ウォーキング・デッド シーズン5 ネタバレと登場人物と感想 ざっくりまとめ

Sponsored Links

ウォーキング・デッド シーズン5 を再視聴してざっくりですがまとめました。

ウォーキング・デッド シーズン5
The Walking Dead Season5 – AMC

シーズン5からの主な登場人物

この項目の画像引用:The Walking Dead – AMC

ドーン・ラーナー (クリスティン・ウッズ IMDb )
ドーン・ラーナーアトランタの病院で文明の崩壊後、警官たちを取りまとめていた責任者。自分の威厳を保つことを最優先し、意に沿わないことがあると立場の弱い者に暴力をふるう。
ノア (タイラー・ジェームス・ウィリアムズ IMDb )
ノアアトランタの病院で雑用をして働いていた。病院に来る前は父親と一緒だったが、1人しか助けられないと言われノアだけが病院に来た。
ゲイブリエル・ストークス (セス・ギリアム IMDb )
ゲイブリエル・ストークス神父。缶詰寄付の直後に世界の崩壊が起こり、その缶詰を食いつないで1人で教会に籠っていた。
アーロン (ロス・マーカンド IMDb )
アーロンリックたちを陰から見て調査し、自分のグループにスカウトしようとしている男。
ディアナ・モンロー (トバ・フェルドシュ IMDb )
ディアナ・モンローアレクサンドリアのリーダー。人を見抜く能力に長けている。以前はオハイオ州選出の下院議員だった。夫のレジと息子のエイデンとスペンサーの4人家族。
スペンサー・モンロー (オースティン・ニコルズ IMDb )
スペンサー・モンローアレクサンドリアのリーダー・ディアナの息子。
ジェシー・アンダーソン (アレクサンドラ・ブレッケンリッジ IMDb )
ジェシー・アンダーソンアレクサンドリアの住民で元スタイリスト。夫のピートと息子のサムとロンの4人家族。
イーニッド (ケイトリン・ナコン IMDb )
イーニッドアレクサンドリアの住民の少女。カールと同年代だが、1人でアレクサンドリアにたどり着いている。
ニコラス (マイケル・トレイナー IMDb )
ニコラスアレクサンドリアの住民でディアナの息子エイデンとともに調達係をしている。
モーガン・ジョーンズ (レニー・ジェームス IMDb )
モーガン・ジョーンズ≪再登場≫アトランタの病院で意識不明から目覚めて文明の崩壊を知らなかったリックを助けた。その後ウォーカーになっていた妻に息子を襲われ気がおかしくなり、自分の周囲に罠を仕掛けこもっていた。しかし正気を取り戻したようでたまたま知ったリックの行き先を追ってきていた。
Sponsored Links

ネタバレ シーズン5 第1~16話

この項目の画像引用:The Walking Dead Season5 – AMC

第1話 食うか食われるか (No Sanctuary)

第1話 食うか食われるか
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • 終着駅で捕らえられたリックたちは身に着けていたものを武器にして戦う準備をしていたが、彼らはトレーラーの上から催涙弾を投げ込みリックたち4人を引きずり出した。
  • 終着駅では捕らえた人間の頭を打って首を掻き切り血を抜き食肉として加工していた。ボブは文明を取り戻す解決法を知っている男をワシントンに連れて行くと訴えたが、ギャレスは聞く耳を持たなかった。しかし次はグレンというときに外で銃声が聞こえ爆発が起きた。
  • キャロルとタイリースとジュディスは終着駅に向かう途中、ウォーカーの大群に襲われそうになったが終着駅から聞こえてきた銃声でウォーカーたちはそちらへ向かった。キャロルは森の中の小屋で終着駅のメンバーがミショーンとカールの話をしているのを聞いて、銃で脅して拘束し武器を奪ってジュディスと男をタイリースに託し終着駅へ向かった。
  • タイリースは男を殺せなかったが、ジュディスを人質に取られウォーカーの群れの中に出て行くしかなくなる。しかし素手で戦い、中に戻ってきて男を殴りつけた。
  • キャロルは終着駅の外から燃料タンクを撃って燃料を噴出させ、敵から奪った花火を使って爆発させた。終着駅の周りのフェンスは壊れ、ウォーカーの大群がなだれ込んだ。
  • リックは隙をついて拘束を解き、男を2人殺して皆で外に出た。敵から武器を奪ってウォーカーの中を敵と戦いながら進み、トレーラーにいた仲間を助けた。皆はユージーンを囲んで守りながらフェンスを乗り越えて逃げた。
  • リックは戻って皆殺しにするつもりだったが、キャロルが現れうやむやになった。キャロルは皆をタイリースたちのいた小屋へ案内した。リックとカールはタイリースが抱いていたジュディスと再会し、泣いて喜んだ。
  • 終着駅は最初は人助けをしていたが、ならず者が入ってきて死ぬよりひどい目にあわされた。ギャレスは「食うか食われるかだ」と彼らに反撃しようとしていた。
Sponsored Links

第2話 暗闇からの視線 (Strangers)

第2話 暗闇からの視線
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • リックたちは終着駅から遠ざかって森の中を進んでいた。その時男の悲鳴が聞こえ駆け付けると、神父がウォーカーに襲われそうになっていた。リックたちは神父を助け、いつもの質問をしたがウォーカーも人も殺したことはないと答えた。リックたちはゲイブリエルと名乗ったその神父の教会へ行くことになった。
  • ゲイブリエルは缶詰寄付の後にこうなって、教会からあまり出ずに缶詰を食いつないでいた。物色できる家はすべて物色していて、あとは1軒だけだと言った。リックは彼を信用できず調達に連れて行った。
  • 調達に行った先はフードバンクだったが、雨漏りで床が抜け水が溜まってその中にウォーカーが多数いた。リックたちは棚でガードしながらウォーカーを刺していたが、ゲイブリエルが知り合いの女を見て動揺し逃げ出そうとしてウォーカーに襲われそうになった。リックたちはゲイブリエルを助けたが、水の中にいたウォーカーにボブが引きずり込まれてしまう。その後ボブはウォーカーを倒して出てきた。
  • その日は皆久しぶりに食事とワインを楽しんだ。エイブラハムはユージーンがワシントンに行き元の世界に戻すのを手伝ってほしいと皆に訴えた。リックは以前は否定的だったがボブに諭され行く気になっていて、ジュディスが行くと言ったからみんなもと言った。皆からは拍手が沸き起こった。
  • その間車で去ろうとしたキャロルを、ダリルが気が付いて追っていた。しかしベスを連れ去った車が通り、ダリルは車のランプを壊しキャロルとその車の後を追った。
  • ボブは皆が食事をしている間に外に出て涙ぐんでいた。しかしそこで殴られ、気が付いた時には終着駅のギャレスたちが目の前にいてボブの足を切って食べていた。その場にはタイリースが殺したと言っていた男もいた。

第3話 神の裁き (Four Walls and a Roof)

第3話 神の裁き
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • ボブはフードバンクで噛まれていて、お前たちは汚染された肉を食ったとギャレスたちを挑発した。終着駅のメンバーはそこらで吐いたが、ギャレスが焼いたから大丈夫だと落ち着かせ、笑いが止まらないボブを蹴った。
  • ボブがいなくなった教会では、サシャとリックは挙動不審なゲイブリエルを問い詰めたが、彼は泣きながら文明崩壊の時に信者を見捨てたことを告白した。その時外で物音が聞こえ行ってみるとボブが教会の前に置かれていた。ボブはギャレスたちに連れていかれたこと、フードバンクで噛まれていたことを話した。
  • サシャを含めリックたちはギャレスに反撃するために出て行ってしまう。エイブラハムはユージーンをワシントンに連れて行くのを優先させようとしたが、グレンが協力してくれたら一緒に行くと説得した。ギャレスたちはすべて外から見ていて、リックたちがいなくなると教会の中に入ってきた。
  • いなくなったはずのリックたちは玄関から入ってきてギャレスたちを囲んだ。ギャレスは別々の道を行こうと言ったが、信じられないリックたちは皆殺しにした。
  • ボブは仲間1人1人とお別れをし、リックにこんなことがあっても悪夢は終わる。ジュディスのためにも世界を変えてくれと話した。ボブはサシャに看取られ穏やかな最後を迎えた。最後はタイリースがとどめを刺した。
  • 翌日エイブラハムたちとグレン・マギー・タラは先にワシントンに向けて出発した。エイブラハムは新世界にはリック・グライムズが必要だと書いた地図をリックに手渡した。
  • 夜ミショーンとゲイブリエルは眠れず教会の外にいた。そこに物音が聞こえミショーンが近づくとダリルがいた。キャロルは?と聞くと、ダリルは来いと誰かに声をかけた。
Sponsored Links

第4話 朽ち果てた街で (Slabtown)

第4話 朽ち果てた街で
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • ベスは気が付くとアトランタの病院に運び込まれて治療を受けていた。そこにいるものは仕事の分担があり、食事や服も「貸し」になっていて働いて返さなければならなかった。しかし前からいるノアは働いてもここから出られたものはいないと話した。
  • 警官のゴーマンという男はジョーンという女性をわがものにしていた。ジョーンは逃げようとしてウォーカーに噛まれ、死のうとしたが意に反して腕を切り落として命を助けられた。
  • ベスはスティーブンに、トレビットという重症患者にクロザピンを75ミリ注射するように指示されたが、その通りにすると発作を起こし死んでしまった。ノアはベスをかばおうとして自分がコードをひっかけたと言った。しかし真相はトレビットは医師で、自分の立場が危うくなると考えたスティーブンがベスにわざと間違った指示を与えたのだった。
  • ドーンは自身の威厳を保つことを一番に考えていて、ノアがベスをかばったと気が付いていたが罰として暴力を振るった。ベスはノアと話し逃げる計画を立て、ドーンのオフィスに入り込んで鍵を探した。気が付くとジョーンがそこで自殺していた。そこへ後をつけてきたゴーマンがベスを脅して関係を迫った。ベスは身を任せるふりをしてゴーマンの頭を瓶で打ち付け、倒れたゴーマンから銃を奪った。ゴーマンは転化したジョーンに襲われた。
  • ベスはすれ違ったドーンにゴーマンがオフィスで呼んでいると嘘をついてノアとエレベーター室から逃げた。オフィスからは悲鳴が聞こえた。ノアは降りるときに足を怪我したが、2人で外まで逃げた。外はウォーカーでいっぱいだったが、ベスは奪った銃でウォーカーを撃ちながら逃げた。しかしノアは逃げきったがベスは捕らえられてしまった。
  • ベスは連れ戻されてゴーマンの非道を見逃したドーンを非難したが殴りつけられた。ベスは医療用の鋏を隠し持ち何か覚悟を決めていた。しかしその時大けがを負ったキャロルが運ばれてきた。

第5話 愚直な前進 (Self Help)

第5話 愚直な前進
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • エイブラハムが運転していたバスは突然故障し横転した。周りにはウォーカーがたくさんいて、ユージーンは茫然としていたが、それでもタラを襲おうとしたウォーカーを刺した。
  • 事故を起こしたことで一旦戻ろうという意見が出たが、エイブラハムは感情的になりこれ以上先の延ばせないと何が何でも進もうとした。グレンはエイブラハムを落ち着かせ、その日は町の中にある図書館で休んだ。
  • タラはユージーンに昼間救ってくれたと感謝したが、ユージーンは燃料経路にガラスを混ぜてわざと事故を起こしたことを告白した。ユージンは病気から救えなければ自分は無価値だと弱気になっていたが、タラは彼を励ました。
  • 翌日近くにあった消防車を何とか手に入れ移動を開始したが、また道の途中で故障して止まった。悪臭がしてきて前方を確認すると、先の方におびただしい数のウォーカーがいた。とても進んでいくのは無理で皆戻ろうと言ったが、エイブラハムは強引にユージーンを連れて行こうとした。しかしユージーンはエイブラハムを恐れて自分は科学者じゃないと叫んだ。
  • ユージーンはワシントンDCに行けば生き延びられる、誰かを思い込ませて向こうに行けばその人たちのためにもなると思ったが、どんな言い訳も通用しないと話した。エイブラハムはユージーンを意識がなくなるほど殴った。しかしロジータがエイブラハムの前に立ちはだかり、殴るのをやめさせた。エイブラハムは皆から離れて泣いた。
  • ≪エイブラハムの回想≫
    エイブラハムは妻子と一緒だったが、暴漢を皆殺ししてしまう。妻子はエイブラハムを恐れるようになり、寝ている間に書置きを残していなくなった。彼が外に出て探すと妻子はウォーカーに襲われ死んでいて、後を追って自殺しようとしていたが、そこへウォーカーに追われ叫んでいるユージーンが現れて彼を助けた。去っていこうとするエイブラハムをユージーンは重大な任務があると呼び止めていた。

第6話 ふたり (Consumed)

第6話 ふたり
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • ダリルとキャロルはベスを連れ去ったと思われる車を追ってアトランタまで来た。警官が車から一度降りてまた去っていったが、ダリルたちの乗った車はガス欠でキャロルが知っていた虐待避難所で一夜を過ごすことになった。
  • 2人で話していると中庭から物音が聞こえた。行ってみると親子のウォーカーが戸に縋り付いていた。キャロルは刺そうとしたがダリルは静止した。朝キャロルが起きると、2体のウォーカーはダリルが火葬していた。
  • 2人は町に出てベスの手掛かりを探した。しかし2人を見ていたノアが銃を突きつけて2人の武器を奪っていった。キャロルはノアを撃とうとしたが、ダリルはまだ子供だと静止した。
  • 2人はビルの中から白十字の車が陸橋の上で落ちかかっているのを見つける。手掛かりがあるかもしれないと言ってみるとストレッチャーにGMHと書いてあり、キャロルは病院だろうと言った。そこへウォーカーの大群が押し寄せてしまう。2人は車の中に入ってシートベルトをし、ウォーカーに押されるまま陸橋の下に落下した。キャロルは体を打って痛がったが、ダリルが肩を貸した。
  • 2人は病院が見えるところまで移動した。そこに銃声が聞こえ行ってみるとノアがウォーカーに襲われていた。ノアはウォーカーをキャロルの方に押しやった。ウォーカーはダリルが刺したが、怒ったダリルはウォーカーが出てこないよう本棚を押していたノアに体当たりした。ノアは本棚の下敷きになり、ダリルが2度目はないと言ったが結局助けた。
  • ノアは銃声で病院の奴らがやってくると言った。ノアが病院から逃げてきたことを知ったダリルがベスのことを聞き、まだ捕らえられていることを知った。3人は見つかる前に逃げようとビルから出たが、道路に飛び出したキャロルが車にはねられてしまう。助けに行こうとしたダリルに、ノアは彼らに治療を受けさせろと止めた。その後2人は病院のトラックを盗み、応援を呼びに戻った。
Sponsored Links

第7話 救出作戦 (Crossed)

第7話 救出作戦
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • 教会はウォーカー対策を施しミショーン・カール・ジュディス・ゲイブリエルを残して、リックたちはベスとキャロルを救出するためにアトランタに向かった。
  • ゲイブリエルは精神状態が不安定になり、奥の部屋で床板をはがし床下から外へ出て行った。そして森で遭遇したウォーカーを押し倒し、石で殴ろうとしたがウォーカーが十字架をつけているのを見て出来ずに泣いた。
  • キャロルは瀕死の状態で、警官が見捨てようと話しているのを聞いたベスは反対した。ドーンは表向きベスに医療機器を外すように命令したが、2人きりになると薬の棚の鍵を渡した。ベスはスティーブンに何の薬を使えばいいか聞いた。スティーブンはドーンの行為には裏があると言いながら、エピネフリン5㎎だと答えた。ベスは他の患者に協力させて薬を取り、点滴に混ぜてキャロルに投与した。
  • リックは確実に2人を取り戻すため皆殺しにしようと考えていたが、タイリースが警官を数人人質にとれば誰も死なずに済むと計画を話した。ダリルもタイリースに賛成し、ノアをおとりにして警官を2人人質に取った。しかし別の車が銃を撃ちながら入ってきてダリルが男に襲われた。男はリックが銃で制圧して殺そうとしたがダリルが止めた。
  • 皆は一旦立体駐車場に戻った。女はドーンは私たちを犠牲にすると言ったが、ラムソンという男は取引はしないと言いながら必ず取引すると言った。リックがラムソンのファーストネームを聞くとボブだと答えた。サシャは亡くなったボブと同じ名前のラムソンに親切になり、水を与えたりした。ラムソンはさっきのところに元同僚のタイラーがウォーカーになってアスファルトに溶けかけていたという話をした。サシャはラムソンの代わりにタイラーを撃つと見える場所まで移動した。しかしライフルで狙っていると後ろからラムソンに窓に打ち付けられて気を失ってしまう。その間ラムソンは逃げてしまった。

第8話 人質交換 (CODA)

第8話 人質交換
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • リックは逃げたラムソンを車ではねて銃で撃ち殺した。シェパードとリカリはドーンは威厳を保つため、殺したと知れば取引に応じない。腐人に殺されたことにするべきだと助言した。
  • ゲイブリエルは真実を確かめるため小学校へ行き、ギャレスたちが食べかけたボブの足を見つけた。彼は網を投げ座り込んだが、小学校の窓ガラスを割ってウォーカーの大群が出てきてしまう。慌てて教会に戻り封鎖した玄関を開けさせて中に入ったが、大群は扉を押し破って入って来たので床下から外へ逃れ、ウォーカーを教会に閉じ込めた。ウォーカーは玄関を破って出てきそうだったが、そこへエイブラハムの運転するバスが戻ってきて入り口をふさいだ。ミショーンはワシントンの話はウソだったと聞いてがっかりしたが、マギーにベスがアトランタの病院で見つかって皆迎えに行っていると伝えた。マギーは泣いて喜んだ。
  • リックは病院に戻る車を止め、警官たちにシェパードとリカリ、ベスとキャロルを交換したいと交渉した。警官たちはリックたちを病院に案内した。
  • 人質交換はスムーズに行き、意識を取り戻したキャロルは車いすで運ばれた。しかし威厳を保ちたいドーンはノアを返すことを条件にした。ノアは仕方なく戻ったが、あくまで自分の体裁を保とうとするドーンにベスが怒り、持っていた鋏でドーンを刺した。ドーンは思わずベスの頭を撃ちぬき、そのドーンの頭をリックが撃ちぬいた。リックは外に行きたいものがいれば連れて行くと言ったが誰も動かず、ノアだけが彼らについていった。
  • 教会にいた皆は病院にバスで迎えに来ていた。リックたちが出てきたのを見たマギーは笑顔で駆け寄ろうとしたが、ダリルが抱えているベスの遺体を見て泣き崩れた。
  • (エンドロールの後)リックたちが去った後の教会にモーガンが現れる。モーガンは教会の祭壇を見ていたが、そこで「新世界にはリック・グライムズが必要だ」と書かれた地図を見つけた。

第9話 弔いの帰郷 (What Happened and What’s Going on)

第9話 弔いの帰郷
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • リックたちはベスが一緒に行こうとしていたノアの故郷、バージニア州リッチモンドを目指して移動した。車を少し離れた手前で止め、そこから徒歩でリック・グレン・タイリース・ミショーンがノアと一緒に町へ向かった。
  • 町は高いフェンスで覆われていたが、家が焼かれたりその辺に遺体が転がっていて無残な状況だった。ノアは泣き崩れてしまった。
  • ノアはしばらく呆然としていたが自分の家まで走っていき、タイリースが後を追った。ノアの家では居間で母親が頭を破壊されて死んでいて、ノアは遅くなってごめんと言いながら布をかぶせた。タイリースはその場を離れノアの弟の部屋へ行った。ノアの弟は死んでベッドに横たわっていた。しかしタイリースが壁に貼ってあった写真を眺めていると、横たわっていた遺体が起き上がり腕に噛みつかれてしまう。騒ぎで気が付いたノアが弟の頭を刺し皆を呼んでくると出て行った。
  • リックたちは調達していた。ミショーンは希望を求めていて、ここがだめならワシントンへ行こう。可能性にかけてみたくない?と言った。リックはミショーンに賛成した。その時ノアの叫び声が聞こえ、3人が駆けつけて助けタイリースが噛まれたことを聞いた。
  • タイリースは朦朧としながら死んだ者たちの幻を見た。終着駅のそばで殺さなかったマーティン、ボブ、総督、リジーとミカ、ベスも出てきた。タイリースは総督に押されよろけて座り込んだ。座り込んだタイリースの腕をリジーとミカが持った。しかし現実はグレンとリックがタイリースの腕を抑え、ミショーンが刀で斬り落とした。
  • 5人は重たいタイリースの体を抱え必死に走って車まで運んだ。タイリースは助手席にボブ、運転席にベス、隣にリジーとミカがいる幻を見ていた。ベスはタイリース現実を見て、安心してこれでいいと話しかけた。タイリースは車で運んでいる最中に亡くなった。皆はタイリースを埋葬し、ゲイブリエルが聖書を読んで弔った。(エンディング:土を掘る音)
Sponsored Links

第10話 乱れる心 (Them)

第10話 乱れる心
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • あれから3週間、一行は水も食料も尽きる中ワシントンに向かっていた。ウォーカーに遭遇しても無駄な体力を使わないよう戦いを避け、野生化した犬を食べたりした。タイリースとボブを亡くしたサシャは荒れ、ベスを亡くマギーもいつもの活力はなく、ダリルは1人になりたがった。カールはマギーを気遣い、途中で見つけたオルゴールを渡した。
  • ダリルはまた1人で森の中に入り小屋を見つけたが近寄らず、タバコを吸って自分の手の甲に押し付けて火を消し泣いていた。
  • ダリルが戻ると皆が水を囲んでいた。そこには「友へ」とメッセージが置いてあったが、罠かもしれず皆躊躇していた。その途端雨が降り始め、皆は久しぶりの雨に喜んだ。しかし積乱雲が近づき雷が鳴っているのを見て、ダリルが見つけた小屋に避難した。
  • リックは自分の祖父の戦時中の話をして「するべきことをすること、その上で生きることだ。DCで何が判明しても俺達は大丈夫だ。これが俺達の生きる道だから。言い聞かせるんだ。俺達はウォーキング・デッドだ。」と言った。ダリルは奴らとは違うと言った。
  • ダリルが眠れずに小屋の中から外をのぞくと、ウォーカーの大群が小屋に向かってきていた。ダリルは入り口を開かないように抑え、気が付いた皆も次々に加勢した。
  • 夜が明けてウォーカーは去ったようだったが、ダリルはまだ寝られないようだった。ダリルは起きてきたマギーに、タイリースもベスも強かったと話し、修理したオルゴールをマギーに渡した。
  • マギーはサシャを起こし朝日を見に行った。外は落雷があって木が倒れウォーカーが下敷きになっていて、幸運なことに小屋だけが無傷だった。サシャは弱音を吐いたが、マギーは私たちは耐えられると言った。そこへアーロンと名乗る男が現れ、リーダーと話がしたい。いいニュースだと言った。ダリルの直したオルゴールがサインのように鳴り始めた。

第11話 不審な男 (The Distance)

第11話 不審な男
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • マギーに連れられて来たアーロンは写真を見せコミュニティに来てほしいと話したが、リックはアーロンをいきなり殴りつけて柱に縛り付けた。アーロンは仲間は1人でバスと車2台で来ていると話し、リックは信用しなかったがミショーン・グレン・マギー・エイブラハム・ロジータが確認に行った。人はいなかったが車は本当にあった。リックは車にあった物資だけを奪うつもりだったが、ミショーンは行くべきだと主張し皆賛成した。リックも折れた。
  • 車とバスに分かれ行くことになり、アーロンはグレン・リック・ミショーンと車に乗せられた。しかしア途中でウォーカーの大群に阻まれてしまう。車はウォーカーを巻き込んでエンジンがかからなくなったが、後続のバスはついてきていなかった。
  • その時、発煙弾が上がるのが見えた。アーロンは慌てて行かせてくれと走り出し、他の皆も発煙弾を目指して走ったがウォーカーが多く苦戦した。アーロンは手を縛られたままでウォーカーに襲われそうになっていたが、グレンは見捨てようとして結局助けた。リックとミショーンは銃の弾が切れ窮地に陥っていたが、後から来たアーロンとグレンに助けられた。
  • 発煙筒は後続のバスグループが上げたものだった。アーロンの恋人で仲間のエリックがウォーカーに囲まれている時に車に足を轢かれ足を折っていて、後続グループが助けてマギーが手当てをしていた。アーロンはエリックを助けてもらったことに感謝してコミュニティはアレクサンドリアだと話した。リックはまだアーロンを信用できずにいたが、グレンが安全は大切だが、人間らしさも大切だと説得した。
  • 次の日バスでアレクサンドリアまで移動する途中、バスのバッテリーが上がってしまう。そのバッテリーをグレンが直した。リックはバスが止まっている間に銃を森の中にある小屋のそばに隠していた。

第12話 居住審査 (Remember)

第12話 居住審査
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • リックたちはアーロンの先導でアレクサンドリアに着いた。アレクサンドリアでは居住のための審査があり、コミュニティのリーダー・ディアナが透明性を高めるという目的のため、録画しながらリックたちの話を聞いた。ディアナは彼らに仕事を与えるつもりだった。
  • リックたちは家を2棟与えられた。アレクサンドリアは発電も上下水道もすべて町が自立して管理していた高級住宅街だった。町の外にはディアナの夫で建築学の教授だったレジの主導で、近くの巨大モールから調達した資材で強固な壁が作られ安全だった。しかしリックたちはなかなか警戒を解かず、夜は一つのところに固まって寝ていた。
  • リックは久しぶりにシャワーを浴び髭を剃った。そこへ元スタイリストのジェシーという女性が日用品を届けにやってきて、リックの散髪をしながら息子2人と夫がいると話した。
  • カールはジェシーの息子ロンに案内され、同じ年頃の子供たちに会った。しかしその中のイーニッドという少女はカールを見ても無視し、その上こっそり壁を乗り越えて町の外に出て、後をつけてきたカールを撒いてどこかへ行ってしまった。
  • リックは町の外へ出て、小屋のそばに隠した銃を探したがなくなっていた。
  • グレン・タラ・ノアは調達係になり、練習だと言ってディアナの息子エイデンとニコラスとともに森へ行った。しかし彼らは仲間を襲ったウォーカーを見せしめにしようとし、そのウォーカーがタラを襲おうとしたために殺したグレンにエイデンは激怒した。グレンとエイデンはコミュニティに戻ってからもにらみ合い殴り合いになったが、ディアナが止めてリックたちはコミュニティの一員だと宣言した。
  • ディアナはリックとミショーンに警官の仕事を与えた。その夜リックは警官の制服を着て外にいたダリルとキャロルに、ここに腰を据え彼らがだめなら俺たちが主導権を取ると話した。
Sponsored Links

第13話 偽りの笑顔 (Forget)

第13話 偽りの笑顔
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • リックはアレクサンドリアに着く前に隠した銃がなくなっていたことで警戒心を強め、ダリル・キャロルと武器庫から銃を盗む相談をした。そこにウォーカーが現れ、キャロルが銃で倒したがその額にはWと刻まれていた。
  • ディアナはリックたちのために歓迎会を開いた。まるで以前のような光景に、戸惑うもの溶け込もうとするもの様々だった。キャロルは住民の中に溶け込み自分はまだ透明人間だからと歓迎会の途中で抜け出し、貯蔵庫からチョコレートと銃を盗み出した。しかしリックにクッキーを焼いてくれる人がいると聞いていたサムがキャロルの後をつけ、銃を盗んだところを目撃してしまう。キャロルは誰かに話すと怪物に引き裂かれるが、話さなければクッキーをたくさんあげると幼いサムを脅した。
  • ダリルは森の中で偶然会ったアーロンと狩りに行ったが、そこへアーロンが以前から捕まえようとしていた馬が現れた。しかしウォーカーが寄ってきて馬は逃げてしまう。2人は後を追ったが、馬はウォーカーに襲われてしまった。ダリルはパーティーに行くようアーロンに勧められ会場の前まで行ったが入れず戻ろうとした。しかしそこをアーロンに呼び止められ彼の家でエリックと3人で夕食を取った。アーロンは夕食後ダリルに集めたバイクの部品を君なら組み立てられると思ったと見せた。そして君は善人と悪人の区別が付けられる。一緒にスカウトに行ってほしいとダリルに頼んだ。ダリルは他にやることもない、ありがとうと了承した。
  • リックは警戒心のまるでないアレクサンドリアの警備を増やすように進言した。サシャは監視台に立ちたいと言ったが、ディアナはボブとタイリースを失って不安定な彼女を見抜いていて許可しなかった。
  • キャロルは盗んだ銃をリックとダリルに渡そうとした。しかしダリルは必要ないと受け取らず、リックは迷って受け取った。

第14話 見捨てない (Spend)

第14話 見捨てない
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • グレン・タラ・ノア・ユージーン・エイデン・ニコラスは停電を直すためにバッテリーの調達へ行った。バッテリーは見つかったが、エイデンが撃ったウォーカーが手りゅう弾を身に着けていて爆発してしまう。タラは頭を打って気を失い、エイデンは鉄骨に突き刺さった。ユージーンはタラは自分が助けるとエイデンを助けに3人を行かせた。発光弾を店の奥に撃ってウォーカーを引き付け、その間にエイデンを助けようとしたが間に合わずウォーカーが押し寄せてきてしまう。ニコラスは1人で逃げ出し、エイデンは助けられなかった。
  • 逃げようとした彼らは、回転ドアに閉じ込められ中からも外からもウォーカーの大群が来て出られなくなる。しかしそこへユージーンが車で音楽を鳴らしながらやってきて外のウォーカーを引き付けた。グレンはニコラスとノアに戸を抑えさせ、ガラスを割って出ようとしたがパニックになったニコラスは1人で外に出てしまう。そのために開いた隙間からノアが中のウォーカーに引きずられ襲われた。ニコラスはユージーンを脅しグレンを見捨てて帰ろうとしていたが、グレンは戻ってきて彼を殴りつけた。
  • エイブラハムは巨大モールの建設現場から資材を運ぶ仕事についた。そこで他のものが見捨てようとした、ウォーカーに襲われそうになったフランシーンを助けた。その後エイブラハムが仕切って日没まで作業を進めた。責任者だったトビンは、戻ってディアナに彼の方が責任者に適任だと推薦した。
  • キャロルはサムとの会話から虐待されているのではと疑ってアンダーソン家を訪ねた。そこでピートと話して疑惑が確信に変わる。キャロルはリックにピートを殺せと言った。
  • ゲイブリエルはディアナにリックたちは善人ではない。悪魔は光の天使を名乗ると忠告した。ディアナは考えてみると答え、その話を隠れてマギーが聞いていた。

第15話 探り合い (Try)

第15話 探り合い
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • エイデンが亡くなったことでディアナはリックたちに対して疑念を抱くようになる。ニコラスはエイデンとノアが亡くなった原因をグレンに濡れ衣を着せ、追い出すべきだとディアナに話していた。翌日グレンはニコラスにもう壁の外に出るなと警告したが、ニコラスは外に埋めた銃を掘り出していた。
  • カールはまた外に出たイーニッドの後をつけた。イーニッドは気が付いていて、2人は森の中を追いかけあった。ウォーカーの群れが来て2人は木の割れ目に入り込んだが、カールはイーニッドに触れようとして触れられなかった。
  • サシャは1人で銃を持って外に出ていた。気が付いたロジータがミショーンと追った。サシャはウォーカーに感情をぶつけるように殺していて、ミショーンはその姿が以前の自分と重なった。サシャは弾がなくなりウォーカーに襲われそうになったがミショーンが助けた。サシャはミショーンに感情をぶつけながら、以前ノアに「あんたは死ぬ」と言ったことを後悔しているようだった。
  • アーロンとダリルは森で木に磔にされ額にWと刻まれた女の遺体を発見していた。
  • リックはディアナにピートとジェシーのことを話したが、ピートのDVは以前からでディアナは知っていた。リックは追い出せなければ殺すと言ったが、ディアナはあなたを殺さないことは決めている。でも追い出すかもと言った。
  • リックはジェシーを助けようと彼女のところに話しに行く。ジェシーはリックが自分のことを思っていると知ってピートに立ち向かう決意をした。そこへピートが現れジェシーが出て行ってくれと言い、ピートは彼女に声を荒げ、止めようとしたリックと壮絶な殴り合いになった。リックは止めようとしたディアナたちに隠し持っていた銃を向けてしまう。リックはディアナに「あんたはここを崩壊させる。戦わなければ死ぬ。」と感情的に喚き、ミショーンが殴って止めた。
Sponsored Links

第16話 古き友よ (Conquer)

第16話 古き友よ
引用:The Walking Dead Season5 | AMC

  • リックはミショーンに殴られて気絶し、ベッドに寝かされて閉じ込められていた。リックはその部屋でミショーン・キャロル・グレン・エイブラハムと話し、今夜開かれる会合で事態が悪化したらディアナ達をナイフで脅そうと話した。キャロルは後で1人でリックのところへ行き、密かに自分が隠し持っていた銃を渡した。
  • リックは後でミショーンと話し、ダリル・キャロルと共謀して銃を盗んだことを告白し銃を渡そうとした。しかしミショーンは受け取らず、殴ったのは彼らのためじゃなくあなたのためだと言った。
  • ダリルとアーロンはポンチョを着た男を追っていたが見失って缶詰工場に行きつく。アーロンは人を受け入れるには食料もいると、物資を探そうとフェンスの中へ入った。しかしそれは罠で、ダリルがトレーラーのシャッターを開けると他のところからも一斉に大量のウォーカーが出てきて襲ってきた。2人は一旦車の中に逃れ外に出て戦おうとしていたが、そこにアトランタでリックを助けたモーガンが現れ2人を助けた。モーガンは教会で見つけた地図を見てリックを追っていたのだった。
  • グレンはニコラスが壁を乗り越えて外に出るのを見かけて後を追った。しかし森でニコラスに襲われ殺されそうになる。2人は逃げたり争ったりを繰り返し、最後はグレンがニコラスに銃を向けたが結局殺せなかった。
  • ゲイブリエルは1人で武器も持たずに外に出て、ウォーカーに自分を襲わせようとしたが死にきれなかった。その後教会に戻るとサシャがゲイブリエルに助けを求めたが、わざと傷つけるようにボブやタイリースは君の罪のせいで死んだなどと暴言を吐いた。サシャはカッとなって彼に銃を向けていたが、マギーがそこにやってきてサシャを止めた。ゲイブリエルは信者が自分のせいで死んだと後悔して泣いていた。
  • ディアナはリックを追放するかどうか決めるために会合を開いた。仲間たちは皆リックを擁護した。そのころリックはゲイブリエルがちゃんと入り口を閉めなかったために入り込んだウォーカーと戦っていた。リックは殺したウォーカーを一体集会に抱えて行き「生き延びるために君たちが変わるんだ」と話した。そこへピートがミショーンの刀を持って入ってきて、なだめようとしたレジの首を刀で掻き切ってしまう。エイブラハムがピートを取り押さえたが、ディアナは瀕死のレジを抱きしめながらリックに「やって!」と言った。リックはピートを射殺した。そこへダリルとアーロンに連れられたモーガンがやってきて、信じられないものを見たように「リック?」と声をかけた。

ウォーキング・デッド シーズン5 を視聴できるサービス

FOX PLAY

FOXのオンデマンド・サービス J:COM契約者向けです。ひかりTVのオンデマンド・サービスにもあります。スカパー!のオンデマンドでも検索しましたが、こちらは提供されていないようです。

hulu

国内最大級の動画配信サイトです。月額933円(税抜)の定額制で、サイトにある動画は全て見放題です。リアルタイムのFOXチャンネルの配信を行っていて、シーズン7も10月24日から放送になります。(こちらは時間が決まっていて、FOX準拠です。)

dTV

docomoの動画配信サービスです。月額500円(税抜)のサービスですがhulu同様FOXリアルタイム・チャンネルがあり、最新シリーズのウォーキング・デッド7の放送を最安で見られます。見放題の海外ドラマ数は少ないのですが、とにかくウォーキング・デッドが見られれば!という人にはおススメです。

Amazonプライム・ビデオ

元々Amazonの配送サービスを拡張するためのものだったのですが、最近は音楽聞き放題、動画見放題サービスも付加されていて、年額3900円(税込み)でかなりお得感があります。見放題の海外ドラマ数は少なめですが、他の動画配信サービスで扱っていないような最新のドラマも扱っていて、掛け持ちで契約されている方も多数いるようです。

Netflix

日本では去年始まったばかりの動画配信サービスですが、あっという間に会員数を伸ばし今では国内1~2を争う会員数があるようです。オリジナルドラマのクオリティに定評があります。

Sponsored Links

感想

10月上旬からまとめ始めたウォーキング・デッドの過去シリーズですが、やーーーーーーっとシーズン5まで終わり、これで全話ネタバレを書き終えました。簡易版のネタバレですが、前の話を思い出すのにはちょうど良いかなと思っています。

現シーズンのシーズン7は明日5話が放送されます。10月にこのまとめを始めたころは「やっぱりウォーキング・デッド面白いわ~」とノリノリで始めたものの、シーズン7が始まってからは救われない話が続き、過去シーズンのまとめまで気が重くなってしまっていました。亡くなった主要キャラクターの登場場面ではため息が出ることも…

しかし終わってみれば達成感ありますね。

シーズン3までは1シーズンで一つの物語としてまとまっている感じでしたが、シーズン4からは悪役がシーズンをまたがって登場するようになり、シーズン5の終わりごろからはずっとアレクサンドリアがホームになっています。

そのアレクサンドリアで様々なアクシデントに見舞われるのですが、刑務所から逃げ出した後のリックが段々仲間以外の人間の命を軽視するようになっていて、見直してみてもまぁ酷いですね。すぐ銃を向けて殺そうとするので、仲間が慌てて止めるという…

シーズン5の最後にはシーズン1の1話でリックを助けたモーガンが再登場しますが、今後のリックとの関係性がどうなるのか、それは今現在放送中のシーズンでもまだ続いています。

次はスカッとするヒーローものを見ようかなw


PAGE TOP