ウォーキング・デッド シーズン6 第7話 グレンが!!しかしまた危機に

Sponsored Links

第7話 生かされる命

ウォーキング・デッド シーズン6 第7話
出典:The Walking Dead – AMC(米国)

アレクサンドリアの町に再び平穏が訪れた。ダリル、グレン、サシャ、エイブラハムはまだ戻らないままだったが、新たな襲撃に備え壁を補強し、それぞれが身を守るすべを学びはじめていた。リックはウォーカーの誘導移動作戦から町に戻る途中に自分を襲ったウルフはモーガンが逃がした者たちだと知り、彼を問いただす。一方で、自分の仲間しか信用しないリックにタラとミショーンが反発。彼らを助け、共に生きるべきだと諭す。(FOXインターナショナル ウォーキング・デッド シーズン6 第7話 エピソードより引用)

次回第1幕最終話

次回は シーズン6 第1幕最終話だそうです。
来週の放送が終わると、次は来年2月から9~16話が放送されます。

来週はかなりの危機になるようですが、ひと区切りつく前に久しぶりの全員集合となるかもしれないと期待しています。

グレンだーーーー!

※この先感想にネタバレが含まれています。注意してください。

自殺したニコラスの巻き添えでウォーカーの大群に投げ出されたグレンは、ニコラスの下敷きになったまま忍者のごとく体をスライドさせてごみ箱の下の逃れていました。

ずるいカメラアングルではらわたを食べられているように見えましたが、生きていましたね!

第3話でグレンは生きてる!というコメントをたくさん頂いたのですが、その中でも「ごみ箱の下に逃げる」と予想が的中させた方が!
ドラマを見ていて思わず「おおお!ごみ箱キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と声が出てしまいました(笑)

それにしても、あれだけ「グレンどうなった!」と気を持たせておいて、実は生きてた~みたいな描写があっさりし過ぎて、あれ?これで終わり?と拍子抜けでした(^^;

今度はマギーがピンチ!?

イーニッドと共にアレクサンドリアに戻ってきたグレンですが、おびただしい数のウォーカーが壁を取り囲んでいて中に入れません。
そして合図のために風船を飛ばします。といっても風船を飛ばす場面がなかったのですが次回かな?

その合図を見ていたマギーはリックに駆け寄り「グレンだわ!」と泣きながら喜びますが…

直後に街の外にあった塔が倒れてきて、壁が崩れます。
間にバリッベキッと塔の板が剥がれるシーンがたくさんあったのが謎だったのですが、最後への伏線だったんですね。

そして次回へ~となりますが、予告編でマギーがウォーカーたちに追い詰められていました。
折角グレンが戻ってきたのに、今度はマギーが危機に?なんとか会えますように!

懲りないモーガン

アレクサンドリアにWが攻めてきた時にW達を逃がしたモーガンですが、まだ一人街に閉じ込めたままの奴がいるんですよね。
そのWはウォーカーにかまれたと言っていましたが、それをデニースに治療させようとします。

え~?デニース殺されちゃうんじゃ(>_<)

勘のいいキャロルがモーガンの後をついて行って問いただすのですが、そうしている間に壁が崩壊するんですよね。
あのWが混乱の中さらに混乱させるようなことをしなければいいのですが…

キャロルがいるので、グサッと一刺しかもしれませんけどw

その他気になったところ

リックがロンに銃を教える

ロンはリックから空の銃を貰った後、弾丸を盗んでカールの後をつけていました。
う~ん、イヤーな予感が。

ダリル・サシャ・エイブラハム

前回無線で「助けて」という声を聞いて終わっているのですが、混乱の中のアレクサンドリアの住民の声?
強力な武器を持っているし、救世主となるのでしょうか。

ネタバレ

自殺したニコラスの巻き添えになってウォーカーの大群に投げ出されたグレンは、なんとかそばにあったごみ箱の下に入り込み危機から逃れていた。ウォーカーが去った後イーニッドが現れるが、一人でどこかに行こうとするイーニッドを説得しアレクサンドリアへ連れて戻る。
リックはウォーカーの誘導移動作戦から町に戻る途中に自分を襲ったウルフはモーガンが逃がした者たちだと知り、彼を問いただす。モーガンは「全ての命は尊い、その考えが俺を変えた」と言う。
スペンサーが独断で街の外にある車を取りに行こうと、綱を渡ってウォーカーの上を通ろうとするが失敗し、リックやタラに助けられる。危険を顧みず助けたタラにリックが君が死ぬところだったと怒る。元々の住民と一線を引こうとするリックにタラが反発する。
壁の外にはウォーカーの大群がいたが、街の中は平穏を取り戻していた。思い思いに過ごしていた人々が街の外に緑の風船が飛ばされたのを見る。
マギーはリックに駆け寄り「グレンだわ!」と喜ぶ。しかしその時、街の外にある塔が倒れて壁を直撃し、壁が倒れてしまう。


PAGE TOP