ウォーキング・デッド シーズン7 第14話 サシャが!Σ( ̄□ ̄|||)

Sponsored Links

第14話 密かな断行(The Other Side)

ウォーキング・デッド シーズン7 第14話
引用:The Walking Dead – AMC

ヒルトップに来たロジータはサシャにニーガン殺害をもちかけ、サシャは2人で救世主の基地に乗り込むことを決意。マギーには話さずに町を出る。そんな中、救世主がヒルトップを訪れ、医師の引き渡しを要求。マギーとジーザスを中心に団結していく住民が気に入らないグレゴリーは、医師を取られてしまうとさらに信頼を失い座を奪われるのではないか不安が募り、自分が住民に信頼されることが重要だと救世主に相談をもちかける。(ウォーキング・デッド シーズン7 第14話 エピソード FOX|FOXネットワークスより引用)

感想

※この先感想にネタバレが含まれています。注意してください。

どうしても怒りの収まらないサシャとロジータが2人だけで救世主に奇襲をかけようとします。も~う、顔を知られているし、バレればアレクサンドリアにいるリックたちが危険な状態になるし、押し掛けられて武器を取られて作戦パー!なんてことになったらどうするんじゃい。

しかし2人じゃだめだと説得されても聞く耳持ちません。救世主の中もどうなってるのか分からないのに、サシャったら特攻するし捕まるか殺されるの目に見えてんじゃん…

ロジータは閉め出されてやむを得ず逃げましたが、その先にダリルと思われる人影がありましたね。2人でサシャ救出作戦かな?

それにしてもユージーン…やっぱりw 絶対逃げずにしり込みすると思いましたよ。ある意味わかりやすいw

ところでイーニッドがヒルトップに救世主が来た時に「自分は顔を知られていないから!」なんて言っていましたが、アレクサンドリアで救世主に風船取られてましたよね?サイモンはイーニッドを知らないかもしれないけど、手下に顔知っているメンバーがいてもおかしくないと思うんだけど。もういよいよ細かいところが雑になってきましたね(´・ω・`)

ネタバレ

ヒルトップ

ヒルトップの住民たちは、マギーとサシャの指導で武器の使い方を練習していた。

ある時アレクサンドリアからロジータがサシャを訪ねて来て、ニーガンを殺すために手を貸して欲しいと頼んだ。ジーザスは2人では無謀だと止めたが、サシャは出て行くための準備をした。ジーザスやイーニッドはマギーに話すべきだとサシャに話した。サシャはイーニッドにマギーの赤ちゃんにとミサンガを渡した。

しかしその時、救世主がヒルトップに急に押しかけてきた。サシャはマギーと話す間もなく、ロジータと脱出用にカモフラージュした出口から外へ出て救世主のアジトを目指した。

マギーとダリルは外に逃げるのが間に合わず倉庫へ隠れた。顔を知られていないイーニッドはそのまま残った。

カーソン医師

救世主のサイモンはカーソン医師を連れて行こうとした。自分を連れて行こうとするサイモンを見て、カーソンは救世主にいる医師の兄が死んだと悟った

グレゴリーは自分の求心力の低下を恐れ、サイモンに住民の信頼を失えばここを誰かに乗っ取られるかもと話した。しかしサイモンはグレゴリーにメモを渡し、問題が起これば俺のところに来いと意見を聞かなかった。

マギーとダリルの隠れている倉庫へ、救世主の1人が近づこうとしていた。イーニッドはその救世主を倉庫に近づけまいと、野菜を入れたかごを運んでほしいと頼んだが駄目だった。救世主は中にあった野菜を物色していた。その間奥に隠れていたダリルはナイフを持って襲い掛かろうとしたが、マギーに制止された。救世主は2人に気が付かずに出て行った。

ダリルは自分がニーガンに盾突いたせいでグレンが殺されたと責任を感じていて、ヒルトップに行ってからマギーと話していなかった。ダリルはマギーに悪かったと謝ったが、マギーは「あなたは悪くない。私も殺したい。でも勝たなきゃ。力を貸して。」とダリルに言った。

グレゴリーはジーザスを呼び出し新入りに仕事をさせるよう指示した。ジーザスはカーソン医師を連れていかれたことを非難したが、グレゴリーは救世主が来てもいいのかとマギー達の存在を逆手にとって脅した。

ロジータとサシャ

ロジータとサシャは動く車を探しながら救世主のアジトを目指した。サシャは以前ヒルトップでアレクサンドリアの一行と住民が争いになったとき、エイブラハムが落としたロジータからのプレゼントのペンダントをジーザスに渡され着けていた。ロジータはサシャがそのペンダントを着けているのを見て、気に入った?私が作ったのと嫌味を言った。

エイブラハムを巡って因縁のある二人は気が合わなかった。サシャはジーザスからもらった救世主のアジトの見取り図を見て、近くにある建物からニーガンが中庭に出てきたらライフルで撃つ作戦を立てていた。しかしロジータは確実に殺すため中に侵入しようとしていて、作戦でも2人は意見が合わなかった。

ロジータは途中フェンスの中にあった車に目を付け、ほかの車に火を放ってウォーカーをそちらに引き寄せられている間に車に乗っていった。

救世主のアジトで

ロジータとサシャは救世主の中庭が見えるところでライフルを構え、ニーガンが出てくるのを待った。しかしユージーンが何か指示を出しているのは見えたが、ニーガンは現れなかった。

ロジータは爆弾のこと、車のキーがなくてもエンジンをかける方法、ロープの結び方など何でも知っていて、サシャはあなたが味方でよかったと話した。ロジータはかつての男たちに教えてもらったと話した。

ロジータはサシャにエイブラハムのことを聞かれ、私の能力を認めてくれた。彼はずっと過去にこだわっていたけど吹っ切れた。彼に捨てられあなたを憎んだ。彼が先に生き甲斐を見つけたから…と話した。サシャはロジータにあなたがこうして話してくれてうれしい。エイブラハムは死ぬ時を選べなかったけど、私たちは選べる。あなたを支えるわと言った。

そうしているうちにヒルトップに行ったサイモンたちが戻ってきた。やってきたカーソン医師を迎えにニーガンが出てきた。しかしニーガンはカーソンやユージーンに近づきすぎていて、サシャたちはライフルで撃つことができなかった。

突入

ロジータとサシャはアジトの中に侵入することを決めた。夜が更けユージーンが救世主の男と話しながら出てきたところを、男をライフルで撃って殺した。ロジータはユージーンを逃がそうとしたが、ユージーンはニーガンを恐れて建物の中に戻っていった。2人はフェンスを切って中に入ろうとしたが、サシャはロジータを見張らせている間に締め出して「あなたの時はまだよ。その時まで待って。」と言って1人で突入した。

アジトでは侵入者に気が付き救世主たちが出てきた。ロジータはやむなく走って逃げたが、その先にクロスボウを持った人影が現れた。


PAGE TOP