ウォーキング・デッド シーズン6 第1話 いきなりウォーカーの大群

Sponsored Links

第1話 導かれし屍たち

ウォーキング・デッド シーズン6 第1話
出典:The Walking Dead – AMC(米国)

再会を果たしたリックとモーガンだが何かが掛け違っているようで通じ合えずにいた。2人はレジを殺したピートを敷地外に埋めるために外に出て谷底を発見。そこには今までに見たこともないウォーカーの大群が集結していた。このまま放っておけばバリケードが決壊しアレクサンドリアに押し寄せてしまう。リックは町民を説得し、町とは逆の方向へ誘導する作戦を実行しようとするが、元からの住民たちは共に戦う作戦に拒否反応を示す。(FOXインターナショナル ウォーキング・デッド シーズン6 第1話 解説より引用)

対照的なリックとモーガン

ウォーキング・デッド シーズン6が始まりました。

シーズン5最終話で、アレクサンドリアのリーダー・ディアナの夫レジを殺したピートを射殺したリック。
そのリックの目の前に現れたモーガン。
モーガンは変わってしまったリックに戸惑いながらも、リックが善人であると信じようとします。

必要と思えば躊躇なく人を殺すリックと、敵であっても命を大切にするモーガン。
久しぶりに現れたモーガンですが、シーズン6で対照的なリックとモーガンの二人の関係がどう変化していくのか気になりますね。

開始早々ウォーカーの大群

さてシーズン6の第1話ですが、おびただしいウォーカーの大群を目の前にしたリックが、ウォーカーを遠ざける計画をグループに説明する場面から始まります。
開始早々アレクサンドリアの文化的な生活を忘れそうな、いきなりの修羅場です(笑)

このウォーカーの大群をうまく遠ざけることが出来るのか、ニックとモーガンの関係はどうなるのか、今後の展開が楽しみです。

ネタバレ

リック達の目の前にある谷におびただしい数のウォーカー、リックとモーガンがピートの遺体を埋めに来た時に見つけたものだ。
リックはウォーカーを出来る限り遠ざける計画を立て演習に来ていたが、ウォーカーを塞き止めていたトラックが崩落し、大群がアレクサンドリアの方角へ動き出してしまったためその場で計画を実行する。
あと少しで計画が成功するという所で、後方から大音量のクラクションが鳴り続け、ウォーカーの大群がアレクサンドリアの方向へ向かってしまう。


PAGE TOP