ストレイン シーズン2 全話 ネタバレ Amazonプライムで見放題

Sponsored Links
ギレルモ・デル・トロ監督作品の『シェイプ・オブ・ウォーター』がアカデミー賞で監督賞、作品賞を撮りました。モンスター映画がオスカーを取るという快挙です!

ストレイン シーズン2 ネタバレと感想をまとめてみました。
ファイナル・シーズンの記事を投稿しました。

ストレイン シーズン2 概要


出典:The Strain – FX 公式Twitter

『パシフィック・リム』ギレルモ・デル・トロ監督が放つSFサスペンス・アクション 超大作の続編

・全世界で話題騒然の大ヒットTVシリーズ待望のシーズン2が、早くも日本降臨
・シーズン1から全てがパワーアップ!ヴァンパイアvs人間の壮絶な死闘を描く
・オタク監督デル・トロ節はシーズン2も絶好調!TVの枠を超えた独創的な映像世界は圧巻!!

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント 『ストレイン シーズン2』公式サイト より引用)

Amazonなどでシーズン2に「沈黙のエクリプス」と副題を付けているところを見かけるのですが、「沈黙のエクリプス」が付くのはシーズン1のみです。これはギレルモ・デル・トロの原作が「沈黙のエクリプス」「暗黒のメルトダウン」「永遠の夜」と三部作になっていて、シーズン1のみ20世紀フォックスが副題を付けたためです。シーズン2は原作では「暗黒のメルトダウン」の部分となっていますが、副題はついていません。

ネタバレ

ざっくりとあらすじをご紹介

  • エフは対ストリゴイ生物兵器を量産しようとワシントンに行ったが、パーマーが差し向けた殺し屋に友人と製薬会社の営業を殺されて何もできずにニューヨークに帰ってくる。その後パーマーを暗殺しようとして失敗する。
  • セトラキアンはストリゴイについて記述された幻の書オクシド・ルーメンを手に入れようとするが、マスターがバックにいるパーマーも同じように手に入れようとしていた。オクシド・ルーメンはアイヒホルストとセトラキアンの競売になったが、パーマーの裏切りで長老から資金提供を受けたセトラキアンが落札する。
  • マスターを追っていた人間とストリゴイのハーフ・クインランがセトラキアンの元に現れる。クインランはオクシド・ルーメンを持って逃げようとしていたセトラキアンを追うが、セトラキアンに説得され長老を裏切ってセトラキアンと行動を共にすることになる。
  • マスターのしもべとなったケリーがザックを追ってノーラを感染させる。ザックとケリーは二人でマスターに呼ばれて行ってしまい、ノーラはエフの目の前で自ら命を絶った。

第1話 ブルックリン (BK, NY)

第1話 ブルックリン
出典:The Strain – FX 公式Twitter

≪1932年 ルーマニアの村≫
幼いセトラキアンはサルデューのおとぎ話がお気に入りで、祖母にお話してとよくせがんだ。それは、サルデューという体が巨大になる病にかかっていた心優しい男爵の話で、サルデューは兄に狩りに連れて行かれ森の中に潜んでいた老いたストリゴイが乗り移って、彼が村に戻ってきてからは夜な夜な村の子供たちが消えていったと言うものだった。

≪現在のニューヨーク≫
セトラキアンは1人でマスターを探している途中、黒フードのヴァーンというストリゴイに拉致されて長老たちの前に連れていかれる。そしてマスターを倒すための協力を求められる。

セトラキアンはエフやフェットたちと共に資料と武器を預けている貸倉庫に行くが、倉庫の中でストリゴイの大群に襲われる。ストリゴイは退治するが、倉庫に隠れていた夫婦が感染してしまう。
感染した夫婦をフェットが殺そうとするが、エフが止め研究材料にしようと連れ帰った。

その頃マスターはケリーの思考と声を戻し、アイヒホルストに命じてストリゴイにした盲学校の生徒たちと引き合わせていた。

第2話 対抗策 (By Any Means)

2-2
出典:The Strain – FX 公式Twitter

≪1965年 ウィーン≫
ウィーン大学で教鞭をとっていたセトラキアンの元を、若き日のパーマーは訪れていた。そして、アイヒホルストの元部下の質店店主に接触させてサルデューの剣を手に入れさせて気を引き、古代の学術書オクシド・ルーメンを探してほしいと依頼していた。
その夜サルデューの剣をセトラキアンに奪われた元将校の所にアイヒホルストが現れ、戦時中よりもっと強くて賢い総統に仕えられると血を吸ってしまう。

≪現在のニューヨーク≫
エフとノーラはCDCの研究所で感染した夫婦に実験をしていた。しかし治療して元に戻すのは不可能で、実験はストリゴイをウイルスに感染させ退治するためのものだった。
さまざまなウイルスを物色し、ストリゴイにダメージを与えそうなウイルスを見つけ出し実験すると、ウイルスは脳脊髄を食って増殖し実験は成功した。

セトラキアンはオクシド・ルーメンという学術書に関することを思い出そうと、倉庫から引き上げた資料を調べるがなかなか見つからなかった。
行き詰ったセトラキアンはフェットを伴って配給所を開いたパーマーの元へ行き、マスターを傷つけたとかオクシド・ルーメンをもうすぐ手に入れるなどと言って反応を見たが、パーマーはオクシド・ルーメンは手に入れていないようだった。

マスターに声と思考を戻されたケリーは、「夜の子供たち」と名付けられた元盲学校の特別な能力を持った子供たちに、ザックの服のにおいをかがせていた。

第3話 抵抗の砦 (Fort Defiance)

第3話 抵抗の砦
出典:The Strain – FX 公式Twitter

ストリゴイにだけダメージを与えるウイルスの実験は、感染を広げるには強力過ぎてあっという間にストリゴイが死んでしまった。ノーラが菌の威力を弱めるという。

セトラキアンはストリゴイから取ってきた虫から液を抽出し、目薬として体内に入れたが倒れてしまう。セトラキアンの様子を見に来たノーラが、慌てて人口呼吸と心臓マッサージを施し息を吹き返した。なぜ倒れていたのかノーラに問いただされ、94歳のセトラキアンは健康を保つために虫を目薬にしていたことを告白する。

ザックは1人でケリーと住んでいた自宅に戻ろうとバスに乗り込んでいるところを、探していたエフに見つけられ止められる。母が恋しいザックは、現実をなかなか受け入れられずエフに反抗的だった。

NY市議のフェラルドは、ステイン島から感染病が消えたと発表する。フェラルド市議は徹底的に戦う決意を示すため、退治したストリゴイをフェンスにぶら下げていた。非難の声も上がるが多くが称賛する。NY市長は市議にNY中で同じことをやれと指示し、フェラルド市議はやり方に口出ししないことを条件に請け合った。

ガスはヴァーンたち黒フード軍団とパーマーを暗殺するためビルへ入り込むが、異変を察した警備がパーマーを避難させる。パーマーは仕組んでいた紫外線ライトを、ヴァーンたちに照射してを殺してしまう。ガスはストリゴイたちを助けきれず一人で逃げた。

エフたちはノーラの働きが功を奏し、ついにストリゴイを菌に感染させる実験に成功していた。

第4話 銀の天使 (The Silver Angel)

第4話 銀の天使
出典:The Strain – FX 公式Twitter

≪1966年≫
パーマーの依頼でオクシド・ルーメンを探していたセトラキアンは在処を突き止め、パーマーと共にオーストリアのベルンドルフの修道院に向かった。しかし、修道院はストリゴイに襲われた後で、隠れていたラドヤードという少年にオクシド・ルーメンは神父が呪われた本だと焼却したと聞く。その時、地下から悲鳴が聞こえ、ラドヤードが走って向かい、セトラキアンがラドヤードを助けてストリゴイと戦った。
1人になったパーマーの元にアイヒホルストが現れ、永遠の命のことについて教えると言う。セトラキアンが戻ると、パーマーは人が変わったように急にNYへ帰ると言い出す。

≪現在のニューヨーク≫
ガスは食事をしようとレストランへ行くが、ならず者のガスを見て「銀の天使」という名のプロレスラーだった従業員が追い出そうとする。しかし、オーナーの娘アーニャに仲裁され、ガスは食事にありつける。
その後ガスは自宅へ戻ったが、ストリゴイになっていた母親に襲われる。マスターが母を通して長老側に付いたガスを脅したが、ガスは自分のために戦っていると言って家を出た。

エフとノーラはフェットの助けを借り、ウイルスに感染させたストリゴイを街へ離し感染を広げることに成功する。マスターはこれ以上広がらないよう感染したストリゴイたちを自殺させていた。調子づいたエフは、ワシントンにいるボブにウイルスを量産するための製薬会社を紹介してもらうと言う。
フェットは2人と別れた後、地下道のストリゴイたちの出入り口を爆破したが警備に見つかり逮捕されてしまう。

エフとザックは気晴らしにバッティングセンターへ行くが、ザックは母を思い出して落ち込んでしまう。その夜、ザックのにおいをかぎ取った夜の子供たちとケリーがバッティングセンターに現れ、ザックが近くにいることを感じ取る。

Sponsored Links

第5話 速やかな死 (Quick and Painless)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

ダッチとノーラは地下を爆発させて警察に捕まったフェットを迎えに行った。ノーラは掃討作戦の指揮を執っていたフェラルド市議にCDCの博士だと名乗り、協力の代わりにフェットの釈放を要求した。
釈放されたフェットとダッチは警官隊のストリゴイ掃討作戦に協力し、ノーラは感染者がいないか診察に協力していた。感染者の中には市議の甥もいて、死なせることができない市議の代わりにノーラが安楽死させた。

エフはダッチに紹介してもらったハッカーに偽の身分証を作らせ、スキンヘッドにして変装し1人でワシントンに向かうことになる。駅は厳重な警備体制だった。エフは偽IDでチェックをすり抜け列車に乗るが、CDCのバーンズ局長が同じ列車に乗っているのに気が付く。顔を合わせないようにしていたが、結局バーンズと鉢合わせになってしまい、言い合いになって追い詰められたエフはバーンズを列車から投げ落としてしまう。
ワシントンについたエフは、バーンズの秘書がバーンズを探しているのを尻目に偽IDでチェックを通って行った。

セトラキアンは盗品の売買をしているクリームにオクシド・ルーメンを探してほしいと依頼した。クリームは宗教関係のものに強い業者がいるのでそちらを当たると約束した。同じころパーマーもオクシド・ルーメンを探していた。

セトラキアンの元へパーマーの元秘書フィッツウィリアムが現れ協力を得られることになる。

ニュージャージ州の着陸禁止の区域になっているサマセット空港にプライベートジェットが着陸する。警備がチェックに向かうが、乗客はフェンスを破りどこかへ消えていた。人気のない道に高級車が迎えに来る。黒フードの背中に骨のようなものを担いだ、ストリゴイのような男が乗り込みどこかへ向かう。

第6話 決意 (Identity)

第6話 決意
出典:The Strain – FX 公式Twitter

フィッツウィリアムによるとパーマーは工場を購入し、軍の秘密収容所を作った時と同じ建築業者を3倍の賃金で雇ったということだった。

タンドリーパレスの娘アーニャに一目ぼれしたガスはレストランに入り浸っていた。父親に配達に行くよう命じられたアーニャにガスとエンジェルがついて行った。彼女はまじめな医学生で、エンジェルはならず者のガスを警戒して嫌味ばかり言い、エンジェルに憧れていたガスは辟易してしまう。配達を終え戻ろうとしていた時ストリゴイに襲われるが、ガスは隠し持っていた武器で即座に退治した。

ノーラはマットとストリゴイ掃討作戦の本部からフェラルド市議の指示で警官に家まで送ってもらっていたが、その途中ケリーと夜の子供たちに襲撃される。警官が殺され、ノーラとマットは近くの教会に逃げ込んで携帯でセトラキアンに助けを求めた。ノーラたちは身を潜めていたが見つかってしまう。そこへセトラキアンたちが駆けつけて戦った。ケリーは劣勢になり姿を消したが、フィッツウィリアムが犠牲になってしまった。

ワシントンD.C.に着いたエフは元国務省の友人ロブの所へ行き、生物兵器を大量に作りたいと協力を求める。ロブは州軍と製薬会社のケメロールに連絡をとり、ケメロールの営業リーは全力で推すことを約束する。エフとリーは飲んでいるうちによい雰囲気になり一夜を過ごした。
ケメロールの承認を受け、エフはリーと共にロブに報告に行くとロブは寝室で殺されていた。隠れていた殺し屋にリーも殺され、エフも撃たれるが隠し持っていた銃で反撃し返り討ちにした。殺し屋の持っていた携帯にはストーンハートとの通話履歴が残っていた。

マスターはボリバルに乗り移り復活した。アイヒホルストはマスターは自分に引き継がれると信じていたので、なぜ?と嗚咽したが、マスターが引き継がれたボリバルに「お前は私の特別な子」と言われ再び忠誠を誓う。

第7話 ザ・ボーン (The Born)

第7話 ザ・ボーン
出典:The Strain – FX 公式Twitter

≪人間の肉体と悪魔の血を持つ男≫
古代ローマ、男はローマ帝国の剣闘士だった。誰よりもたくましく素早く残忍で、人間の肉体と悪魔の血を持っていて日光にも耐えられた。
1873年、男はマスターを追っていて、サルデューのうわさを聞いてアルバニアを訪れていた。しかし、サルデューに乗り移ったマスターは姿をくらましていた。

≪現在のニューヨーク≫
ダッチはフェットと着替えの服を取りに元の自分のアパートに戻り、生きていたニッキーと再会する。フェットは嫉妬したがニッキーから離れないダッチを残し、セトラキアンと共にフィッツウィリアムに聞いたパーマーの工場に侵入した。そこは特別なストリゴイの育児室で、数体の夜の子供たちに襲われそうになったが、そこへあの男が現れて恐るべき動きで全部倒す。
男はクインランと名乗り、セトラキアンのことを長老に聞いたと言った。クインランはセトラキアンにマスターを追っているだろう?と聞く。セトラキアンは人生の大半をかけてと答える。そして、お前は?と返すと、クインランは全てを捧げてと答えた。

クインランはここはマスターのねぐらだと言い先に行ってしまう。セトラキアンはマスターがいることに平常心を失い、フェットに建物を崩壊させて下敷きにしようと言う。クインランがマスターに向かって行っていた時、フェットの仕掛けたダイナマイトが爆発し建物が崩れてきてしまう。崩壊は十分でなくマスターを逃がしてしまい、クインランはセトラキアンに向かって次は邪魔するなと言って去っていった。

エフはワシントンから帰ってきたが、気まずさから酒に酔ってノーラと顔を合わさないようにしていた。しかし寝ていたところにノーラがやってきて、ケリーに襲われたことを話す。エフは自分の計画はパーマーに台無しにされたと話した。エフはパーマーを暗殺する決意をしていた。

第8話 逃げられぬ定め (Intruders)

第8話 逃げられぬ定め
出典:The Strain – FX 公式Twitter

エフがザックを連れてフェットに紹介されたジョン・ウーの修理工場を訪ねると、ウーは略奪者に襲われて重傷だった。裏稼業をしているウーの所にはギャングが使う手術道具もあり、ザックがアシスタントを務めエフが手術をし成功する。エフは手術代代わりにライフルを手に入れた。

その頃ケリーはアイヒホルストの指導で人間の姿に化け、レッドフックの検問を通り抜けていた。車のトランクには夜の子供たちが隠れていて、ウーの工場前で夜の子供たちがザックのにおいを嗅ぎつけていた。

レストラン「タンドーリ・パレス」の一家は混乱する街の状況をやっと受け止め、避難を決意していた。ガスもアーニャに誘われ一家と一緒に行こうとしていたが、そこへやってきたクインランに「マスターはお前を追う。彼女を守りたければマスターを葬るまで手放すしかない」と言われ残る決意をする。

オクシド・ルーメンの値を吊り上げていた枢機卿の所へアイヒホルストが現れ、オクシド・ルーメンの在処を答えない枢機卿を餌食にしてしまう。
その時オクシド・ルーメンを盗むつもりで入ってきたセトラキアンとフェットが、事態に気が付きアイヒホルストに攻撃を仕掛けた。アイヒホルストには逃げられたが、オクシド・ルーメンの持ち主はオーストリアの修道院にいた少年「ラドヤード・フォネスキュー」だと聞き出すことが出来た。

隠れ家の場所を突き止めたケリーと夜の子供たちがやってくる。ケリーは窓をノックして、ザックに重病だったけど治ったと言って扉を開けさせた。ケリー・夜の子供たちとエフ・ノーラは戦いになる。最後はザックに近づこうとしたケリーにエフが銃を撃ったが、夜の子供たちが飛び出てかばい、ケリーは逃げてしまう。

第9話 レッドフックの戦い (Battle for Red Hook)

第9話 レッドフックの戦い
出典:The Strain – FX 公式Twitter

アイヒホルストとケリーは観光船をチャーターし、ストリゴイたちを連れて掃討作戦中のレッドフックに乗り込んでいた。アイヒホルストたちはまず発電所を襲って停電させ、紫外線ライトを使えないようにして、検問所の正面から数体のストリゴイに襲撃させ様子を見た。
市議は大量のストリゴイが待機しているのを見て弱気になるが、警部に励まされて気を取り直し、レッドフックの町を回って市民に戦おうと協力を呼びかけた。大勢の市民が検問所に駆けつけて戦い、その中にはダッチとダッチを追ってきたニッキーもいた。

レッドフックが襲撃されると予測したセトラキアンは市議に警告した後、アイヒホルストが来るだろうと1人隠れ家に戻っていった。エフたちは電力を復旧させるためストリゴイを退治しながら発電所にたどり着き、ノーラが説明書を読んで復旧させた。検問所では紫外線ライトが復活し、ストリゴイたちは黒焦げになり戦いは一気に優勢になる。
エフがセトラキアンを加勢すると出て行った後、発電所にザックがいることに気がついたケリーがやってくる。フェット・ノーラと戦いになり、後から来た警官隊が銃撃でフォローしたがケリーにはまたしても逃げられる。

アイヒホルストは隠れ家の中を物色しているときに、セトラキアンが外から決着をつけようと呼びかけられ外に出た。建物の一室に隠れていたエフが、出てきたアイヒホルストをライフルで狙い撃ったが失敗し、逆に追い詰められる。しかし、セトラキアンが援護し不利になったアイヒホルストは逃げて行った。

夜が明けたレッドフックの検問所では、皆はお互いの無事を確認し喜んでいた。フェラルド市議が勝利宣言をし、市民は勝利に沸いた。

Sponsored Links

第10話 銃弾の行方 (The Assassin)

第10話 銃弾の行方
出典:The Strain – FX 公式Twitter

エフはダッチの協力を得てパーマーを暗殺しようとしていた。パーマーがフェラルド市議に会いに行くことをつかんだ2人は、先回りして向かいのビルの屋上で到着を待ち、一瞬のチャンスにライフルで狙撃した。しかしエフが撃った弾は、秘書のココに当たっていた。2人は狙撃後すぐに逃げようとしたが、警察に見つかり逮捕されてしまう。

セトラキアンはフェットとノーラを伴い、オクシド・ルーメンを持っているラドヤード・フォネスキューを探していた。そこへパーマーが狙撃され犯人の男女が逮捕されたと言うニュースが流れ、エフとダッチがパーマーを狙っていたことを知っていたフェットは、ノーラと一緒に収監されている警察署へ向かう。セトラキアンは一人で本を探すことになった。

警察署ではダッチだけ警官がどこかへ連れて行ってしまう。後に残されたエフの所にパーマーが現れて、もう少しで我々が勝つのに無駄な抵抗だ、などと言って去っていった。
パーマーが去った後、警察署はストリゴイの集団に襲撃され、警官たちはあっという間に餌食になってしまう。エフも檻の周りをストリゴイに取り囲まれもう駄目かと言うところに、フェットとノーラが駆けつけて助けられた。ダッチは裏取引をしている警官が、メイフィールド・ホテルにいるアイヒホルストに引き渡していた。

セトラキアンはリストに残った最後のアパートに向かった。そこはセトラキアンが捜していたラドヤードの住処だった。セトラキアンは床下からオクシド・ルーメンを見つけるが、本を開いて見ているときに後ろから殴られ気を失ってしまう。

重体のココの所へパーマーに請われたマスターがやってきて、ココの口に自分の白い血を垂らす。ココは意識を取り戻し、パーマーは全てを話すと約束した。

第11話 閉ざされた世界 (Dead End)

第11話 閉ざされた世界
出典:The Strain – FX 公式Twitter

≪1931年 ドイツ ハイデルベルグ≫
アイヒホルストはうだつの上がらないラジオのセールスマンだったが、事務の女性ヘルガに恋をしていた。しかしナチスに心酔しているアイヒホルストとユダヤ人のヘルガはうまくいかなかった。

4年後アイヒホルストはドイツ軍の少尉になっていた。上司に呼ばれ部屋に入るとヘルガがいて、この女と知り合いかと聞かれる。アイヒホルストは驚くが上司の顔色を見て、同じ職場で働いていたが手癖の悪い女で金が消えたと話す。ヘルガは翌日絞首刑になっていた。

≪現在のニューヨーク≫
タンドリーパレスのグプタ一家はガスがクインランと取引し、無事に国境を越えメキシコへ向かった。しかし、ガスと共に戦う決意をしたエンジェルは1人戻って来た。

ダッチは首を鎖でつながれ防音室に閉じ込められていた。アイヒホルストはダッチを見てヘルガを思い出し、ヘルガのような赤い口紅を塗りズボンを脱がせて、おぞましいことに足の間にトゲを伸ばそうとしていた。しかし、ダッチは不意を突いて隠し持っていた唐辛子スプレーをアイヒホルストに吹きかけ、鍵を取って首の鎖を解き逃げ出した。

フェットたちは地下にあるメイフィールド・ホテルの非常口を探し当てて侵入し、階段を駆け上がった。同じころダッチも非常階段を見つけて駆け降りていた。しかし、非常階段は途中レンガでふさがれていて、そこでアイヒホルストに追いつかれてしまう。フェットはレンガに穴をあけダイナマイトを仕掛けて爆破し、階段を駆け上がってアイヒホルストに引きずられて悲鳴を上げているダッチを銀手りゅう弾を投げて救出した。
アイヒホルストは地下へ逃げ、ダッチを奪われた悔しさから雄たけびを上げていた。

セトラキアンが意識を取り戻すとラドヤードに椅子に縛られていた。セトラキアンの説得に応じず、ラドヤードはオクシド・ルーメンをクリームに売った。

第12話 失われた光 (Fallen Light)

第12話 失われた光
出典:The Strain – FX 公式Twitter

≪2005年 ワシントンD.C. 伝染病学会≫
ノーラとエフは学会のエフの講演で出会っていた。2人の意見は一致しなかったが、エフはノーラに部下にならないかと誘っていた。
同じチームになった2人は惹かれ合っていたが、エフが結婚していたため何もなかった。しかし、エフがケリーから離婚を切り出されたことをノーラに話したのをきっかけにして2人は結ばれた。

≪現在のニューヨーク≫
NY市長は富裕層に税金をかけるというフェラルド市議のやり方に反発して、辞職しなければ検事に起訴させると息巻いていたが、その直後に自宅で強盗に殺されてしまう。
その市議の元にパーマーが訪問してきた。パーマーは意外なことに市議を保安担当指揮官に任命する決議案を出す要請をしたと言う。市議は目的は何かと強く迫ったが、パーマーは金もうけがしたいとさも本音を話しているように言った。
その後の議会でフェラルド市議が保安担当指揮官になることが議決される。

エフとノーラはザックをケリーの両親に預けるため市を出る許可証をフェラルド市議の所にもらいに来ていて、議会で市議が保安担当指揮官に任命されたのを知る。その後、市議が得た権限を当てにしてウィルスを量産して散布したいと掛け合い、許可証も一緒に頼んだ。

オクシド・ルーメンはクリームの手によって翌日競売にかけられることになる。セトラキアンはクインランを訪問し、内容を吟味したら本は渡すと約束し、金の提供を受けることになった。一方パーマーの側は、アイヒホルストが反発するパーマーを脅し競売に出ることになる。

ガスはエンジェルと刑務所へ向かって囚人たちを脱獄させ、ストリゴイと戦う兵士を集めた。

クインランはガスを呼び出して、セトラキアンはオクシド・ルーメンを渡さないだろうから渡すように説得しろ、ダメなら殺して奪えと命じていた。

第13話 夜行列車 (The Night Train)

第13話 夜行列車
出典:The Strain – FX 公式Twitter

オクシド・ルーメンの競売は長老の資金を得たセトラキアンと、パーマーの代理のアイヒホルストで行われ3億ドル以上の値を付けたが、パーマーの裏切りで口座の取引が停止されセトラキアンが手に入れた。

オクシド・ルーメンはセトラキアンとアイヒホルストとクインランの三つ巴の奪い合いになる。アイヒホルストは大量のストリゴイを引き連れてセトラキアンたちを襲ったが、ガスの率いる囚人たちがストリゴイを銃撃で全滅させた。セトラキアンたちはトラックが襲われている間、床穴から下水道に逃げ、2人が去った後仕掛けてあった時限爆弾が爆発した。

パーマーはアイヒホルストに自分に敬意を示せばセトラキアンから本を奪うと言ったが、マスターが現れココの血を飲み干して去ってしまう。パーマーは泣きながら変成しつつあるココの心臓を取り出した。

エフたちはザックをシー諸島にいる祖父母の所へ預けるために列車を待っていた。ぎくしゃくしていたノーラとエフは、エフがノーラに心を開いて雪解けが訪れたようだった。
遅れていた列車はやっと発車したが、大量のストリゴイが線路を塞いでいて脱線してしまう。ノーラとザックは列車を下り線路伝いに逃げようとするが、そこへケリーが現れ戦いになる。ノーラはケリーにとどめを刺そうとしたが、ザックがやめて!と叫んだのでひるんで手首を吸われ倒れた。ケリーはマスターに呼ばれ、ザックを連れてどこかへ行ってしまう。

1人離れていたエフは襲ってくるストリゴイを退治しつつ、ノーラにやっと追いついた。エフは感染させられたノーラに、僕を置いて行くなと言ったが、ノーラは高圧線に剣を伸ばし自ら命を絶った。エフは死んだノーラを抱きしめた。

フェットとセトラキアンは下水を通って逃げていた。2人は逃げおおせたかと思っていたが、ガスとクインランとエンジェルがついてきていた。オクシド・ルーメンを奪い取ろうとするクインランにセトラキアンは「君は長老たちとは違う。本を長老に渡せば破壊する。この本があればマスターが追ってくる。」と説得した。5人は盗んだ船で当てもなく移動することになる。

残る謎と感想

オクシド・ルーメンは何が書かれているのか

オクシド・ルーメンはパーマーがアイヒホルストを裏切ったため、長老の資金を得たセトラキアンが落札します。
セトラキアンが手に入れた直後から三つ巴の奪い合いを開始しますが、結局は「敵の敵は味方」でクインランを仲間に引き入れ、マスターだけでなく長老も敵に回すことになります。しかし、オクシド・ルーメンは古代の言葉で書かれていて、セトラキアンといえどもすぐに内容が解明できるわけではないようです。

ものすごく丁寧な装丁で綺麗な文字と絵が描かれていますが、一体どんな内容なのでしょう。
クインランならきっと読めるんでしょうね〜(でも協力してくれないだろうな)

ケリーとザックは…

ノーラが死んでしまいました(ノД`)・゜・。
自分の好きなキャラクターが死んでしまうのは、ドラマとはいえ寂しい…。エフとも関係がよくなってきたばかりだったのに。

ノーラの血を吸ったケリーは、マスターに呼ばれてザックを連れて行ってしまいます。ザックはマスターをはじめとしたストリゴイ軍団に囲まれてしまうんでしょうか…。恐ろしい~(>_<)

クインラン誕生の謎

クインランが人間とストリゴイのハーフというのは話の流れでなんとなく分かったのですが、そもそも性別さえなくなってしまうストリゴイがどうやって子供を作るんでしょう?
ストリゴイは不老不死ですが、大人になるまでは成長するんでしょうか?謎です。

やっぱり原作読みたくなりますね(^^;

パーマーの動向

パーマーは恋人のココをマスターに感染させられてしまい、彼女が変成するよりも死を選びます。あのまま変成してもマスターが知性を残すとは思えないので、心臓を取り出すことを決意したのでしょうね。
永遠の命を得るためストリゴイになることを望んでいたパーマーですが、皮肉な結果になりました。

人の命をなんとも思わないような悪い奴ですが、老人になって初めての恋が悲劇に終わってしまってちょっとかわいそうでした。

そしてこの後が気になりますね。まだマスターに従うのか、それとも怒って敵対してしまうのか…

シーズン3について

ストレイン シーズン3は2017年3月19日現在、先行デジタル配信中(レンタル&セル)です。DVDブルーレイ・リリース・レンタルは4月19日になります。

シーズン3のまとめはこちら

シーズン1、2に関しては現在Amazonプライム・ビデオで見放題となっています。

そしてシーズン4の更新が決定しています。ただし、当初シーズン5で完結する予定だったのですが、シーズン4でファイナルとなります。放送はアメリカで来年8月、日本では今回と同じスケジュールなら来年3月になると思われます。

最期にフェット役のケヴィン・デュランドのツイッターから、敵も味方も仲よさそうなツイートを紹介。ツイッターやFacebookを見るとアイヒホルスト役のリヒャルト・サメルがすごくフレンドリーでイメージ変わりますよ。


PAGE TOP