ウォーキング・デッド シーズン7 第16話 やっと大集合!でも…

Sponsored Links

第16話 遺志を継ぐ者たち(The First Day of the Rest of Your Life)

ウォーキング・デッド シーズン7 第16話
引用:The Walking Dead – AMC

アレクサンドリアに来たドワイトは救世主を抹殺するために協力すると言うが、デニースを殺されたタラは彼を信じられず、ダリルの怒りも激しかった。だが最初に出会った時のドワイトを知っているダリルは、守るべきものがなくなったと協力の理由を説明する彼を殺すことをためらい、彼の作戦に賭けることにする。そしてニーガン一行が明日アレクサンドリアに来ると知らされ、ゴミ山の住人たちも町に集結し、救世主を待ち受ける。(ウォーキング・デッド シーズン7 第16話 エピソード FOX|FOXネットワークスより引用)

感想

今回はシーズン7ファイナルでした。

※この先感想にネタバレが含まれています。注意してください。

冒頭からどこかに閉じ込められている汗だくのサシャが映し出されます。その上サシャの回想に久しぶりにエイブラハムが登場します。う~ん、いやぁ~な感じ。

シーズン5でアーロンが現れる前に、マギーと2人で見た朝日の思い出も出てきました。ああ…こりゃ走馬燈だな。

などと考えていたら、やっぱりユージーン特製毒薬を飲んでウォーカーになっていましたね(ノД`)・゜・。。

そのままニーガンのこと食っちゃえばよかったのに。しかし、ニーガンはしぶとく生き残ります。

ドワイトがせっかく情報を提供したのに、ゴミ山たちが裏切りましたね。やっぱり!ジェイディスはどう考えても信用できない。仲間になったニーガンにまで“こんなゴミ女”とか呼ばれちゃってw しかし超利己的なので、リックたちが有利になればまた寝返りそうな気もします。

それにしても王国の虎シヴァはGJ!でした。が最初にニーガン襲ってくれればいいのに~w

最後にドワイトが残した「知らなかった」と書いた兵隊の彫り物をダリルが見つけていました。シーズン6第6話でダリルに出会った時に彫り物を掘っていましたが、まだやっていたんですね~。ドワイトはまだ働いてくれそう。

それに比べてユージーン…リックに向かって「私がニーガンだ」ってあんたw その上サシャが死んだことでニーガンに目を付けられて、どっちに行っても立場が悪くなりそうです。ニーガンはユージーンが用済みになると簡単に殺しそう(>_<)

しかし反撃してちょっとすっきりしたものの、まだ決着つかず。シーズン8では久々のリック無双を見せてくれ~

ネタバレ

ドワイトの作戦

ドワイトは救世主を奇襲したロジータとアレクサンドリアに来ていた。彼は「弱みがあったがもう違う。彼女は出て行ったからここへ来た。協力すれば止められる。」とリックに協力を申し出た。

ダリルはドワイトに対しての怒りが収まらずナイフをかざしてドワイトの目の前に突き付けた。恋人のデニースを殺されたタラは、ダリルにやって!と言った。しかしダリルはナイフを下した。

ドワイトは「明日ニーガンが20人連れてトラック3台でやってくる。木を倒して時間を稼ぎ、手始めにそいつらを殺せ。殺したら聖域(ニーガンの住処)に俺が連絡するから、トラックに乗って乗り込み残りの奴らを一掃しろ。労働者を味方につけて仲間を増やし、残りの基地を1つずつ潰して終わらせよう。」と話した。リックたちはドワイトの話に従って、アレクサンドリアにやって来たゴミ山のメンバーたちとニーガンに対峙する準備を進めた。

救世主たち

ニーガンはなぜかリックが自分たちに抵抗しようとしていることを掴んでいた。

ニーガンはリックたちに思い知らせるため、サシャに3人殺すと話していた。そのためにサシャの協力を仰いだが、サシャは誰も死ぬ必要ないと返した。ニーガンは君に免じて1人にしようといい、サシャはそれを受け入れた。ニーガンはサシャを気に入って、女としてではなくホレたと言った。

ニーガンはトラックに棺桶を用意し、そこにサシャに入るよう促した。サシャは睡眠薬を飲むために水が欲しいと要望し中に入った。

ニーガンたちはアレクサンドリアに向かった。その途中、ドワイトの助言通り道が木で塞がれていた。奴らだと?と問いかけるサイモンに、ニーガンはプランBがあると言った。ユージーンは不測の事態に備えて彼らを説得したいと申し出た。

サシャ

サシャは棺桶に入る前にユージーンにiPodを渡され、ダニー・ハサウェイの『いつか自由に』を聞いた。

サシャはエイブラハムが殺される直前、アレクサンドリアで交わした会話を思い出していた。彼女はエイブラハムがビーチで溺れて死ぬ夢を見て、それが悪いサインだと思ってマギーをヒルトップへ連れて行くための護衛に行くのを止めていた。しかしエイブラハムは不安を訴えるサシャにキスして抱き寄せ、彼女を説得した。エイブラハムは「誰かのためにケツを差し出し引き裂かれてもいい。それが人生だ。」と言った。サシャは微笑み「バカね」と返した。2人はマギーの護衛のために家を後にした。

そしてアレクサンドリアに来る前、マギーと見た朝日を思い出していた。

アレクサンドリア

救世主はアレクサンドリアに着くと、まずユージーンが出てきてリックたちを説得しようと試みた。リックがニーガンはどこだと聞くと、ユージーンは「私がニーガンだ」と答えた。リックはロジータに目配せをして、ロジータは起爆装置のスイッチを押した。しかし起爆しなかった。

その途端、ゴミ山の連中は反旗を翻してアレクサンドリアのメンバーに銃を突きつけた。ジェイディスはリックに銃を突きつけながら、後からやって来た連中のほうが条件が良かったと言った。アレクサンドリアの外からライフルで様子を伺っていたミショーンは、ゴミ山の女と取っ組み合いの争いになった。

ニーガンはルシールを抱えてリックの前に現れ、ドワイトとサイモンにサシャが入った棺桶を出させた。ニーガンはサシャも全員死ぬかもなと言いながら、リックに集めてきた銃、借りてきた銃、俺のダリルも返してもらおうと言った。リックはサシャを見せろと要求した。ニーガンは棺を開いた。

しかしサシャは棺の中でユージーンからもらった毒薬を飲んで転化していた。出て来たサシャはニーガンに襲い掛かった。

ゴミ山のメンバーが唖然としている隙をついてカールたちが反撃した。周囲は撃ち合いになった。しかしリックはジェイディスに銃を突きつけられて動けず、彼女と取引しようとしたがわき腹を撃たれて倒れた。アレクサンドリアのメンバーは抵抗もむなしく制圧された。

リックとカールはニーガンの前に座らされた。ニーガンはカールを殺し、リックの両腕を潰すと言った。その時、ミショーンがいた建物から誰かが落ちた。ニーガンはにやついて大事な人を失ったようだと言った。リックはニーガンを見上げ「今日でも明日でもないが、必ずお前ら全員を殺す」と言った。

ニーガンはルシールを振り上げ、カールに振り下ろそうとした。その時、王国の虎シヴァがニーガンの側近を襲った。それとともにエゼキエルが率いる王国の兵士たちが救世主とゴミ山たちに攻撃をかけた。その中にはキャロルとモーガンもいた。

反対側からはマギー率いるヒルトップの軍も攻めてきて、救世主たちは撤退するしかなくなった。ゴミ山のメンバーは発煙弾を上げ煙幕を張って逃げた。救世主のニーガンたちもトラックに乗って逃げて行った。アレクサンドリアのメンバーたちは彼らを追ったが逃げられてしまった。

リックとカールはミショーンのもとに駆け付けた。建物から落ちたのはミショーンではなかった。ミショーンは大怪我を負っていたが生きていた。

戦争へ

ニーガンはユージーンになぜサシャは死んだのかと聞いた。ユージーンは防水シートで覆っていたから窒息したのだろうと答えたが、ニーガンは意味ありげにユージーンを見ていた。救世主は人員を集め戦闘準備を整えていた。

一方のアレクサンドリア、王国、ヒルトップでも戦いの準備を進めていた。

マギーはヒルトップの住民の前に立ち、一度は手放したグレンとハーシェルの形見の時計を握りしめていた。

ダリルはアレクサンドリアの入り口で、ドワイトの堀った兵隊の彫り物を見つけた。それには「知らなかった」とメッセージが書いてあった。


PAGE TOP