ウォーキング・デッド シーズン9 前半 第1〜8話 ネタバレ・登場人物

Sponsored Links

ウォーキング・デッド シーズン9の放送がFOXチャンネルで始まりました。このページでは日本での放送終了後随時新しいエピソードの記事を追加していきます。※第2話を更新

ウォーキング・デッド シーズン9 前半 概要

ウォーキング・デッド シーズン9 前半
引用:AMC

ベストセラーのアメコミ”The Walking Dead”を原作にしたパニック・サバイバル・ドラマ。“ウォーカー”と呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカで、昏睡から目覚めた元保安官リックが、生存者たちと共に救いの地を求めて旅を続けていく。
エミー賞メイクアップ賞を受賞したゾンビ特殊メイクのクオリティーはもとより、製作陣には映画『ターミネーター』のゲイル・アン・ハードなど多数の実力派が名を連ねる。極限に追い込まれた人間の心理を描いたヒューマンドラマとしても人気を博し、全米ケーブルTVでの史上最高視聴者数を記録!* 世界中から注目を集める驚異の大人気シリーズ!!(FOX|FOXネットワークスより引用)

シーズン8までのあらすじ

死者が甦り、その死者が生きているものを食べるという謎の感染病が蔓延し、文明社会が崩壊する。人間は感染者に噛まれたり引っかかれたすると死んで甦り、他の原因で死んでも甦って生者を襲った。甦った死者はウォーカーなどと呼ばれた。

保安官代理だったリック・グライムズは、追跡中の犯人に撃たれて意識不明の重体に陥り病院にいたが、意識を取り戻したときには世界が変わっていた。敵はウォーカーだけではなかった。文明社会が崩壊したおかげで生産性はないに等しい状態になり、残った物資を生存者が奪い合うようになった。

行動力と判断力に長けたリックは、仲間となった生存者たちにリーダーとして頼られ、ウォーカーや敵と戦いつつ時には仲間や妻を失いながらも生き延びた。そして高い壁に囲まれたアレクサンドリアにたどり着き、ウォーカーに噛まれなくなったディアナ・モンローの代わりにリーダーとなり町を守った。

そんな中ニーガン率いる救世主という新たな敵が現れる。一時は救世主を殲滅したと思っていたリックたちだったがそれは間違いだった。彼らは捕らわれとても太刀打ちできない人数に取り囲まれ、見せしめとして仲間を殺されてしまう。リックはニーガンに屈服し、物資を供給し始めた。しかし仲間たちに触発されて考えを変え自分たちの未来を取り戻そうと、武器を集め別のコミュニティに協力を求め始めた。

アレクサンドリア、ヒルトップ、王国のコミュニティは連合を組み救世主に宣戦布告した。作戦ではニーガンのいる聖域にウォーカーを集め、兵糧攻めにして降伏させるはずだった。しかしニーガンに強い恨みを持つダリルをはじめとする仲間が先走り、聖域に攻撃を仕掛けた結果ニーガンたちは聖域の外に出て反撃し始めてしまう。

救世主と連合軍はお互いに武器を持ち決戦に臨んだ。しかし救世主が一斉に攻撃すると武器が暴発した。それは弾薬を作ったユージーンが仕組んだ罠だった。武器を使えなくなった救世主たちは連合軍の反撃にあい降参するしかなくなった。一時は息子カールの死によってニーガンを殺すことしか考えられなくなっていたリックだったが、平和を望んでいたカールの遺言の通りニーガンは捕らえて牢に入れ、そのほかの救世主とは共に生きて行こうと決意した。

【ウォーキング・デッド まとめ アーカイブ】
【シーズン8 前半】
【シーズン8 後半】

Sponsored Links

シーズン9の新しい登場人物

※この項目の画像引用:The Walking Dead Season9 – AMC

ジャスティン(ザック・マクゴーワン IMDb
ジャスティン元救世主で聖域の住民。血の気が多くけんかっ早い。

ネタバレ まとめ

※この項目の画像引用:The Walking Dead Season9 – AMC

第1話 新たな幕開け(A New Beginning)

第1話
引用:The Walking Dead – AMC

戦争終結後、アレクサンドリア、ヒルトップ、王国、聖域はリックの主導で協力関係を築き上げていた。

マギーは男の子を出産し、ジュディスはおしゃべりをするほど成長していた。その頃、聖域では育てていた作物が枯れてしまい、困窮していた。リックをはじめヒルトップのマギー、王国のエゼキエルたちは困っている聖域のために博物館へ行き、植物の種を手に入れ展示物の農機具を運ぼうとした。

農機具はかなりの重量で、博物館のガラス床が割れてエゼキエルが宙吊りになる。階下にはウォーカーがたくさんいて危険な状態になったが、協力して引き上げ事なきを得た。その後エゼキエルは命には限りがあるとキャロルにプロポーズしたが断られた。

その帰り、聖域へ向かう途中の橋が嵐で崩落していて別の道を進むしかなくなってしまう。しかもその先のぬかるみで農機具が運べなくなってしまい、馬を休ませて引っ張るしかなくなった。リックたちは協力して農機具をぬかるみから出したが、そこへウォーカーが集団でやってきてしまう。彼らは荷台を置いて逃げようとしたが、荷台を引いていた馬を逃がそうとしたヒルトップのケンがウォーカーに噛まれたうえ、馬に蹴られて死んでしまった。

マギーはヒルトップでケンの両親に説明した。ケンの両親はケンが聖域のために働いて死んだことに憤り、グレゴリーならヒルトップを一番に考えるとマギーを非難した。

リックたちは農機具や種を届けに聖域に行ったが、作物が枯れて以来不満を噴出されるものが現れていた。リックは自分たちが聖域を助けると住民をなだめた。リックはマギーに聖域を救うためにヒルトップから食料と橋の修繕に人を出してほしいと頼んだが、マギーは食料は供給するが橋の修繕は聖域にさせろと返答した。4つのコミュニティの協力関係は綻びが見え始めていた。その夜ミショーンとリックはコミュニティの間に協定を作るべきだと話していた。

グレゴリーはケンの葬式の後ケンの父親をそそのかし、マギーを殺させようとしたが失敗した。グレゴリーが首謀者だったことに怒ったマギーは直接抗議に行ったが、グレゴリーはそのマギーを刺殺しようとしてまた失敗した。その後マギーは住民を集めて命乞いするグレゴリーを絞首刑にし、これは自分が決定した、二度とさせないでくれと住民の前で言った。

感想:Huluで先行試写会があったため、本放送開始前に数時間早く視聴しました。1話からヒルトップの若者の死を発端として最後はマギーがグレゴリーを見せしめ的に絞首刑にしてしまうという衝撃的な終わり方。グレゴリーなら壁の外に追い出せばすぐ死にそうなんですが、住民を集めて処刑するという恐怖政治というか、マギーが憎んでいるニーガンっぽい…。早くも不穏ですね(;´Д`)

第2話 復興の道(The Bridge)

第2話
引用:The Walking Dead – AMC

ミショーンはリックに代わり、マギーに聖域に食料を提供するように交渉した。しかし聖域から届くはずの燃料が届いておらず、マギーは燃料を渡さなければヒルトップの食料も渡さないと断った。

王国のヘンリーは橋の修繕に集まった人のために水を配っていた。聖域のジャスティンは水を独り占めしようとしてヘンリーに棒で足を取られて倒れた。怒ったジャスティンがヘンリーに向かっていこうとしてダリルと殴り合いの喧嘩になりリックが止めに入ってその場は収まったが、聖域の労働力になる人員は消息を絶つものが後を絶たずダリルはリックに不満をぶつけた。

マギーはジーザスに説得されアールと妻のタミーを面会させた。その後1人でアールのところへ行き、酒を飲んでマギーを襲ったというアールに禁酒のことを聞いた。マギーは亡き父ハーシェルも禁酒して人を助けたと思い出して人は変われると思い直し、ミショーンの要求通り聖域に食料を提供し、慣習法を作ると話した。

ロジータとアラットは道を塞いでいる落石を爆破した。その爆発音でウォーカーが集まり始めたので”笛吹き作戦”でサイレンを鳴らし、作業に支障の出ないところに誘導しようとした。しかし2つ目のサイレンが鳴らず、伐採場に大量のウォーカーが押し寄せ、作業中だったアーロンが木材の下に挟まれた腕を切断する羽目になった。2つ目のサイレンはジャスティンが担当で、怒ったダリルはキャロルに止められるまで殴り続けた。

リックは投獄されているニーガンに未来を築いていると話しに行ったが、ニーガンにお前は俺のために準備しているんだと言われてしまう。アンは見張りに立っていて、ヘリコプターが上空を飛んでいるのを見つけていた。ジャスティンはダリルのことをペット呼ばわりしてリックに出て行けと言われ、その後1人で森のそばを移動していて知り合いに出会い殴られた。

感想:今回の話に出てきたマギーの父ハーシェル役のスコット・ウィルソンが10/6に白血病のために亡くなっています。撮影はだいぶ前のはずなのでハーシェルの名前が出たのは偶然でしょうがちょっとウルっと来ました。ジャスティン役のザック・マクゴーワンはハンドレッドの氷の国のロアンですね。先週から出ていたのにやっと気が付きました(^_^;)

放送予定・配信サイトについて

ウォーキング・デッドは毎週月曜22:00に、スカパー!・J:COM・ひかりTVなどのFOXチャンネルか、HuludTVU-NEXTのFOXリアルタイム配信でご覧になれます。

再放送などの放送予定はFOX|FOXネットワークス公式サイトでご確認ください。

またHulu・dTV・U-NEXTでは放送後の金曜日から35日間限定で見逃し配信を行っています。


PAGE TOP