ウォーキング・デッド 総復習 シーズン1~6 あらすじ 登場人物 まとめのまとめ

Sponsored Links

ウォーキング・デッド シーズン7
The Walking Dead Season7 – AMC

まとめのまとめ シーズン1~6

シーズン6までのあらすじ

死者が甦り、その死者が生きているものを食べるという謎の感染病が蔓延し、文明社会が崩壊する。人間は感染者に噛まれたり引っかかれたすると死んで甦り、他の原因で死んでも甦って生者を襲った。甦った死者はウォーカーなどと呼ばれた。

保安官だったリック・グライムズは、追跡中の犯人に撃たれて意識不明の重体に陥り病院にいたが、意識を取り戻したときには世界が変わっていた。リックは色々な人に助けられ妻子との再会を果たす。

敵はウォーカーだけではなかった。文明社会が崩壊したおかげで生産性はないに等しい状態になり、残った物資を生存者が奪い合うようになった。

行動力と判断力に長けたリックは、仲間となった生存者たちにリーダーとして頼られ、ウォーカーや敵と戦いつつ時には仲間や妻を失いながらも生き延びた。

そして、高い壁に囲まれたアレクサンドリアにたどり着く。リックはアレクサンドリアでウォーカーに噛まれ亡くなったディアナ・モンローの代わりにリーダーになり、町を守り取り仕切った。

そんな中、リックたちはヒルトップというコミュニティから物資を分けてもらうという条件で、物資を強奪していくニーガン率いる救世主を全滅させることになる。
リックたちは夜中に奇襲をかけ全滅に成功したと思われていた。しかし、それは救世主のほんの一部で、リックたちは救世主に捕らわれとても太刀打ちできない人数に囲まれひざまずかされた。そして、仲間をニーガンに殺されてしまう。

Sponsored Links

シーズン1

関連記事シーズン1のまとめ

主な登場人物

リック・グライムズ(アンドリュー・リンカーン)、シェーン・ウォルシュ(ジョン・バーンサル)、ローリ・グライムズ(サラ・ウェイン・キャリーズ)、カール・グライムズ(チャンドラー・リッグス)、モーガン・ジョーンズ(レニー・ジェームス)、グレン・リー(スティーブン・ユアン)、アンドレア・ハリソン(ローリー・ホールデン)、セオドア・ダグラス/T-ドッグ(アイアン・シングルトン)、メルル・ディクソン(マイケル・ルーカー)、ダリル・ディクソン(ノーマン・リーダス)、デール・ホーヴァス(ジェフリー・デマン)、キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)、ソフィア・ペルティエ(マディソン・リンツ)

シーズン1で死亡する主な登場人物

エド・ペルティエ(アダム・ミナロビック)、エイミー・ハリソン(エマ・ベル)、ジム(アンドリュー・ローゼンバーグ)、ジャッキー(ジェリル・プレスコット)、エドウィン・ジェンナー博士(ノア・エメリッヒ)

あらすじ

ウォーキング・デッド シーズン1
The Walking Dead Season1 – AMC

保安官のリック・グライムズは追跡中の犯人に撃たれ、意識不明の重体になった。次に彼が意識を取り戻したとき、死者が歩き生者を食べる感染病が蔓延し文明は崩壊していた。歩く死者はウォーカーなどと呼ばれた。

リックはモーガン親子に助けられ、大規模避難所があるというアトランタを目指した。しかしアトランタもウォーカーでいっぱいだった。リックはウォーカーに囲まれ危険なところをグレンという若者に助けられ、彼のグループのキャンプで妻子と親友シェーンに再会する。

しかし郊外に張ったキャンプも安全ではなかった。彼らのキャンプはウォーカーの群れに襲われ、犠牲者が数名出てしまう。リックたちは対抗できる手段があるかもしれないとCDC(疾病対策センター)を目指して移動した。

CDCに着くとジェンナー博士が迎え入れてくれたが、職員は彼しかおらず感染病に対抗する手段はないと分かった。しかしCDCは電気・シャワー・食事があり、皆は安全な場所で久しぶりにリラックスした。

だがそれも1日だった。CDCは電力が切れると除染のため爆発することが分かる。予備電源の燃料は切れ、爆発までもうわずかだった。ジェンナーはここで死ねば苦しまずに死ねると言ったが、リックたちは爆発までのカウントダウンの中何とかCDCを脱出する。ジェンナーと仲間の1人ジャッキーは死を選んだが、リックたちはCDCを去った。

シーズン2

関連記事:シーズン2のまとめ

シーズン2からの主な登場人物

ハーシェル・グリーン(スコット・ウィルソン)、マギー・グリーン(ローレン・コーハン)、べス・グリーン(エミリー・キニー)

シーズン2で死亡する主な登場人物

ソフィア・ペルティエ (マディソン・リンツ)、オーティス(プルイット・テイラー・ヴィンス)、シェーン・ウォルシュ (ジョン・バーンサル)

あらすじ

ウォーキング・デッド シーズン2
The Walking Dead Season2 – AMC

リックたちのグループはフォートベニング基地を目指しハイウェイを移動していた。しかしハイウェイの途中で留まっている時、ウォーカーに追われてキャロルの娘ソフィア森の中に逃げて込んだ。リックはソフィアを追ってウォーカーを退治したが、ソフィアは行方不明になった。

その日からグループは森の中をソフィアの捜索に出た。そんな中カールが鹿狩りの銃弾に当たって重傷を負う。カールは鹿狩りをしていたオーティスの案内で、グリーン牧場のハーシェルのところで手当てを受けた。カールは手術を受けることになり、オーティスとシェーンが必要な物資を取りに行った。物資は手に入れたが、ウォーカーの大群に追われたシェーンは、自分が助かるためにオーティスの足を撃ってウォーカーの餌食にして逃げ帰った。カールは助かったが、その日からシェーンは徐々に狂気を増していった。

ハーシェルはウォーカーは病気でいつか治ると信じていて、納屋に捕まえたウォーカーを入れていた。リックの仲間はグリーン牧場の敷地にキャンプを張っていたが、シェーンはそのことを知ると武器を持って納屋に行き、扉を開けてウォーカーを外に出し銃殺した。仲間も一斉にウォーカーを撃った。

最後に遅れて出てきたウォーカーが一体いた。それはソフィアだった。キャロルは泣き叫び、駆け寄ろうとしたのをダリルが止めた。ソフィアはリックが撃ち殺した。

ローリは妊娠していた。そのことを知ったシェーンは自分の子ではないかと思った。ローリは最初否定したが、後でどちらの子か分からないとシェーンに話した。シェーンはローリとカールには自分のほうがふさわしいと思い込んでいて、ローリの話を聞いてリックを殺そうと計画した。

シェーンはリックたちが街でギャングに襲われた時連れ帰ったランダルを殺し、彼が逃げたと言ってリックを連れ出した。シェーンは目的の場所につくとリックに銃を向けた。しかしリックは銃を収めて丸腰になって近づき、油断させておいてナイフでシェーンを殺した。

死んだシェーンはウォーカーになって甦り、偶然そこへやってきたカールに射殺された。リックはCDCでジェンナーに「皆感染している」と聞いていて、このことで噛まれなくても死ねばウォーカーになると確信した。

グリーン牧場は銃声に釣られてやってきたウォーカーの大群に占拠されてしまう。牧場はパニック状態になり、皆は散り散りになって逃げ犠牲者も出た。

アンドレアは倒れたのを死んだと思われて皆に置いていかれてしまう。アンドレアは1人で森の中を逃げていたところを、日本刀を持ってウォーカーを2体つれた人間に助けられた。

アンドレア以外はハイウェイで合流した。移動の途中キャンプを張ったが、リックは口々に不満や不安を言い合う仲間に「殺されそうになってシェーンを殺した。今まで皆を守ってきた。守ってほしいなら2度と俺に逆らうな。」と恫喝した。

Sponsored Links

シーズン3

関連記事:シーズン3のまとめ

シーズン3からの主な登場人物

ミショーン(ダナイ・グリラ)、総督(ガバナー)/フィリップ・ブレーク(デビッド・モリシー)、シーザー・マルティネス(ホセ・パブロ・カンティージョ)、タイリース・ウィリアムズ(チャド・コールマン)、サシャ・ウィリアムズ(ソネクア・マーティン=グリーン)

シーズン3で死亡する主な登場人物

ローリ・グライムズ(サラ・ウェイン・キャリーズ)、セオドア・ダグラス/T-ドッグ(アイアン・シングルトン)、オスカー(ヴィンセント・M・ワード)、アクセル(リュー・テンプル)、メルル・ディクソン(マイケル・ルーカー)、ミルトン・マメット(ダラス・ロバーツ)、アンドレア・ハリソン(ローリー・ホールデン)

あらすじ

ウォーキング・デッド シーズン3
The Walking Dead Season3 – AMC

リックたちは牧場を出て以来移動を続けていたが、森の中で狩りをしていたリックとダリルが刑務所を見つけ、そこへ留まることに決めた。刑務所は中も外もウォーカーでいっぱいだったが、外でサバイバル生活を続けていた彼らは難なく対処した。しかし刑務所の中でウォーカーに気が付かずハーシェルが足を噛まれてしまう。ハーシェルはリックが噛まれた足を斧で切り落とし、命を取り留めた。

刑務所の食堂には10か月間閉じ込められたままだった囚人が生存していた。しかしその囚人の一部と争いになって1人殺し、1人は逃げた。逃げた囚人は逆恨みをして、刑務所のフェンスを開けて警報を鳴らしウォーカーを中に引き入れてパニックを起こした。その囚人は殺したが、その騒ぎでTドッグがウォーカーに襲われて死に、配管室に逃げ込んだローリは産気づいて出産で死亡した。赤ん坊は無事で、後でカールがジュディスと名付けた。リックはローリが死んだショックで彼女の幻を見るようになった。

アンドレアは森で助けられたミショーンと行動を共にしていた。2人は偶然墜落するヘリコプターを発見して現場に近づいたときに、ウッドベリーという町から来たメルルたちにつかまってしまう。しかし町に運ばれた彼女たちは歓迎され、熱のあったアンドレアは手厚い看護を受け回復した。一方でウッドベリーを仕切っている総督は、墜落したヘリコプターの生存者から仲間の居場所を聞き出し、皆殺しして物資を奪っていた。

アンドレアは総督に惹かれていたが、ミショーンは彼を信用していなかった。アンドレアは町に残り、ミショーンは出て行った。しかし町を出たミショーンはメルルたちに追われ殺されそうになる。ミショーンは逃げたが、偶然赤ん坊のために調達に来ていたグレンとマギーがメルルにつかまり、ウッドベリーに連行されてしまう。

ミショーンはグレンたちが置いていった物資を、2人の会話で知った刑務所へ運んだ。リックはミショーンを警戒したが、グレンたちが連行されたことを知ると彼女を連れてウッドベリーへ向かった。そこでグレンとマギーを助けたが、銃撃戦になりオスカーが撃たれて死んでしまう。その上ダリルが捕らえられ、総督はメルルが裏切ったと濡れ衣を着せ、住民の前で2人に殺し合いをさせようとした。しかしリックたちが奇襲をかけ、2人を救出して逃げた。

その間ミショーンは総督を殺そうと彼の部屋に入り込んで、ウォーカー化した彼の娘を見つけて総督の前で殺していた。総督はミショーンを殺そうとし、ミショーンは割れた水槽の破片で総督の目を突き刺して逃げた。

総督は刑務所に奇襲をかけ宣戦布告をしたが、リックにミショーンを引き渡せば後は干渉しないと約束した。リックは信用していたわけではなかったが、ミショーンを引き渡すことに決める。しかし総督はミショーンを受け取った後は皆殺しにするつもりだった。そのことを知ったアンドレアは刑務所に警告に行こうとして総督につかまってしまう。

ミショーンを引き渡すことを知ったメルルは、1人でミショーンを連れ取引の場所に向かった。しかし途中で考え直し彼女を解放した。メルルは1人でウッドベリー軍に奇襲をかけ、総督に撃ち殺された。ダリルは引き渡しをやめたことをメルルに伝えるために後を追って、ウォーカーになった彼と対面して泣きながら頭を刺した。

総督はウッドベリーの住民で軍を作り、刑務所へ乗り込んできた。彼らは刑務所の一部を破壊し、激しい銃撃をしながら中に侵入したが刑務所はもぬけの殻だった。しかし彼らが奥まで進んだとき、隠れて待ち構えていたリックたちが攻撃をかけウッドベリー軍はパニックになって退却してしまう。総督は逃げようとする仲間を全員射殺した。

リックたちが総督を殺さないと安心できないと後を追っているときに、皆殺しの跡に遭遇する。その中に一人生き残りがいて、彼女の手引きでウッドベリーに入りアンドレアを助けようとした。しかし、アンドレアは総督に刺されたミルトンがウォーカーになって嚙みついた後だった。アンドレアは自ら頭を撃って命を絶った。

リックたちはその後ウッドベリーに残っていた住民を刑務所へ連れて帰った。カールに誰かと聞かれたリックは新しい仲間だと答えた。リックはローリの幻をもう見なくなっていた。

シーズン4

関連記事:シーズン4のまとめ

シーズン4からの主な登場人物

ボブ・ストーキー(ラリー・ギリアード・Jr)、タラ・チャンブラー(アラナ・マスターソン)、エイブラハム・フォード(マイケル・カッドリッツ)、ユージン・ポーター(ジョシュ・マクダーミット)、ロジータ・エスピノサ(クリスチャン・セラトス)、ギャレス(アンドリュー・J・ウェスト)

シーズン4で死亡する主な登場人物

ハーシェル・グリーン(スコット・ウィルソン)、シーザー・マルティネス(ホセ・パブロ・カンティージョ)、総督(ガバナー)/フィリップ・ブレーク(デビッド・モリシー)、リジー・サミュエルズ(ブライトン・シャルビノ)、ミカ・サミュエルズ (カイラ・ケネディ)

あらすじ

ウォーキング・デッド シーズン4
FOX | FOXネットワークス

刑務所では新しい住民を受け入れるようになり、コミュニティとしての機能を確立させていた。リックはリーダーをやめ銃を持たなくなり、畑や豚の飼育に精を出していた。しかしそんな中刑務所で謎の感染症が流行してしまう。最初に感染者が出たD棟では急死した少年がウォーカーになって住民を襲い、犠牲者が数名出てパニックになった。その中にはリジーとミカという少女たちの父親もいた。

発症が確認されたカレンとデイビッドは隔離されたが、その2人を焼き殺した人間がいた。恋人のカレンを殺されたタイリースは怒り、リックに犯人を捕まえろと迫った。リックは現場を調べて回ったが、犯人は感染を広げまいとしたキャロルだった。リックはキャロルを調達に連れて出て、そのまま追放した。

リックは刑務所に戻ってタイリースに話すつもりだったが、そこへ総督がミショーンとハーシェルを人質に取って、刑務所を明け渡せと攻撃をかけてきた。リックは子供も病人もいて外に行くことはできない、共に生きて行こうと総督とその仲間に呼びかけたが、総督はハーシェルの首を刀で斬った。刑務所は激しい銃撃戦になり、戦車でフェンスを壊されてウォーカーに浸食され、刑務所にいた人々は散り散りに逃げた。襲ってきた総督たちはハーシェルの首を刎ねたことにショックを受け戦列を離れたタラ以外全員死んだ。

ミショーンは刑務所で1人残っていたが、足跡を追ってリックとカールに再会した。リックは戦いの最中に足を撃たれて万全ではなく、カールとミショーンが調達に出かけた。その間リックは民家で休んでいてならず者たちが入ってきてしまう。リックは逃げるために男を一人殺し、ミショーンとカールを連れて逃げた。3人は線路に出たが、そこで終着駅の看板を見つけて行ってみようと決めた。

タイリースはジュディスとリジーとミカを連れて森の中を逃げていた。そこで刑務所の異変に気が付いて戻ってきたキャロルが追ってきて再会する。5人も終着駅を目指していたが、途中森の中に家を見つけてそこに住もうという気持ちになっていた。しかしウォーカーを人間と変わらないと考えているリジーが、ミカをウォーカーに変えようと殺してしまう。キャロルはリジーを殺し、その後タイリースにカレンを殺したことを告白した。タイリースは君のやったことは忘れないが、君を許すと言った。2人はジュディスを連れてまた終着駅を目指した。

ダリルとベスは森の中を走って逃げた。総督を殺すチャンスがあったのに撃たなかったダリルは責任を感じていて心を開かなかった。しかしベスが酒を飲んだことがないから飲みたいといって連れて行った先で、酔っぱらって荒れベスに怒鳴られ自分のせいで総督をみすみす見逃したと本音を話した。2人はそれ以来親密になり、偶然見つけた葬儀場で過ごしていたが、突然ウォーカーの大群に襲われ逃げ出したところをベスが連れ去られてしまう。ダリルはベスを追ったがどこに行ったか分からなくなり座り込んだところでならず者たちと出会う。

ダリルはそのならず者と一緒に行動していたが、リックたちと遭遇するとならず者のリーダー ジョーは仲間を殺したとリックたちに襲い掛かった。しかしカールがレイプされそうになり、怒ったリックがジョーの喉元を噛み切りレイプ魔をめった刺ししてならず者を全滅させた。4人はその後終着駅を目指した。

マギー・サシャ・ボブは森の中を逃げていた。サシャは刑務所を追われたことで気力を失い、町があればそこに留まりたいと思っていた。しかしグレンとの再会を信じているマギーは終着駅の看板を見つけてそこを目指した。サシャはマギーに必要とされて気持ちが変わり、3人で終着駅を目指すことになった。

グレンは感染症のために刑務所で気を失っていたが、タラと出会って一緒にマギーを探しに行った。タラは贖罪の気持ちでグレンについて行っていた。その途中2人はエイブラハムたちと出会う。彼らはユージーン・ポーター博士をこの惨状の対策のためにワシントンD.C.へ連れて行くのが任務だった。グレンと彼らはマギーが終着駅の看板に書いたメッセージを追って再会し、一緒に終着駅へ向かった。

リックたちは終着駅に近づき、周りから様子を見ようと森に武器を隠してフェンスから入った。最初は友好的に彼らに従っていた。しかしリックは男がグレンの時計を持っているのを見て、俺の仲間をどうしたと銃を突きつけた。リックたちと終着駅のメンバーは銃撃戦になったが、多勢に無勢でとらえられてトレーラーに入れられた。そこにはグレンやマギーも先に捕らえられていた。

シーズン5

関連記事:シーズン5まとめ

シーズン5からの主な登場人物

ガブリエル・ストークス神父(セス・ギリアム )、アーロン(ロス・マーカンド)、ディアナ・モンロー(トバ・フェルドシュ)、ジェシー・アンダーソン(アレクサンドラ・ブレッケンリッジ)、サム・アンダーソン(メジャー・ドッドソン)、ロン・アンダーソン(オースティン・アブラムス)、イーニッド(ケイトリン・ナコン)、スペンサー・モンロー(オースティン・ニコルズ)

シーズン5で死亡する主な登場人物

ギャレス(アンドリュー・J・ウェスト)、ボブ・ストーキー(ラリー・ギリアード・Jr)、ベス・グリーン(エミリー・キニー)、ドーン・ラーナー(クリスティン・ウッズ)、タイリース・ウィルアムズ(チャド・コールマン)、ノア(タイラー・ジェームス・ウィリアムズ)

あらすじ

終着駅では捕らえた人間を食肉加工して食べていた。リックたちは屠殺場へ連れていかれ危うく殺されそうになったが、そこへリックたちが捕らえられたことを知ったキャロルが奇襲をかけて燃料タンクを爆発させ、終着駅は入り込んだウォーカーでパニックになった。リックは混乱に乗じて武器を奪って戦いながら仲間たちと逃げ、キャロル・タイリース・ジュディスと再会した。

リックたちが終着駅から遠く離れようとしている時に、森でウォーカーに襲われているゲイブリエルという神父を助け彼の教会へ行った。リック達はゲイブリエルに案内させ、手つかずの食料があるフードバンクへ調達に行ったが、そこでボブがウォーカーに噛まれてしまう。ボブは噛まれたことを皆に黙っていて1人教会の外に出ていたが、後をつけていた終着駅のメンバーにさらわれて足を切って食べられた。ボブは気が付いてから感染した肉を食べたと笑いが止まらなかったが、そのボブをギャレスが蹴った。ボブはその後教会に戻された。リックたちはギャレスの裏をかき、反撃に出るふりをしてその間に襲ってきたギャレスたちを皆殺しにした。その後ボブが最期を迎えるまで教会に残った。

そのころベスは怪我をしてアトランタの病院で治療を受けていた。その病院を仕切っていたのは文明の崩壊の時避難の誘導をしていた警官隊のリーダーでドーンという女だったが、彼女は自分の威厳を保つことを優先させて病院にいた者たちをいいように使っていた。ベスは前から病院にいたノアと逃げる計画を立てて実行に移し、ノアは逃げきったがベスは捕まって連れ戻されてしまった。

リックはエイブラハムたちとワシントンD.C.へ行くことを決めた。エイブラハムはグレンとマギーを加え一足先にバスで出発した。しかし何度も途中でトラブルに見舞われ、戻ろうと言う皆の意見を聞かずエイブラハムは何としても前進しようとした。冷静でないエイブラハムを恐れたユージーンは、ワシントンD.Cに行けば生き延びられると思って科学者だと嘘をついたと告白した。エイブラハムは愕然としてユージーンが気を失うほど殴った。

ボブが噛まれた夜、教会にいたキャロルは皆に黙って出て行こうとしていた。気が付いたダリルが後を追ったが、その時ベスを連れ去ったと思われる十字のマークの付いた車が通り過ぎていった。2人は気が付かれないようにライトを消した車で後を追ってアトランタに着いた。翌日2人はベスが病院にいるのではないかという手がかりを得た。しかし途中でベスを助けに病院に戻ろうとしていたノアに武器を奪われてしまう。その後またノアと出くわした2人は、彼が病院から逃げてきてベスはまだ捕らわれていることを知った。しかし警官たちに捕まるのを避けようとしてキャロルが警官の車にはねられてしまう。助けに行こうとするダリルを彼らに治療させろとノアが制止し、2人は加勢を呼ぶために病院の車を盗んで教会へ向かった。

ダリルとノアはリック・サシャ・タイリースと病院へ戻り、警官を人質にとってベスとキャロルと交換する作戦を立て実行した。人質交換はなんとかうまくいったが、ドーンがノアを返すよう要求し怒ったベスが彼女を医療用鋏で刺してしまう。ドーンは思わずベスの頭を撃ちぬき、そのドーンをリックが射殺した。病院には教会に戻ったエイブラハムたちも含め全員がベスを迎えに向かっていた。マギーはベスに会えると笑顔だったが、ダリルが抱えてきたベスの遺体を見て泣き崩れた。

リックたちはベスが行くつもりだったノアの故郷へ向かった。しかしノアの自宅でタイリースがウォーカーに噛まれてしまう。彼は死んだ仲間や敵の幻を見ながら死んでしまった。それから3週間、リックたちはワシントンD.C.へ移動し続けた。車は燃料がなくなり徒歩で移動したが、水も食料も底をつき過酷を極めた。そんな中久しぶりに雨が降って皆喜んだが、巨大な積乱雲が近づいてきたのを見てダリルが見つけた小屋へ移動した。夜は嵐とウォーカーが押し寄せてきたが何とかやり過ごし、翌朝失意の中にいるマギーとサシャは朝日を見て励ましあっていた。そこへ男がやってくる。

男の名はアーロンと言った。アーロンはあるコミュニティで外にいる人間をスカウトする仕事をしていると話した。リックはなかなか信用しなかったが、仲間に説得され”アレクサンドリア”というコミュニティに向かうことになる。リックたちはアーロンとその仲間のエリックが乗ってきたバスに乗って目的にしていたワシントンD.C.を過ぎアレクサンドリアにたどり着いた。

アレクサンドリアは強固な壁で囲まれていて安全で、そのうえ上下水道や電気まで自前で賄える元高級住宅街だった。リックたちは家を2棟与えられ、リーダーのディアナの面接を得てそれぞれ仕事を与えられた。そんな中調達係になったグレンとタラとノアは、元々調達係だったニコラスとディアナの息子エイデンとともにユージーンを連れて停電を修理するためのバッテリーを調達しに行くことになった。しかしウォーカーの大群にパニックになったニコラスの裏切りで、エイデンとノアが犠牲になってしまう。グレンはもう外に出るなとニコラスを殴ったが、アレクサンドリアに戻って逆恨みをしたニコラスに殺されそうになる。グレンは反撃したが、彼を殺さなかった。

リックとミショーンは警官になった。リックは惹かれていたジェシーが夫のピートにDVを受けていると知って、ピートを彼女から離そうと強硬な態度に出た。リックとピートは殺しあわんばかりに殴り合い、止められてカッとなったリックはディアナ達に武器庫から盗んだ銃を向けてしまう。エイデンを失い、神父にリックは善人ではないと警告されたディアナはリックを追放しようと話し合う会合を開いた。しかしその場へミショーンが手放していた刀を持ったピートが入ってきて、なだめようとしたディアナの夫レジを殺してしまう。ディアナはリックにピートを射殺させた。そこへアーロンとダリルに偶然出会ったモーガンがやってきて、驚いたように「リック?」と声をかけた。

Sponsored Links

シーズン6

関連記事:前半第1~8話ネタバレまとめ後半ネタバレ第9~16話まとめ前半登場人物登場人物リックのグループ編

シーズン6からの主な登場人物

ジーザス(トム・ペイン)、グレゴリー(ザンダー・バークレー)、ドワイト(オースティン・アメリオ)、ニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)

シーズン6で死亡する主な登場人物

ディアナ・モンロー(トバ・フェルドシュ)、ジェシー・アンダーソン(アレクサンドラ・ブレッケンリッジ)、サム・アンダーソン(メジャー・ドッドソン)、ロン・アンダーソン(オースティン・アブラムス)、デニース・クロイド(メリット・ウェバー)

あらすじ

ウォーキング・デッド シーズン6
FOX|FOXネットワークス 公式サイト

アレクサンドリアの住民とリックたちは、谷底にいたおびただしい数のウォーカーを町から離れたところへ誘導するための作戦を決行した。最初は順調だったが、突然アレクサンドリアから大音量のクラクションが鳴り続け、ウォーカーの半数がアレクサンドリアのほうへ向かってしまう。

作戦は結果的に失敗だった。リックたちが留守中、町は額にWと刻んだ集団に襲撃されて多くの住民が犠牲になっていた。クラクションもWが突っ込んだトラックから鳴ったものだった。Wたちはキャロルとモーガンが撃退したが、モーガンは殺さず逃がしてしまい、逃げたWたちがリックを襲っていた。リックはそのWたちを殺した。作戦から帰ろうとしたミショーンたちはウォーカーに囲まれた。ミショーンたちはなんとかアレクサンドリアに戻ったが、犠牲者を出してしまった。ウォーカーに追い詰められたニコラスは自殺し、グレンは遺体の下敷きになりウォーカーに襲われそうになった。しかしゴミ箱の下に逃れ助かった。グレンはその後、アレクサンドリアから逃げてきたイーニッドを説得して2人で町へ帰った。

谷にいたウォーカーの半数は町に押し寄せてきたが、壁は強固で内側は守られていた。一部の住民はグレンは死んだと思っていた。しかしマギーは町の外で風船が飛ぶのを見て、すぐにグレンのサインだと気が付いた。マギーは喜んだが、その時町の外にあった塔が崩れ落ち壁が崩壊してしまう。外にいたウォーカーの大群が町の中に入ってきてしまい、リックをかばったディアナが噛まれた。ディアナは死ぬ前にリックに息子と街の住人のことを頼んだ。

リックたちはジェシーの家に逃げ込んだが、ロンが起こした騒動のため家の中にウォーカーが入ってきてしまい、脱出せざるを得なくなった。脱出はリックの機転でうまくいったが、逃げ出した後にサムが恐怖から泣き出してしまい、ジェシーとサムは襲われて食べられた。逆恨みしたロンはリックに銃を向けた。ロンはミショーンが斬ったが、その瞬間弾が発射してしまいカールの目に当たってしまう。リックは急いでカールを医務室へ運び、カールはデニースの手術のおかげで一命をとりとめた。その間リックや戻ってきたダリルたちやグレンと住民たちによってウォーカーは一掃された。

アレクサンドリアは平穏を取り戻していた。リックとダリルは調達に出て、ジーザスという男に見つけた物資を奪われそうになる。ダリルがジーザスともみ合っているときに物資を積んだトラックは池に落ちてしまう。ジーザスは殴られて気を失い、リックとダリルは治療のために彼をアレクサンドリアに連れ帰った。

その夜リックとミショーンは良い雰囲気になり一夜を過ごした。しかし起きるとジーザスが部屋にいた。ジーザスは自分のいるヒルトップをニーガンが率いる救世主から守ってほしいと言った。リックたちはヒルトップに向かい、マギーがリーダーのグレゴリーと交渉して彼らの物資を半分もらう代わりに救世主を全滅させることになった。

モーガンは救世主の全滅に反対したが、作戦は決行された。リックたちはヒルトップのメンバーに聞いて作戦を立て、寝込みを襲って救世主を全滅させた。途中マギーとキャロルが拉致されたが、その救世主たちも2人が殺した。作戦が無事終わりリックたちは安堵したが、殺した救世主はほんの一部だった。

キャロルは救世主を襲撃した後、人を殺すのが嫌になり1人で町から去っていた。しかしアレクサンドリアに向かう救世主に出くわし、彼らのほとんどを殺した。キャロルはその生き残りに殺されそうになったが、探しに来たモーガンに助けられた。キャロルは重傷を負い、モーガンは偶然通りかかったアーマーを着た男たちに助けを求めた。

調達に出たダリルたちは物資を取って帰る途中、以前ダリルが森の中で助けたドワイトに、その時奪われたクロスボウでデニースを殺されてしまう。一度アレクサンドリアに戻ったが怒りの収まらないダリルはドワイトを殺すと出て行った。しかしダリルを止めようと後を追ったグレンとミショーンが捕まり、それを助けようとしたダリルとロジータも捕まった。

アレクサンドリアでは妊娠中のマギーが激しい腹痛を起こしてしまう。リックたちは救世主が襲ってきても対抗できるよう、戦えるメンバーでマギーを連れて産婦人科医のいるヒルトップに向かった。しかしどの道を通っても救世主に阻まれ、ついに森の中でとらえられてしまう。

救世主には太刀打ちできないほどの構成員がいて、先につかまっていたダリルたちとリックたちはその場にひざまずかされた。そして救世主のリーダー・ニーガンに有刺鉄線を巻いたバットで1人が撲殺されてしまう。


PAGE TOP