ウォーキング・デッド シーズン7 前半 第1~8話 ネタバレ・登場人物

Sponsored Links

【後半へ】

ウォーキング・デッド シーズン7 前半概要

ウォーキング・デッド シーズン7
画像引用:FOX|FOXネットワークス

この上なく残酷なかたちで仲間の1人を失うことになった生存者たちは、ニーガンの支配下で次なる暮らしを強いられることになるが、彼らの今後はどうなってしまうのか? 別の場所で救世主に襲われたキャロルと、彼女を助けたモーガンが遭遇した謎の戦士たちの正体とは? 物資調達の旅へと出ていたタラとヒースにも危険が迫る中、仲間たちは再びどんなかたちで顔を合わせることになるのか? そして、新キャラクター、エゼキエルの率いる“王国”の登場と共に、広がっていく新たな世界…。またしても予測のつかない、壮大な物語が続いていく!(FOX|FOXネットワークス より引用)

あらすじ

腹痛で苦しむマギーをヒルトップの医師のところへ運ぼうとしていたリックたちは、救世主に捕らえられてしまう。グレンやダリルたちも先に捕らえられていて、全員救世主のリーダー・ニーガンの前にひざまずかされた。

ニーガンは衛星基地の救世主を皆殺しした償いをしてもらうと、「誰にしようかな」と言いながら皆の前をぐるりと通り、エイブラハムの前で止まってルシールと名付けたバットで頭を叩き潰した。その後殴りかかったダリルの代わりにグレンの頭も叩き潰し、リックを屈服するまで連れまわし脅しあげて物資を供給する約束をさせた。ニーガンはダリルを人質にして自分のアジトに連れて帰った。

リックはニーガンに完全に掌握されてしまい、救世主のために物資を集め、彼らが把握していない武器まで渡してしまうようになる。しかしカールをはじめ仲間たちは戦おうとしないリックとは裏腹に、隙あらばニーガンを殺そうとしていた。

カールは救世主のアジトに乗り込みニーガンを殺そうとしたが失敗してしまう。ロジータはスペンサーを殺されてカッとなり、ニーガンを銃で撃ったがやはり失敗した。ニーガンはロジータの撃った弾丸が手作りであることに気が付き、制作者のユージーンを連れ帰った。

リックはミショーンに、ジュディスやカールのために闘おうと言われ、やっと戦う決意をする。そしてマギーのいるヒルトップへ向かった。そこにはニーガンのアジトから逃げて来たダリルもいた。

Sponsored Links

新しい登場人物

※この項目の画像引用:The Walking Dead – AMC

ニーガン (ジェフリー・ディーン・モーガン IMDb )
ニーガン初登場はシーズン6第16話。救世主のリーダー。有刺鉄線を巻いたバットをルシールと呼んで武器にしている。残忍な性格だが計算高く、利用できる者は殺さず徹底的に苦しめて利用する。
サイモン (スティーブン・オッグ IMDb )
サイモン初登場はシーズン6第16話。ニーガンの右腕で、忠実な部下。腹痛で苦しむマギーをアレクサンドリアからヒルトップに連れて行こうとしていたリックたちを、徹底的に追い詰めて捕らえている。
ドワイト (オースティン・アメリオ IMDb )
ドワイト初登場はシーズン6第6話。ダリルと因縁があり、以前救世主から逃げてきた時に森の中で出会っている。ダリルはドワイト達を助けたが、バイクとクロスボウを奪って救世主に戻っていった。次に会った時ドワイトはデニースをダリルのクロスボウで殺している。
シェリー (クリスティーン・エヴァンジェリスタ IMDb )
シェリー初登場はシーズン6第6話。以前ドワイトとともに森の中でダリルと出会い、最終的にはバイクとクロスボウを奪って救世主に戻っている。その時亡くなったティナとは姉妹でドワイトの妻だったが、現在はニーガンの妻の1人になっている。
エゼキエル (カーリー・ペイトン IMDb )
エゼキエル王国(キングダム)の王。いつもメスの虎を従えている。思慮深く、懐の深いところがある。王国の住人は野生の虎を連れていると思い込んでいるが、動物園の元飼育員だった。
リチャード (カール・マキネン IMDb )
リチャードエゼキエル王の側近の一人。不愛想だが王に忠誠を誓っている。エゼキエルが救世主と取引しているのをよく思っていない。
ベンジャミン (ローガン・ミラー IMDb )
ベンジャミンエゼキエル王がいずれ重要な臣下になると期待している若者。モーガンに合気道の稽古をつけてもらうことになった。
ポール・”ジーザス”・ロヴィア (トム・ペイン IMDb )
ジーザス初登場はシーズン6第10話。非常に素早く忍者のように行動できる。自由人でリーダーになることを好まず、やむなくヒルトップのリーダーをグレゴリーにしている。偶然出会ったリックたちに、救世主を何とかしてほしいと取引を持ち掛けている。ジーザスはニックネーム。
グレゴリー (ザンダー・バークレー IMDb )
グレゴリー初登場はシーズン6第11話。ヒルトップのリーダー。インテリを気取っているが、不躾で思いやりがない性格。人の名前を覚えようとせず、いつも適当な呼び方をしている。
シンディ (シドニー・パーク IMDb )
タラが偶然出会った浜辺の村の住民。射撃の名手らしい。よそ者は殺すというコミュニティのルールを破り、タラを助けている。
ヒース (コーリー・ホーキンズ IMDb )
ヒース初登場はシーズン6第1話。アレクサンドリアの住民で調達要員。衛星基地の救世主襲撃に加わっていたが、後悔しているようだ。
Sponsored Links

ネタバレ まとめ

※タイトルは放送直後に書いた記事にリンクしています。
※この項目の画像引用:The Walking Dead – AMC

第1話 惨き鉄槌 (The Day Will Come When You Won’t Be)


引用:The Walking Dead – AMC

誰か1人をルシール(バット)の標的にしようとしたニーガンは、「イニ・ミニ・マニモ」でエイブラハムに決めて誰だか分からなくなるほど頭を破壊した。その後ロジータに嫌がらせをして、たまらず殴りかかったダリルの代わりに、振り向きざまにグレンをルシールで殴った。グレンは最後の力を振り絞り「マギー 君を見つけるよ」と言った。ニーガンはグレンの頭を叩き潰し、マギーは声にならない泣き声を上げた。

リックはニーガンに向かって「今日でも 明日でもないが 必ずお前を殺す」と言った。ニーガンは部下にリックの手斧を持って来させ、「こいつが戻らなければ全員殺す」と言ってリックをキャンピングカーに放り込んだ。

キャンピングカーでリックは決して従順とは言えなかった。しかし仲間を人質に取られていて従わざるを得なかった。リックは手斧をキャンピングカーの上に取りに行かされたり、戻らず乱射されたりとニーガンに翻弄されながらもキャンピングカーへ戻った。

ニーガンは元の場所にリックを連れて帰ったが、まだ完全に服従していないリックを見て、カールの左腕をリックに切らせようとして「やらないと全員殺した後、数年苦しめてお前も殺す」と脅した。カールはリックにやってくれとささやき、リックは泣きわめきながら斧を振り上げたが、そこでニーガンはリックの顔を覗き込んで「俺に従え。俺に供給しろ。俺がボスだ。」と言ってリックに復唱させた。リックはすっかりおびえ完全に服従していた。

ニーガンは成し遂げたとリックの斧を取り上げ、ダリルを「肝が据わっていて気に入った。俺のものだ。」と人質にして連れて行った。ニーガンは一週間後に回収に行くからそれまでに俺に供給するものを集めておけと言い残して去っていった。

ニーガンが去った後、マギーはグレンとエイブラハムの遺体と一緒にサシャとヒルトップへ向かうことになり、皆は悲しみの中その場から去った。

第2話 王国 (The Well)

エゼキエル・キャロル
引用:The Walking Dead – AMC

救世主に銃撃され重傷を負ったキャロルは、モーガンに助けられた後『王国』の兵士たちに助けられていた。キャロルは治療を受け2日間寝ていたが、幸い致命傷にはならなかった。モーガンは意識の戻ったキャロルを車いすに乗せ、王国のエゼキエル王のところへ連れて行った。キャロルは得意の愛想笑いで王をほめたたえたが、モーガンと2人になると猿芝居だと信用出来ない様子だった。

平和に見えた王国にも救世主の魔手は伸びていた。エゼキエルは救世主のことを住民に隠し、平和のために彼らと取引をしていた。エゼキエルはモーガンを見込んでベンジャミンという若者に棒術を教えるよう頼んだり、救世主との取引の場に連れて行ったりした。取引では王国の兵士リチャードが先頭に立ち、ウォーカーの肉で太らせた豚を彼らに渡した。救世主はここでも傲慢にふるまい、来週またリストの品物を持って来いと言って去って行った。

キャロルは黙って出て行こうとして果樹園で果物を摘んでいたが、そこにエゼキエルがやってきて見つかってしまった。キャロルは最初ごまかそうとしたが、エゼキエルに本性を見抜かれていると分かって「あなたもここもふざけている。だから笑っちゃう。」と言った。エゼキエルは自分は動物園の飼育員で、シヴァは展示場の堀に落ちて胸が避けたところを救い、それ以来自分に牙を向けなくなった。ここの人たちは虎を連れて現れた自分を野生の虎をペットにしていると思い込んだ。彼らは指導者を欲しがっていて自分もなり切ったと話した。彼は「手の内は見せた。誰にも言わないでほしい。彼らのためにも、私のためにも。」と言った。

翌日キャロルはモーガンに見送られ王国の敷地を馬で出て、王国に来る途中にあった家に入り込み、中にいたウォーカーを殺して丁寧に埋葬した。キャロルが翌日、玄関でノックの音と虎の鳴き声がするので出ると、そこにエゼキエルとシヴァがいた。

Sponsored Links

第3話 囚われて (The Cell)

ダリル・ドワイト
引用:The Walking Dead – AMC

ダリルはニーガンのアジトで明かりのない牢に監禁され、昼夜を問わず大音量で同じ音楽を聞かされ、精神的にも肉体的にも追い詰められた。

ダリルはわざと鍵をかけずに出て行った男の罠にはまって逃げようと外に出て救世主たちに囲まれてしまう。救世主たちはニーガンにお前は誰だ?と聞かれ全員が「ニーガン」と答えた。ニーガンはダリルをテストしたと言い、ウォーカーになって繋がれるか、死んだほうがましだと思う仕事をするか、俺のために働きキングのように生きるか選べと言った。ダリルは答えずにリンチされ、元の牢に戻された。

ドワイトはアジトから逃げた男を追っていた。男はドワイトと以前から知り合いで、捕まえられると殺せという態度だったが、ドワイトはお前の周りの人間につらい目に合わせると脅して立たせた。男は仕方なく立ち上がって歩き始めたが、ドワイトは後ろから撃ち殺した。男はウォーカーになりその後アジトの周りにつながれた。

ダリルはドワイトにニーガンのところへ連れ、ティナとドワイトとシェリーの話を聞いた。ニーガンは糖尿病でインスリンの必要なティナに、自分と結婚すれば健康でいさせてやると言ったが、3人は薬を盗んで逃げ出した。ティナは死に、アジトに戻った2人のどちらかをニーガンは殺そうとしたが、シェリーは彼を殺さなければ自分がニーガンと結婚すると申し出た。ドワイトは殺される代わりに顔を焼かれた。そんなことがあってもここにいる。今では参謀の1人だ。お前もそうなれる。

しかしダリルは屈さなかった。牢に戻されたダリルはドワイトに「何故屈したかわかるぜ。人のためだろう?だから俺はできない。」と言った。

第4話 独裁者の洗礼 (Service)


引用:The Walking Dead – AMC

ニーガンは約束よりも早く救世主の部下たちを連れてアレクサンドリアに押し掛けてきた。リックは彼らに渡す物資を用意していたが、彼らは自分で選ぶと住民の家に入って物色した。

ニーガンはマギーに興味を持っていたようだったが、ゲイブリエルが墓へ連れて行きマギーは死んだとウソをついた。そのころカールは薬を全部持っていこうとした救世主に、半分の約束だと発砲していた。ニーガンは半分は俺たちが決めると言い、武器があることを思い出して武器庫へ案内させた。救世主たちは武器庫からロケットランチャーや、リストに載っていてその場になかった銃もすべて探させ、全部の武器を持ち去った。

スペンサーとロジータはニーガンと一緒にやってきたドワイトに、ダリルのバイクを探して来いと命令された。スペンサーはダリルのバイクを見つけ出し、その間ロジータは森の中に入ってウォーカーを倒し銃を手に入れていた。ロジータは救世主が去った後、タイヤハウスに隠していた銃を取り出し、ユージーンのところへ行って銃弾を作ってくれと頼んでいた。

ドワイトはロジータたちからバイクを受け取ると、あの言葉を言えば返してやるとダリルに言った。ニーガンはリックを侮辱し続け、最後に礼を言わせて去って行った。リックはニーガンに殺意を覚えながらも結局何もできなかった。

ミショーンは救世主が来る前にライフルの練習に出ていたが、戻ってきて廃屋にいる時にリックに言われライフルを渡した。ミショーンは後であのライフルはリストに入っていなかったと言ったが、リックは危険を冒すことを恐れ「ジュディスはシェーンとローリの子だと確信しているが、あの子が生き延びるために受け入れた。俺より先に死なせない。それが俺たちの生き方だ。」と話した。

ミショーンはまた銃の練習をした廃車のところへ行ったが煙が上がっているのに気が付き行ってみると、救世主がアレクサンドリア中から集めたマットレスを焼かれていた。

第5話 消せない憎しみ (Go Getters)


引用:The Walking Dead – AMC

マギーはヒルトップで目覚め、産婦人科医のカーソンに赤ちゃんは大丈夫だと心音を聞かせてもらった。グレンとエイブラハムはヒルトップの敷地に埋葬されていて、サシャはグレンが大事に持っていたハーシェルの時計をマギーに渡した。

2人はマギーの赤ちゃんのために医師のいるヒルトップに留まろうと考えたが、グレゴリーは救世主に見つかることを恐れて追い出そうとした。その夜何者かが町にウォーカーを大量に引き入れた。グレゴリーはただ見ているだけだったが、サシャとジーザスがナイフで戦い、マギーはトラクターでウォーカーと騒音をたてていた車を轢いて対処した。

翌日救世主のサイモンが手下を大勢連れてグレゴリーのところへ来た。昨晩の騒動は救世主の仕業だった。グレゴリーはジーザスにマギーとサシャをクローゼットに隠すよう言っておきながら、サイモンを恐れてクローゼットを開けてしまう。しかしジーザスの機転で2人は別のところに隠れていた。サイモンは手下に物資を回収しろと命じ、グレゴリーにひざまずかせた。

救世主が去った後、ジーザスはグレゴリーに彼女たちをここに置かないと救世主と取引したことを住民に公表すると脅した。マギーは一緒に住むのだからちゃんと”マギー・リー”と名前を呼べと言った。その後サシャはジーザスに、マギーは残るが自分は出て行く。埋め合わせにニーガンの居場所を教えてくれと言った。ジーザスは場所は突き止めると約束した。

イーニッドとカールはアレクサンドリアを抜け出し、ヒルトップへ向かった。マギーは前を向いて生きようと決意し、再会したイーニッドにグレンとハーシェルの遺品の時計を渡した。

そのころ救世主は物資を奪って引き揚げていた。ジーザスはサシャとの約束を守るために救世主のトラックに忍び込んでいた。そのトラックにはカールも忍び込んでいた。

Sponsored Links

第6話 浜辺の村 (Swear)


引用:The Walking Dead – AMC

タラは救世主の衛星基地を襲撃した後、ヒースと調達に来ていたがめぼしいものは見つからなかった。ヒースは海岸まで出たら引き返すと言っていたが、調達の途中橋でウォーカーに襲われ、ヒースはウォーカーに取り囲まれタラは落ちて流された。

タラは浜辺に倒れていたところを、その近くのコミュニティのレイチェルという少女に殺されそうになったが、シンディという女に助けられた。そのコミュニティはあるグループと対立して男だけ殺され、女しかいなかった。彼女たちは家を捨ててここにたどり着き、それ以来よそ者は安全のために殺していた。女たちはタラの処遇を話し合い、ここに住んでくれと言った。タラは最初漁船で働いていたと嘘をついたが、結局正直に、友達と調達に来ていて橋から落ちて流され、泳いで浜辺にたどり着いた。壁に囲まれた安全な町から来て、そこであるグループに脅され衛星基地を全滅させたと話した。タラは自分たちの町に来ればいいと女たちを誘った。

しかし翌日タラは殺されそうになる。ビアトリクスは自分たちの町を襲ったのも救世主で、衛星基地はほんの一部であなたたちの町は今頃全滅していると言った。彼女はもう見つかるわけにはいかないとタラを殺そうとした。しかしそこへシンディが来てタラはまた助けられた。

タラはシンディの助けを借りて、ヒースを探しに行った。しかしヒースの姿はなく、橋の向こうにはタイヤの跡と『PPP』と書かれたカードが残されていた。タラは「きっとあなたね」とつぶやいた。その後タラは1人徒歩で移動を続け、アレクサンドリアに戻った。

戻ったタラはデニースが死んだことを知って、医務室に座り込んでいた。ロジータは銃や弾丸は見つけなかったのか?どんなに危険でも行く。ケリをつけるべきだと言ったが、タラは浜辺の住民たちのことを思い出し「出来ない。私は何も見ていない」と答えた。

第7話 規律と罰則 (Sing Me a Song)


引用:The Walking Dead – AMC

救世主のトラックに忍び込んだジーザスは、アジトの近くまで来てからカールに飛び降りろと言った。しかしカールはやって見せてと言ってジーザスを先に行かせ、1人でトラックに乗って行った。

カールは救世主のアジトに着くと、自動小銃で2人撃ち殺し、救世主たちを脅しながら「ニーガンはどこだ」と聞いた。ニーガンは口笛を吹きながら現れたが、カールはドワイトに取り押さえられた。

ニーガンはカールを連れて回り、妻と呼んでいる女たちやひざまずく住民を見せた。そして自分の部屋に連れて行き、2人殺した罰だと眼帯を取らせ、からかいながら歌を歌わせた。そしてそろそろだとカールを連れかまどへ向かった。ニーガンはドワイトから真っ赤に熱したアイロンを受け取ると、妻の1人と見張りをさぼって会っていた男の顔に押し付けた。それはドワイトがやられた罰と同じだった。ニーガンは男の顔を見るたびにルールが大切だと思い出すだろうと救世主たちに向かって演説した。

その後ニーガンはカールを連れてアレクサンドリアに向かった。ダリルは出発間際に「彼に何かしたら…」と言いかけたが、また明かりのない牢にに閉じ込められた。しかし彼らが出発した後、ドアの下から「今だ 行け」と書いたメモに張り付けられた工具が差し込まれていた。

ニーガンはカールを連れてアレクサンドリアへ行ったが、リックは調達に出ていた。彼はカールに家の中を案内させた。そしてジュディスを見つけると天使だと言って抱きかかえた。

その頃ロジータはユージーンにウソをついて自分を守らせて借りがあると迫り、無理に銃弾を作らせていた。

スペンサーとゲイブリエルは調達に出ていたが、リックが戻らなければいいと言い放ったスペンサーに呆れたゲイブリエルは車を降りて帰ってしまう。残されたスペンサーはウォーカーが持っていたメモから偶然大量の物資を手に入れアレクサンドリアに戻った。しかしアレクサンドリアには救世主たちがやってきていた。

第8話 生きる意義(Hearts Still Beating)


引用:The Walking Dead – AMC

アーロンとリックは物資のありそうな小屋を見つけ、危険を冒してウォーカーだらけの池を進んで調達した。その中には『おめでとう 負け犬ども』と書いたメモがあった。2人は救世主に渡すために命を懸ける虚しさを感じながら、物資をトラックに積んで帰っていった。その2人を池の対岸から見ている人間がいた。

スペンサーが潤沢な物資を提供したことで、救世主たちは機嫌をよくした。スペンサーは彼らと良好な関係を築こうと、酒を持ってニーガンを訪ね、酒を酌み交わした。スペンサーはニーガンの要望に応じてビリヤード台を出し、プレイしながらリックは協調性がないが自分がリーダーになれば母のようになれると話した。ニーガンはスペンサーが自分にリックを殺させてリーダーになろうとしていると思い、彼の腹を切り裂いてしまった。

そばで見ていたロジータは憎しみを募らせニーガンを撃った。しかしその銃弾はルシールに当たり、ニーガンはケガ一つなかった。ニーガンは銃弾が手作りであることに気が付いてロジータにだれが作ったか言わせようと、部下のアラットに誰か一人殺せと命じ、アラットはオリビアを射殺した。

そこへ銃声を聞いて駆けつけたリックがやってきて、契約と違うとニーガンに詰め寄ったが、ニーガンはお前の息子に部下を殺されたが送り届け、お前を殺させようとした奴を殺し、俺を殺そうとした女の代わりに口減らししてやったとまくし立てた。その後ニーガンは、震えながら自分が銃弾を作ったと告白したユージーンを連れて引き揚げて行った。

その頃救世主のアジトまで行ったミショーンは、大勢の人間がいるのを見ていた。ミショーンが脅した女は車で引き返し痕跡を消せとアドバイスし、ミショーンはその通りにした。

救世主が去った後にアレクサンドリアに戻ったミショーンは、リックに「数では到底勝てない。でも気持ちは変わらない。どうやって生きていく?私たちのためじゃなくカールやジュディスのために。一緒になら闘える。」と話した。リックはミショーンの話を聞き、戦う決意を固めた。

ヒルトップにいたマギーは、見張り台に立ってリックたちが歩いてくるのを見つけた。リックはマギーに「最初から君は正しかった。戦う準備をしろと。今ならわかる。」と言った。ヒルトップにはニーガンのアジトからジーザスに助けられ逃げて来たダリルもいた。ダリルは取り戻したリックの銃をリックに手渡した。

その夜アレクサンドリアには、リックたちが物資を調達したところにいた何者かが忍び込んでいた。

Sponsored Links

感想

まさかのグレンとエイブラハム2人死亡の幕開けから、しゃべるしゃべるしゃべりまくるニーガンにやられっぱなしで、気が重くなる前半でした。

リックたちに愛着があるからというのもありますが、主人公がやられっぱなしはちょっとキツイ。ニーガンが悪役には珍しくものすごくよくしゃべるのにも、ため息が出てしまいましたね~。ニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガンは好きなんですがw

しかし!やっぱりリックはやられっぱなしでは終わりませんでした。ヒルトップに主要メンバーが集結し、後半に希望が出てくるような終わり方でしたね。

最凶の敵ニーガンは一筋縄ではいかないでしょうが、今後アレクサンドリア、ヒルトップ、キャロルたちのいる王国、タラが出会った浜辺の村の女たちで同盟を組むのでは?と想像しています。

どんな展開になるのか楽しみです。

今後の放送・配信予定

現在Hulu、dTV、FOXオンデマンドで、第6話~8話を見逃し配信中です。順次終了しますので、まだ見ていない方はお早めに!(終了予定日:#06 2017/01/05(木)、#07 2017/01/12(木)、#08 2017/01/19(木))

後半は2017年2月13日に放送開始になります。

【後半へ】


PAGE TOP