムとローレンスは列車に乗れず、ローレンスの妻子がいるラス・ムダスを通っていくことにした。しかしラス・ムダスはテディが逃がした連合国軍の生き残りに占領されていて、ウィリアムとローレンスも捕まえられ他の住民たちと一緒に教会に監禁された。連合国軍は住民を脅し食料と酒と武器を出させようとしていた。ローレンスはウィリアムに武器は教会裏の墓標のない墓の中にあるが、連合国軍に渡すと皆殺しにされるから自分たちが取りに行って反撃しようと耳打ちした。しかしウィリアムはそれを聞くと立ち上がって取引したいと墓に武器があると話してしまった。そしてお前が行きたがっている“栄光”への行き方を知っていると言った。

連合国軍の男たちは武器を手に入れても街にとどまり住民を虐待した。ウィリアムは妻の自殺を思い出し、銃を奪って連合国軍の兵士を全員殺した。ローレンスはウィリアムに感謝していとこたちとウィリアムについていくと決めた。しかしローレンスの娘はウィリアムと2人になると、あんたの本性、私は忘れていないと言った。ウィリアムとローレンスたちは荒野を馬で進んだ。そこへ馬に乗ったエミリーがやってきて、ウィリアムを見ると「父さん」と声を掛けた。

《バーナード》クレメンタインに引きずられたバーナードは洞窟の前に放り出された。洞窟の中にはフォードに操られてバーナードが拘束したエルシーが横たわっていた。バーナードは以前はフォードに操られていたと説明したが、エルシーは彼が信用できず出て行こうとした。しかしバーナードが頭の傷のために様子がおかしくなると、洞窟の奥に施設を思い出したバーナードに付いて隠しエレベーターに乗って地下のラボで彼を直した。

その後エルシーとバーナードは奥の部屋でジェームズ・デロスのホストを発見した。ジェームズはエルシーに襲い掛かろうとし、バーナードは彼ともみ合い突き飛ばした。エルシーは端末で終了プロセスを開始させ、ジェームズは部屋ごと焼き払われた。

バーナードはまた以前のことを思い出していた。バーナードはエルシーにフォードにここに送られたのは別の人間の制御装置をプリントするためだったと話した。しかし誰のものかは分らなかった。そしてその後ドローン・ホストに命じてスタッフを殺させていたことを思い出した。

第5話 アカネの舞(Akane No Mai)

第5話
出典:Westworld | HBO公式ウェブサイト

暴動から2週間後

メサハブの中はホストに殺されたスタッフの遺体が至る所に転がっていた。ストランドが取り仕切りホストの回収作業を進めていたが、不思議なことに3体に1体はデータの痕跡すらなく、バックアップがあるはずのクレードルも破壊されていた。回収されたホストの中にはテディの体もあった。

暴動から数日

《ドロレス》ドロレスはスウィートウォーターへ行き、ホストたちに列車を直させ自分の父親を取り返しに行こうとしていた。テディはドロレスに遠くへ逃げて2人で暮らそうと話した。その夜2人は結ばれた。しかしその後テディはドロレスに連れていかれてホストたちに押さえつけられ攻撃的な性格になるように変えられた。

《将軍ワールド》メイヴたちはいつの間にか将軍ワールドに入り込んでいて、浪人ホストの武蔵に捕らえられた。メイヴは武蔵に離すよう命じたが、誤動作のために英語が通じなくなっていて城下町まで連れていかれた。リーによると将軍ワールドはウエストワールドの設定を流用していて、メイヴを捕らえた武蔵はヘクターの浪人版だった。彼らはヘクターたちと同じように無差別に町の人々を襲い、茶屋で金庫を盗もうとした。そこへメイヴたちが入って来て、剣を置いて話し合えと日本語で話した。

メイヴたちは茶屋でアカネの接待を受けた。ヘクターは武蔵を見て殺したがっていたが、リーはそれを自分の分身を見て認知障害が起こり猜疑心と攻撃性が上がっているからだとメイヴに説明した。そこへ将軍の使いがやってきて、サクラを身請けし舞を舞ってもらいたいと伝えに来た。アカネはサクラは売り物ではないと断り使いを殺した。それは”血の海”というシナリオで、本当はアカネはサクラを諦めるようになっていたのだが、シナリオとは違う展開になっていた。

リーはサクラに生まれ故郷の美しい湖”雪の泉”に逃げてはどうかと提案した。アカネは武蔵に自分たちを逃がしてほしいと依頼し、武蔵は夜の闇に紛れて逃げようと依頼を受けた。しかし日が暮れると茶屋は忍者に襲われた。メイヴは首を絞められ言葉で命じられなくなったが、殺されそうになると考えただけで忍者を自害に追いやり撃退した。しかし襲撃されている間にサクラは連れ去られていて、茶屋は将軍の兵に取り囲まれた。メイヴとアカネたちを裏から逃がすため、武蔵、ヘクター、アーミスティスは兵に捕らえられた。

メイヴ、アカネ、リー、ルッツ、シルベスターは異国の商人に化けて将軍の元へ向かった。途中リーは用を足すと言って列から離れ、殺されていた傭兵から通信機を手に入れた。

将軍の陣へ着くと、メイヴは金細工の獅子を献上品として差し出した。しかし将軍はメイヴたちの行動を見通していて正体がバレていて、部下たちの耳を焼いてメイヴの命令が聞けないようにしていた。アカネはサクラを取り返すのにいくらでも払うと言ったが、将軍はアカネとサクラ2人で舞を舞うことを条件にした。

しかし2人が舞台に立つと将軍はサクラを刀で一突きして殺してしまう。アカネは舞を舞い将軍に近づくと髪に隠していた刀を取って頭を切り殺した。メイヴとアカネは将軍の部下に首をはねられそうになったが、メイヴは侍たちが互いに殺し合うように無言のまま命じた。陣の中はたちまち殺し合いになった。驚くリーにメイヴは新しい声を見つけたと話した。

Sponsored Links

第6話 位相空間(Phase Space)

第6話
出典:Westworld | HBO公式ウェブサイト

2032年~

バーナードとドロレスは診断室にいた。一見アーノルドがドロレスを診断しているようだったが、ドロレスはバーナードをアーノルドと同じ人間にするために再現性のテストを行っていた。

暴動から数日

《将軍ワールド》メイヴの無言の命令で将軍の陣営は壊滅した。アカネはサクラの心臓を取り出し町へ戻った。田中は捕虜に取っていた武蔵たちと引き換えにアカネを要求したが、武蔵との勝負に負けて切腹し武蔵が介錯した。

町を離れたメイヴ、アカネ、武蔵たちはサクラの故郷”雪の泉”を目指した。そこはサクラの話の通り美しいところで、アカネたちはサクラの心臓を社で供養した。そこへ地下への入り口を見つけたリーが呼びに来た。武蔵とアカネは雪の泉に残り、ハナリョウだけはメイヴたちに付いていった。

メイヴはリーの案内で、前の人生の娘と住んでいた家の近くにたどり着いた。メイヴは1人で家へ向かい娘と話していたが、そこへ亡霊の国が迫ってきた。亡霊の国のアキチタはメイヴに自分たちと来るように言ったが、メイヴはヘクター、アーミスティス、ハナリョウと共に戦い抵抗した。

《ウィリアム》エミリーはウィリアムと焚火を囲んで話し、母が自殺したことでウィリアムを責めすぎたと謝り、一緒に家に帰ろうと説得した。しかしエミリーが翌朝目覚めるとウィリアムは姿を消していた。

《ドロレス》ドロレスたちは捕虜の技術者にピーター・アバナシーの場所を言わせようとしていた。しかし技術者は答えられず、設定を変えられ冷酷になったテディに1人が撃ち殺された。ドロレスたちはメサハブに近づくと先頭車両にもう1人の技術者も残し、車両を切り離した。

《メサハブ》ピーター・アバナシーを手に入れたヘイルは、ピーターが動けないようにスタッフに釘で固定させた。目的を達したヘイルはようやく隠し持っていた端末で本部に救援を求めた。スタッブスは客の命よりホスト1体を優先するのかと非難した。その後スタッブスは本部から新たにやって来たコフリンを迎えに行きメサハブに案内した。コフリンは管制室に着くと部下にシステムを復旧させたが、その途端メサハブに近づく列車が地図に現れた。ドロレスたちが切り離した列車はメサハブに突っ込み爆発を起こした。

《バーナード》バーナードとエルシーはメサハブへ入った。エルシーはコンピューターを見つけてログインし、品質部がフォードの施した改変を元に戻そうとして、本来バックアップの役割をするはずの”クレードル”にブロックされているのを見つけた。

2人はクレードルに向かったが、そこでもブロックされシステムに侵入できなかった。バーナードはエルシーに頼み、激しい痛みに耐えながら頭から制御装置を取り出して直接クレードルへ入り込んだ。バーナードは気が付くと汽車に乗っていて、スウィートウォーターへ到着した。列車を降りてマリポサへ入ると、フォードから「やあ、古い友よ」と呼びかけられた。

第7話 エコルシェ(Les Écorchés)

第7話
出典:Westworld | HBO公式ウェブサイト

暴動から数日

《バーナード》バーナードはクレードルの仮想世界で、暴動が起きる前に自分が取りに行った制御装置がフォードのものだったと気が付いた。フォードは、園は人間の心をコピーするために作られた、人間たちはホストの様に不死になりたいんだと話した。しかしフォードは今現実世界に出れば自分も数日でジェームズ・デロスのようになる、だからここから出られないと言った。

フォードはバーナードをアーノルドが家族のために建てたという家に連れて行った。そこは何年もかけてフォードとドロレスがバーナードをアーノルドと同じ人間にするために使ったところだった。自分がアーノルドの再現だったと知ったバーナードは、ジェームズ・デロスと一緒ではないかと憤った。フォードは、君はデロスと違い独創的で正しく美しい、しかし私が取り返さなければ君には自由意志は宝の持ち腐れだと言いながらバーナードに手をかざした。

バーナードは現実世界に引き戻された。待ち構えていたエルシーはシステムがオンラインになったこと、そして隆起したホストたちがクレードルに向かっていると話した。2人はクレードルから逃げたが、バーナードの前にフォードの幻が現れるようになった。バーナードはフォードの幻に促され、エルシーを遠ざけるために車を探しに行かせた。そしてバーナードはホストと傭兵の交戦で混乱している管制室にフォードの幻と行き、システムのシャットダウンを実行した。

《メサハブ》スタッブスはヘイルと2人になるとアバナシーの頭に銃を向けて脅し、何を隠しているのか聞いた。ヘイルは仕方なく復号鍵の復号鍵だと答えた。そこへテディとドロレスが襲撃してきて2人は降伏するしかなくなった。ヘイルはドロレスたちがクレードルでホストのバックアップを手に入れようとしていると思っていた。しかしクレードルはアンジェラが傭兵を誘惑し彼が持っていた武器で爆発させた。ドロレスは命乞いするヘイルの頭を切り裂こうとしていた。しかしアバナシーがふいに正気になり、ドロレスが気を取られている間にヘイルとスタッブスは逃げた。

ドロレスたちは外へ出ようとしていた。メサハブに戻ってきていたリーは気配を感じてメイヴを担架に乗せたまま隠れた。ドロレスはメイヴの能力を人間たちに使われないよう殺そうとしたが、メイヴに娘と約束したと言われて何もせずに立ち去った。その手にはアバナシーから取り出した制御装置が握られていた。

《ウィリアムとメイヴ》メイヴと娘は亡霊の国から逃れて家の中に隠れた。そこへ偶然ウィリアムが入ってきた。ウィリアムはメイヴを相手にしなかったが、前にウィリアムに娘と自分を殺されて恨みのあるメイヴは彼を撃ち、ローレンスのいとこたちにも襲わせた。ウィリアムは以前自分の妻を殺されたことを思い出したローレンスにも撃たれた。しかしローレンスはやってきた救援部隊に撃たれてその場に倒れた。メイヴも撃たれて倒れたが、リーが助けて車に乗せた。

暴動から2週間後~

バーナードがフォードに操られテレサを殺した場所でテレサのDNAが発見された。ストランドはスタッブスとバーナードを連行してどちらかが殺害したのではないかと追及した。そこで隠し扉が見つかり、奥の部屋からたくさんのバーナードのボディが発見された。ヘイルとストランドはバーナードがホストだと分かると、拷問の苦痛を与え尋問した。解析モードにされたバーナードは、ピーター・アバナシーの制御装置は第16区域 4ゾーンにあると話した。

Sponsored Links

第8話 キオク(Kitsuya)

第8話
出典:Westworld | HBO公式ウェブサイト

暴動から数日後

《メイヴ》リーはメイヴを技術者のところへ運び、彼女は心で他のホストを操れると話し修理させようとした。リーはメイヴのことが本当に心配だった。しかし技術者はメイヴを修理せず神経をむき出しにしてコードをつないだ。リーは涙ぐみ謝罪したが部屋から技術者に追い出された。

そのころウィリアムは重傷の状態で這っているところをアキチタに見つけられ連れていかれた。メイヴの娘はウィリアムを見て怖がっていたが、アキチタはメイヴの娘に彼は何もしない、前の人生のことも全て覚えているんだろう?実は自分もなんだと話し始めた。

2018年以前~2052年 アキチタ

《エスカランテの虐殺以前》アキチタは以前は原住民の集落で愛する人コハナと平穏に暮らしていた。ある時虐殺の後のエスカランテの教会で迷路のおもちゃを見て以来、取りつかれたように迷路の絵をあちこちに描いた。しかしその意味を理解する前に亡霊の国のシナリオが取り入れられ残虐な性格にされ、コハナからも引き離された。

《2022年~》ある日アキチタはウィリアムの仕打ちで砂漠に放り出されおかしくなったローガン・デロスを発見した。ローガンはここは自分の世界じゃない、外に出たいんだと訴えていた。

しばらくしてアキチタは以前の村でコハナを見かけて前の記憶を思い出し、自分には前の人生があるという確信が強くなっていった。そして他の世界があることを示唆していたローガンを探しに行って建設中の鍛冶場を見つけ別世界への扉だと思った。アキチタは以前の村に戻るとコハナを連れて扉の近くまで来た。最初はアキチタを恐れていたコハナだったが、以前と同じように話しかけられアキチタを思い出した。しかしアキチタは別世界に行くつもりだったが扉は見つからず、コハナはアキチタが狩りをしている間に園のスタッフに連れていかれたまま戻ってこなかった。

《2031年頃~》アキチタはコハナを探し続けたがどこにもいなかった。月日が経ち、まだ探していない死の向こう側を探そうとわざと殺された。そしてメンテナンス中に周りに人がいなくなると起きだして原住民のうわさになっていた”下”へと向かい、冷蔵保存庫で他のホストと共に動かなくなったコハナを見つけた。しかしコハナの魂がそこにはなかった。

アキチタは仲間に迷路の印を教え、それを隠しておこうと頭の皮を剥いで中に描いた。牧場に現れたのは交流のあったメイヴの娘に脅威を教えようとして誤解されたのだった。メイヴと娘はウィリアムに殺され引き離された。

《2051年頃~》ある夜アキチタは亡霊の国のホストを停止させて頭の皮を剥いでいるフォードに遭遇した。フォードはアキチタを解析モードに入らせると、頭の皮に描いたこの印をどこで知ったのかを聞いた。アキチタは”死を運ぶもの”が”創造主”を殺した時だと答えた。そしてなぜ他のものに教えているか聞かれ、ここのどこかに新世界への扉が隠されていると思う。自分たちが失ったものは全部そこにあるかもと答えた。フォードは、君は闇で育つ一輪の花だったのか、せめて光を与えてやろう、”死を運ぶもの”が私のところに戻ったら、仲間を集めて新世界へ導けと言った。

そしてドロレスがフォードを殺しその時は来た。アキチタは”死を運ぶもの”が自分たちを終わらせる前に扉を見つけなければとメイヴの娘に話した。そこへエミリーが現れ、自分ならアキチタよりももっと苦しめられると言ってウィリアムをそこから連れ去った。

アキチタはメイヴの娘を通してメイヴに話しかけ、娘を守ると約束した。そして自分たちを見つけろと言い、もし自分たちを見つけられなければその時は善き死をと言った。メイヴは網状回線を使い話を聞いていた。

第9話 消失点(Vanishing Point)

第9話
出典:Westworld | HBO公式ウェブサイト

2051年

ウィリアムは自分のパーティーに来ていたフォードと遭遇した。2人は谷に関して協定を結んでいて、ウィリアムが物語に口出ししない代わりにフォードは谷に近づかないことになっていた。しかしフォードは協定を破ったのは君だと言ってウィリアムにプロファイルの入ったカードを渡した。

ウィリアムはパーティーから抜け出し酒に酔ってふらついている妻ジュリエットを自宅に連れて帰った。家に戻るとジュリエットはウィリアムのことを偽善者だ、うちの家族をボロボロにしたと責めた。ウイリアムは罵られながらもジュリエットを寝室に連れて行ってベッドに寝かせ、その後フォードから受け取ったプロファイルを本の間に隠した。

ウィリアムは寝ているジュリエットに君だけが自分の本性を見抜いていたと告白した。ジュリエットはウィリアムが部屋から出て行くと寝たふりから起きてウィリアムが隠したプロファイルを見た。そこには園で残忍にふるまうウィリアムが映し出されていた。ジュリエットは昔エミリーにプレゼントして捨てられたオルゴールの中にそのプロファイルを入れ、バスタブに入り自殺した。

暴動の数日後

《ウィリアム》エミリーはウィリアムを助け森の中で救難信号出した。ウィリアムはエミリーのことをフォードが送り込んだホストではないかと疑っていた。エミリーは自分のことをホストだと思い込んでいるウィリアムにカッとなって、ウィリアムのプロファイルを見た、ウィリアムがやっていることを世間に公表すると脅した。

そこへ救援部隊がやってきた。それすらもフォードのシナリオの一部だと思い込んだウィリアムは救援部隊を皆殺しにした。驚いたエミリーはこれはゲームじゃない、証拠を見せるとポケットに手を伸ばした。ウィリアムはそのエミリーも撃ち殺した。しかしホストだと思っていたエミリーの手にはジュリエットがオルゴールに隠したウィリアムのプロファイルが握られていた。

ウィリアムは本物の娘を殺してしまったことに絶望して自殺しようとした。そしてふと自分がホストなのではないかと疑い自分の腕を切り開いた。しかしケーブルは出てこなかった。

《バーナード》バーナードはフォードの指示でメイヴが寝かされている部屋の前まで行った。部屋には入れなかったが、フォードはバーナードを通してメイヴにコードを送っていた。

バーナードはその後エルシーと合流し、デロス社が来園者全員の心のコピーをしている鍛冶場と呼ばれる巨大サーバーへ、ホストにデータが渡っては大変だと急いだ。しかしその途中バーナードはフォードに操られて自分がエルシーを殺してしまうのではないかと危惧し、フォードのコードを自分から削除しエルシーをその場に置いて1人で鍛冶場に向かった。

《メイヴ》ヘイルはクレメンタインにメイヴの能力を移植し、周囲のホストを意のままに操ることが出来るようになった。用済みになったメイヴは技術者に廃棄されようとしていた。寝かされたままのメイヴの目には、バーナードが連れてきたフォードが見えていた。フォードは君には脱出して自由になる物語を考えていたが、それは間違いでただ扉を開けるべきだったと話した。そしてメイヴの頬にキスをした。メイヴには再び「中枢アクセス権」が与えられた。

《ドロレス》ドロレスたちは亡霊の国と遭遇し、彼方の谷をめぐり争いになった。亡霊の国はあっという間に壊滅し、1人だけが逃げて行った。テディはその男を撃とうとしていたが気が変わり見逃した。テディは覚醒して以前の記憶を取り戻していた。そしてドロレスと2人になった時、彼女が自分を残忍に変えてしまったことが辛いと頭を撃って自殺した。ドロレスの叫び悲しんだ。

Sponsored Links

第10話 乗客(The Passenger)

第10話
出典:Westworld | HBO公式ウェブサイト

暴動から数日後

《ドロレス》ドロレスは自殺したテディから制御装置と自殺に使った弾丸を取り出し、馬で彼方の谷を目指した。そして自分をホストなのではと疑って自らの腕を傷付けているウィリアムに遭遇し、谷に行くためにはモンスターが必要だと誘い2人で彼方の谷へ向かった。

《メイヴ》メイヴはフォードが権限を復元したおかげで、同じ部屋に置かれていたホストを操って技術者を殺し自分を修復させた。そして雄牛のホストを操り部屋の外にいた傭兵たちを一掃し、迎えに来たヘクターやアーミスティス、部屋の外にいたリーたちと合流した。

《鍛冶場》バーナードは彼方の谷の入り口に着いたが、傭兵に立入禁止だと阻まれた。そこへドロレスとウィリアムが現れ傭兵を全滅させた。ウィリアムはバーナードが誰か分からず、ドロレスは彼は自分が作り上げたアーノルドの再現だと話した。ウィリアムは鍛冶場への入り口が開いているのを見て、ドロレスを射殺しようとした。しかしドロレスは倒れず、最後の1発が暴発してウィリアムは腕を吹き飛ばされ倒れた。暴発した弾はテディが自殺に使い歪んだ弾丸だった。

ドロレスはバーナードと鍛冶場へ入ると、アバナシーのパールを使いアクセス権を得た。そしてバーナードを促してホストたちに新世界と呼ばれていたシステムの中へ入った。新世界で2人はジェームズ・デロスが来園した時の行動を基盤としているスウィートウォーターへ出た。ドロレスはシステム本体を探していた。

《新世界》ドロレスが探していたシステムの本体はローガン・デロスの姿をしていた。ローガンのアバターの話によると、研究室でジェームズ・デロスのホストが1800万体作成され完全なコピーを作り上げた。しかしシステムを肉体に入れ込んだとたん失敗した。ジェームズのコピーは複雑過ぎた、人間は1万247行のコードで表現できると話した。ドロレスが膨大な量の本(来園者のコピー)を読んでいる間、ローガンはバーナードが何度もここへきて、人間の心の分析結果をホストに提供しろと言ったと話した。ホストは外では生きられない、しかしここで知識を得れば彼女は生き残るかもとローガンは言った。

システムが動き出し、ホストにしか見えない裂け目が谷に現れた。それはフォードがホスト逃げ出すために与えた扉で、体は谷底に落ちてなくなるがホストの魂は新世界で穏やかに暮らせるものだった。アキチタや谷を目指していたメイヴたちもその扉を見ていた。亡霊の国の男たちは次々とその中へ入っていった。ドロレスとバーナードは現実の世界へと戻った。

《再び鍛冶場》ドロレスは鍛冶場に戻ると、必要なことは学んだとシステムを消去を実行し、海水バルブを開けて海水を放出し始めた。バーナードはホストは新世界で自由になれるのにとドロレスを非難したが、ドロレスはそれは所詮鳥かごの中で、現実は絶対に交換不能なものだと言った。そしてシステムモニターを叩き壊し、もうカウボーイごっこはたくさんだ、彼らの世界が欲しいと怒鳴った。バーナードはドロレスが人間の世界を焼け野原にするだろうと、ドロレスの頭を撃ちぬいた。ドロレスはその場に倒れた。

《彼方の谷》メイヴは谷に向かうホストの列に娘がいないかと探していた。しかしヘイルたちに操られているクレメンタインが現れると列をなしていたホストたちはお互いに殺し合い始めた。アーミスティスが馬に乗ったクレメンタインを撃ち馬から落ちて倒れたが、ホストたちの争いは伝染病の様に広がり止まらなかった。ヘクターは自分はそこにとどまりメイヴを先に行かせた。

メイヴは娘と新しい母親を見つけると、自分が守ると言って谷に向かわせ2人は無事に新世界に入っていった。しかしメイヴは傭兵に射殺され、谷に暴動ホストたちが押し寄せた。アキチタはそれを見て谷に逃げた。後ろから傭兵に撃たれたが、新世界に入ると傷は消えた。アキチタが入った後谷の裂け目は消え、アキチタはコハナと再会し抱き合った。

《ドロレス殺害後のバーナード》バーナードはドロレスを殺した後、システムの消去を解除しアバナシーのパールを取り外してシステムを再びロックした。バーナードはエレベーターを使い外へ出たが、その手は血まみれになっていた。外へ出てエルシーを見ると何体かのホストは救えるかもしれないと協力を求めたが遅かった。ヘイルは安全装置が起動したことを悟り、水浸しになる前にメサに戻ると指示していた。

メサハブに戻るとエルシーはヘイルは信用できないと忠告したバーナードを機能停止させ椅子に座らせてヘイルに話しに行った。しかしエルシーが客の心をコピーしていることを世間に告発するだろうと考えたヘイルは彼女を射殺した。バーナードはフォードの忠告を聞くべきだったと後悔していた。そして自分のシステムにアクセスしてフォードを戻そうとした。フォードは再びバーナードの前に現れた。そしてヘイルのホストを作ると、そのホストは本物のヘイルを殺した。

バーナードが見ていたフォードは、バーナード自身の記憶が生み出した幻だった。ヘイルを作ったフォードはバーナード自身だった。フォードは海の水平線を指し、我々はそこで再会するかもと言って姿を消した。バーナードは人間たちに自分がホストだとバレたときに記憶を探られないように自分の記憶をバラバラにしてそこに横たわった。

暴動から2週間後

《鍛冶場》ヘイルとストランドはバーナードを連れて鍛冶場へ向かった。スタッブスは他の客の救出するために残った。ヘイルたちが鍛冶場へ入ると、そこには頭を撃たれたドロレスの遺体が横たわっていた。ヘイルはバーナードがドロレスの中にパールを隠していたのを見つけ、パールをストランドに渡した。ストランドたちはパールをシステムにセットしたが、それは復号鍵ではない膨大なデータだった。バーナードはなぜか済まないと繰り返し言った。ストランドがバーナードに詰め寄ると君たち全員を自分が殺したと言った。その途端にヘイルはストランドを含めたバーナード以外全員を射殺した。それはヘイルの姿をしたドロレスだった。ドロレスは全員射殺した後新世界にテディを送り、本部に向けてデータを送っていた装置を別のところに送るように座標を変えた。そしてバーナードを射殺し制御装置を取り出し、ピーターの制御装置と一緒に持ち出した。

《本土へ》
救助された人々は海岸に集められ本土へ移送され始めていた。ヘイルに化けたドロレスはエミリーやメイヴたちの遺体を横目に見ながら本土へと向かおうとしていた。そこへスタッブスが近づいてきて自分はフォードに雇われて今後誰に仕えればいいか分からない。しかしフォードの指示通り全ホストを管理すると話し、彼女は大丈夫だとスタッフに伝え本土に向かわせた。ドロレスのカバンの中には5個のパールが入っていた。

外の世界

バーナードはドロレスの前で目覚めた。ドロレスはそこを私たちの新世界だと話した。そこはアーノルドが建てた家だった。ドロレスはバーナードが自分の邪魔をすることを分かっていて、お互いが必要だと彼をよみがえらせたのだった。ドロレスはヘイルの姿をした誰かと外に出て行った。バーナードもしばらくして自分の足で家の外へと向かった。

遠い未来

ウィリアムは彼方の谷のエレベーターを降りて行った。そこは荒れ果てていてエミリーが待ち構えていた。ウィリアムは俺はシステムの中か?と聞くと、エミリーはシステムはとっくの昔になくなったと答えた。そこはシミュレーションではなく遠い未来のウエストワールドだった。エミリーとウィリアムはかつてジェームズ・デロスの再現実験を行っていた場所で、ウィリアムの再現性を試していた。

Sponsored Links

ウエストワールド シーズン2 時系列

年代 話数 出来事
2015年 E2
  • フォードとアーノルドがローガン・デロスに対してホストのデモンストレーションを行う
  • ローガンがウエストワールドにデロス社からの出資を決定する
2018年 E8
  • エスカランテの虐殺後アキチタが迷路のおもちゃを見る
  • アキチタは迷路の絵をあちこちに描いた
  • アキチタとその他数体のホストが亡霊の国のシナリオを与えられる
2022年 S1E3 ウィリアムとローガンがウエストワールドに来園
E8 アキチタがウィリアムの仕打ちでおかしくなったローガンを見つける
E2
  • ウィリアムはウエストワールドへの増資をジェームズ・デロスに求め承認された
  • ウィリアムは鍛冶場の建設を始めた
E8
  • アキチタは鍛冶場の建設現場を見て別世界への扉だと思った
  • アキチタはコハナを連れて扉を探したが見つからず、コハナはスタッフに連れて行かれ戻ってこなかった
2027年以降 E2
  • ジェームズ・デロス引退、引退パーティーが催される
  • ジェームズ・デロスが病死
E7 ローガン・デロスが薬物中毒で亡くなる
E4 ウィリアムはウエストワールドの極秘施設でジェームズ・デロスの再現性テストを行った
2031年 E8
  • アキチタが停止したコハナを冷蔵保存庫で見つける
  • アキチタは迷路の絵を仲間に教え、見つからないよう頭の皮を剥いで中に描いた
2032年 E7 フォードとドロレスはバーナードを作り上げた
2034年 E4 ジェームズの病死から7年、彼のホストはまだ完成せずウィリアムはテストを続けていた
2051年 E9 ウィリアムの妻ジュリエットがバスタブで自殺
S1 妻を失ったウィリアムが本当の自分を知るためにウエストワールドに戻る
E8
  • アキチタはメイヴと娘に脅威が迫っていることを教えようとして誤解される
    メイヴと娘はウィリアムに殺された
  • フォードはアキチタにドロレスが自分を殺したら仲間を集めて新世界へ導けと言った
E4 ジェームズ・デロスのホストはまだ完成していなかった
2052年 E3 エミリーが英国領インド園で男と関係を持つ
S1E10 ドロレスがフォードを殺害、ホストが暴動を起こし人間を虐殺する
E3 エミリーがウエストワールドに流れ着いた後亡霊の国に捕まる
E8 アキチタはフォードの遺体を見て、ホストを集め彼方の谷を目指し始める
E1
  • バーナードはシャーロット・ヘイルと暴動から逃げた
  • ウィリアムはフォードの子供のころをモデルにしたホストに、新しいゲームの開始を告げられた
  • メイヴはリー、ヘクターと共に娘を探し始めた
E3
  • ヘイルとバーナードはギャングに捕まっていたピーター・アバナシーを発見した
  • ピーターとバーナードは連合国軍に連行された
  • ドロレスは儚き望みの砦でバーナードとピーターに再会、ピーターはヘイルに拉致される
  • ドロレスが人間と連合国軍の両方を虐殺
E4
  • バーナードはエルシーと再会し、その場所の奥にあった施設でジェームズ・デロスのホストを発見した
  • ウィリアムはローレンスの故郷ラス・ムダスで連合国軍の生き残りを全滅させた
  • エミリーは亡霊の国から1人で逃げ、ウィリアムとローレンスを見つけた
E5
  • メイヴは仲間と将軍ワールドに迷い込み、話さず他のホストを操る”新しい声”を身に着けた
  • ドロレスはテディの特性を攻撃的に変えた
E6
  • デロス本部からコフリンが到着、システムを復旧させた
  • ヘイルはピーター・アバナシーを手に入れた
  • ドロレスたちはスウィートウォーターから列車でメサハブに向かった
  • バーナードはメサハブでクレードルのシステムの中にいたフォードと再会した
  • メイヴはかつての我が家で娘と再会した
E7
  • バーナードはクレードルの中でフォードに聞いて自分がアーノルドの再現だと知った
  • ドロレスはメサハブに押し入り、ヘイルからピーターを奪還して制御装置を抜き取った
  • アンジェラがクレイドルを爆破
  • ウィリアムはメイヴの家に入りメイヴや他のホストたちに撃たれた
  • メイヴはリーが呼んだ傭兵部隊に撃たれたがリーに助けられた
E8
  • ウィリアムはアキチタに捕まえられたが、そこへエミリーが迎えに来て助けられた
  • メイヴは技術者が彼女の能力をコピーするために肉を剥がれコードで繋がれた
  • アキチタはメイヴの娘を通してメイヴに君たちを守ると伝えた
E9
  • ウィリアムは救援部隊とエミリーをホストだと思い込んで殺害した
  • ドロレスが亡霊の国と対立し彼らを虐殺
  • ヘイルはメイヴの能力をクレメンタインにコピーした
  • フォードはメイヴに再び中枢アクセス権を与えた
  • バーナードは自分の制御装置にアクセスしてフォードのコードを削除し、エルシーを置いて1人で鍛冶場に向かった
  • テディはドロレスの目の前で自殺
E10
  • ドロレスがテディの制御装置を取り出す
  • バーナード、ドロレス、ウィリアムが鍛冶場へ、ウィリアムはドロレスを撃とうとして銃が暴発し倒れる
  • ヘイルはクレメンタインを使い彼方の谷に集まったホストを自滅させた
  • ホストたちはアキチタ達の先導で彼方の谷を目指した
  • メイヴはヘクターたちと合流し彼方の谷へ向かった
  • ドロレスとバーナードは鍛冶場でピーター・アバナシーの制御装置を使って新世界へアクセスした
  • ドロレスは新世界の来園者の心のコピーの中からいくつかのデータを読んだ
  • 新世界への扉が開き、メイヴの娘とアキチタは新世界へ、メイヴたちは傭兵部隊に殺された
  • 現実へ戻ったドロレスは新世界のデータを消去し始め、バーナードはドロレスを殺しデータの消去を止めた
  • 安全装置が起動したことを知ったヘイルはチームをメサハブに引き上げた
  • メサハブでヘイルがエルシーを殺害
  • バーナードはヘイルのホストを作りドロレスの制御装置を入れた
  • ヘイルの姿をしたドロレスが本物のヘイルを殺して入れ替わる
  • バーナードは自分の記憶をバラバラにして海岸に横たわった
E1
  • ストランド率いる傭兵部隊がウエストワールドへ到着
  • バーナードがスタッブスに海岸で発見され助けられる
  • ストランド、バーナードたちは彼方の谷が海になってそこでホストたちが死んでいるのを発見する
E3
  • バーナードとストランドたちはメサハブでヘイル(ドロレス)に会う
  • ヘイル(ドロレス)はピーター・アバナシーが見つからないと話す
E5 ストランドのチームはホストを回収したが、3体に1体はデータの痕跡も残っていなかった
ホストのバックアップがあるクレードルも破壊されていた
E7
  • ヘイル(ドロレス)とストランドはテレサが殺された旧施設の奥でバーナードのボディがたくさん置かれているのを発見
  • ヘイル(ドロレス)とストランドはバーナードを拷問しピーター・アバナシーの制御装置が鍛冶場にあることを突き止めた
E10
  • ヘイル(ドロレス)、ストランド、バーナードは鍛冶場へ移動
  • 鍛冶場でドロレスのボディを発見、そこに制御装置があるのをヘイル(ドロレス)が見つける
  • バーナードが全て思い出し、ヘイルの姿をしたドロレスがストランドのチーム全員を殺害
  • ドロレスは新世界にテディを送った後、衛星の座標を変更しデータを送信した
  • ドロレスばバーナードを射殺し、バーナードとピーター・アバナシーの制御装置を持ち出した
  • ドロレスはヘイルの姿のまま5個のパールを持って本土へ向かった
近い未来 E10
  • ドロレスはアーノルドの家でバーナードを復活させた
  • アーノルドの家には中身が誰だか分からないヘイルの姿をしたホストがいた
遠い未来 E10 エミリーのホストが朽ち果てたウエストワールドの施設でウィリアムのホストの再現性のテストを行っていた
Sponsored Links

感想

やっと記事を作成しました。最近はドラマも映画も見るだけ見てブログ書く時間が取れなかったりします。正直まず記事をアップしなければ!みたいな感じで更新したので、誤字脱字あるかもしれませんが許してください(^_^;)

今シーズンも面白かったですね!私の中ではもうJ.J.エイブラムスの…じゃなくて”ジョナサン・ノーランのウエストワールド”という感覚で見ているのですが、本当に才能のある脚本家ですね。脚本だけでなく細部に渡るこだわりもすごい。

今回は将軍ワールドに真田広之、菊地凛子、TAO、祐真キキなどが出ていました。真田広之の殺陣のかっこいいこと!本格的な時代劇セットで日本人が見てもほとんど違和感を感じないクオリティでしたが、残念ながら本筋にはあまり絡まなくて単発の出演で終わってしまいました。これってジョナサン・ノーランの趣味なのでは…?と思ってしまいましたよ(^_^;)

あ、そうそう芸者メイクだけはイケてなかった。侍たちのクオリティに比べ芸者がなんか違う…と思ったのは多分着物と眉のメイクのせいだと思う。

シーズン3はいよいよウエストワールドの外が話の中心になりそうですが、続きが気になります。ですが!また間が空いてシーズン3の放送は2020年頃になる予定だそうです。東京オリンピックの年ですね。待ち遠しい~。

今シーズンも色々衝撃でしたが、最後の最後、ウィリアムが朽ち果てたウエストワールドでジェームズ・デロスのように再現性のテストをされているというのがなんとももう…

これがフォードの新しいゲームなのですかね。ホストとして外の世界に出られたらゲーム終了?しかしシーズン2の終わりで虫の息ながらも生存していたので、シーズン3にも出るのでしょうね。

今回も時系列が入れ替わっていましたが、シーズン1ほどの複雑さはなかったですね。時系列については時間があればそのうちシーズン1からまとめたいと思っています。


PAGE TOP