ストレイン 沈黙のエクリプス 全話 ネタバレ編 吸血鬼マニア ギレルモ・デル・トロのドラマ

Sponsored Links
ギレルモ・デル・トロ監督作品の『シェイプ・オブ・ウォーター』がアカデミー賞で監督賞、作品賞を撮りました。モンスター映画がオスカーを取るという快挙です!

ストレイン 沈黙のエクリプス (ストレイン シーズン1)のネタバレをまとめました。
ファイナル・シーズンの記事を投稿しました。

ストレイン 沈黙のエクリプス シーズン1 公式サイトより


出典:The Strain – FX 公式Twitter

ギレルモ・デル・トロが放つ新TVシリーズに話題騒然!すでにシーズン5までの制作が決定!
ドイツ・ベルリンから出発し、アメリカのジョン・F・ケネディ空港に着陸しようとしていた旅客機のリージス航空753便の機内で、貨物室に異変が起こる。その後、機体は無事着陸するが、全てのシステムはシャットダウンし、機内からは何の応答もなく753便は完全に沈黙する。調査に入ったCDC(疾病対策センター)のチームは、乗員乗客206名の死亡を確認し、4名の生存者を発見する。未知のウィルスによる感染なのか、バイオテロなのか? 現場に残るわずかな物証と生存者を手掛かりに、CDCの精鋭チームが未曾有の脅威から人類を守るため、謎の解明に挑む!
近年、マーティン・スコセッシからスティーヴン・ソダーバーグ、デイビッド・フィンチャーなど、ハリウッド映画界のビッグネームのテレビ界への本格的な参入が相次いでいる。そんな中、2014年7月13日、ギレルモ・デル・トロが満を持して世に送り出した話題のTVシリーズが「ストレイン 沈黙のエクリプス」だ。放送局は、ヒット作を多く抱えるアメリカのケーブル局FX。放映前から業界内外の注目度は抜群に高く、FXのプロモーションも映画並みに気合いの入ったもので、特に鮮烈な印象を残す巨大ビルボードなどのビジュアルは、その内容をめぐって大いに話題を呼んだ。その後、初回が放送されるやいなや、圧倒的なスリルとスケール感、そして謎に満ちたサスペンスフルな展開で視聴者を釘付けにした。FXはシーズンの終了を待たずにシーズン2の制作を発表、すでにシーズン5までの制作が予定されているという異例の事態。ここに、映画クオリティの大型TVシリーズの誕生となった!(FOX公式サイト ストレイン 沈黙のエクリプス より引用)

ネタバレ まとめ

※この先感想にネタバレが含まれています。注意してください。

懲りずに3行でネタバレ

  • 到着した航空機の乗客乗員が206名死亡し4名が生存していたが、実は全員ヴァンパイアになっていて死者が生き返って帰宅し次々に人を襲う。
  • ヴァンパイアたちの陰謀が成功し、人々が次々とヴァンパイアに感染して街はヴァンパイアで溢れかえる。
  • CDC職員とヴァンパイア・ハンターたちの奇襲作戦が成功しヴァンパイアのマスターを追い詰めるが、あと一歩のところでマスターを取り逃がす。

第1話 ナイト・ゼロ (NIGHT ZERO)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

ベルリン発のリージス航空753便がニューヨークに到着する直前、貨物室に潜んでいた何かが飛び出し、乗客乗務員は206名が死亡し4名のみが生存する。
アウトブレイクかバイオテロの可能性が高いと考えられ、CDC(疾病対策センター)のエフとノーラが調査するが病原体や化学物質は見つからず、代わりに貨物室から針金虫のような謎の寄生虫が見つかる。
質店の店主セトラキアンはニュースを見てエフの元に駆けつけ、「頭を切り落とし破壊しろ。体は燃やせ。棺を破壊しろ。川を越えさせてはいけない。」と言うが、エフは荒唐無稽なセトラキアンの言葉を信じず取り合わない。
検視局で検視官が一人で遺体を解剖するが、取り出した臓器から寄生虫が出てきて驚いている間に、安置していたはずの遺体が一斉に起きだし背後から襲われる。
寄生虫が出てきたと思われる土の詰め込まれた謎の棺を、貨物室に潜んでいた化け物が一瞬で持ち去り空港は厳戒態勢が敷かれるが、眼球が左右に開く男アイヒホルストに依頼されたならず者のガスが、中身が何か知らないままCDCを装い車に積まれた棺を街中に運んで行く。

第2話 消えた積み荷 (THE BOX)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

航空機の大量死は、パーマーが裏から手をまわし空調の欠陥だったということなっていた。
空港にいた4人の生存者は、CDCのバーンズ局長が帰し、そのことに反対したエフとノーラは担当から外されてしまう。
帰された生存者たちは目が充血し口から出血する異変が起き、徐々に人の血を欲するようになる。
生存者の一人である機長を調べた病院から連絡があり、エフたちが調べると皮膚の下の血管を謎の寄生虫が這っていた。
エフとノーラは検視局へ行くが、そこには解剖しているはずの検視官と遺体はなく、安置している遺体も一つ残らずなくなっていた。
パーマーは、アイヒホルストがガスに依頼して空港から運ばせた棺のところまで行き、棺の中に隠れていたモンスターと対面する。
生き返って自ら自宅に戻った少女エマは、冷めてしまった風呂から上がらず心配して近づいた父を、口から出た「トゲ」で首筋に吸い付き血を吸って死なせてしまう。

第3話 不吉な予兆 (GONE SMOOTH)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

アイヒホルストは普通の人間とは違う異形の者だった。人間に化けるための特殊メイクを施しながら、「これもあと少しだ」とつぶやく。
空港で棺を運んでいるガスを通してしまったエフの部下ジムは、アイヒホルストに会いこの件で警察に行くというが、がんを患っている妻に臨床試験を受けさせるため、アイヒホルストの命令を受けることになってしまう。
帰宅した生存者たちの異変はだんだんとひどくなっていて、耳鳴りで声が聞こえ髪が抜け落ち性器が脱落し、だんだんと姿が異形の者に変わっていく。
ノーラは空港に警告しに来て捕まったセトラキアンを見つけ出し情報を求めるが、セトラキアンは「乗員乗客や彼らに接触した人間全員を破壊すべきだ。覚悟のないものに用はない。」と言い突き放す。
レッドファーン機長は容体が急変し手術を受けることになるが、変異して姿をくらまし、探していたノーラやエフが見つけると口から「トゲ」を出し襲い掛かってきた。エフは消火器で応戦し、機長の頭を殴り潰して殺してしまう。

第4話 試される覚悟 (IT’S NOT FOR EVERYONE)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

エフたちは正当防衛で殺したレッドファーン機長の解剖を行うが、遺体には生殖器がなく排泄器は一つになり、そのほかの臓器も人間のものとは異なっていた。口から出た長い「トゲ」のような物を引きずり出すと、空港で殺されたビショップの時と同じアンモニアの強烈な悪臭がした。
ジムは罪の意識を感じ、妻の病気治療のために仕方なく棺を空港から出したと告白するが、激怒したエフはジムを殴りノーラとともに出ていく。
生存者の一人アンセルは自分の異変に気づき、自身を納屋の中に鎖でつなぎ、吸血したい衝動を必死で抑えながら、探しに来た妻のアン=マリーに逃げて二度と戻るなと言う。
パーマーはハッカーのダッチを雇い通信基地局をダウンさせ、懇意にしている政府高官を呼び情報操作しようとするが、倒れて肝臓の移植手術をすることになる。奇跡を起こすと約束したアイヒホルストは連絡が取れなくなっていた。
エフとノーラは死亡した乗客だったエマの家に行くが、地下に潜んでいたエマとエマの父親に襲われる。そこにセトラキアンが現れ、銀の剣で二人の首をはねガソリンを持ってくるようにエフに言う。
エマが殺されたことにショックを受けたノーラをエフは説得しようとするが、受け入れられないノーラはその場から去ってしまう。

第5話 ストリゴイ (RUNAWAYS)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

生存者の変成は進み、ミュージシャンのガブリエルは部屋を訪れた人間を見境なく餌食にし、弁護士ジョーンは異変に気が付いたシッターが子どもたちを連れて逃げていた。
一方、セトラキアンは忌まわしい強制収容所時代を回想し、彼がストリゴイと呼ぶヴァンパイアの歴史や棺の中にいたマスターという存在、銀の釘を発射するネイルガンで弱らせ銀の剣で首を刎ねるといった殺害方法をエフに教える。
エフとセトラキアンは生存者アンセルの家に行くが、家の中で妻が自殺しており、アンセルは変身した姿で隣人と納屋にいた。エフは証拠の映像を撮影しつつ、セトラキアンと協力してアンセルたちを退治する。
衛生局のフェットはネズミの異変に気が付き下水道に様子を見に行くが、そこにはストリゴイが大量にいて間一髪で地上に逃げだす。ストリゴイは日光に弱く地上にまでは出てこなかった。
感染者たちは隔離すべきだと考えるエフはセトラキアンと別れ、CDCに証拠の映像を持って戻るが、機長殺害容疑で捕らわれそうになり、ジムの助けを借りて逃亡する。
ノーラは介護施設にいる母親の所に行くが、夜になり施設にストリゴイが入り込み人を襲っているところを見て母を連れて逃げる。

第6話 皆既日食 (OCCULTATION)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

FBIに機長殺害容疑で追われているエフは、妻と子供にニューヨークから出るよう警告するため自宅へ戻るが、妻の恋人に通報され逮捕される。
フェットが衛生局に戻ると、局員がストリゴイになっていて襲い掛かってきたが、ブラインドを開け日光を浴びせると黒焦げになる。
ガスは再びアイヒホルストに仕事を依頼され断るが、恐ろしい力でねじ伏せられ、やむなくジムとともに解剖した機長の遺体を川に捨てに行く。
エフはFBIと取引し遺体を見せるために移動するが、渋滞中日食で地下から出てきたストリゴイがFBI局員を襲い、動けなくなったのを見てその場から逃げる。
ガスと仲間は戻る途中ストリゴイに襲われ、頭をつぶし撃退するが、寄生虫が仲間の手から入ってしまった上、騒ぎを聞きつけた警察に捕まってしまう。
FBIから逃れたエフがセトラキアンの質店へ向かうと、そこにはエフの逮捕を知って逃れてきたノーラと母親もいた。

Sponsored Links

第7話 才能への褒美 (FOR SERVICES RENDERED)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

セトラキアンの作戦とは、マスターと呼ばれるストリゴイを殺すことだった。マスターを殺せば子孫のストリゴイは全て死ぬという。3人はジムを使ってアイヒホルストをおびき出し、マスターの居所を突き止める作戦に出たがまんまと逃げられてしまう。しかし、アイヒホルストはエフに銀の弾を込めた銃で撃たれ足にダメージを負う。
セトラキアンとアイヒホルストは強制収容所時代からの因縁だった。ドイツ軍の大佐だったアイヒホルストはセトラキアンの手先の器用さを買い、板の表面に彫刻を施させていた。それは後にマスターが入る棺だった。
ジョーンの異変に気が付いて子供たちを自分の自宅に連れて帰っていたベビーシッターのニーヴァは、娘とともに子供たちを母親の元に返しに行く。しかし、ジョーンはすっかりストリゴイになっていて、夫を襲った上4人にも襲い掛かる。絶体絶命というころを黒いフードをかぶった集団に助けられるが、黒いフードのストリゴイがジョーンの攻撃を受けてけがをしたニーヴァの娘をネイルガンで撃ち殺し、「彼女に触るな。汚(けが)れている。」と言う。

第8話 夜の攻防戦 (CREATURES OF THE NIGHT)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

エフたち4人はストリゴイに対抗するため、日光の代わりに使うUVCライトを調達に行く。そこで衛生局のフェットに遭遇し、フェットが独り占めしようとしていたUVCライトを半分分けてもらう。
近くのガソリンスタンドにあるストアで食料などを調達しようとしていると、外にいたセトラキアンとフェットがマスターの意志で集まってきたストリゴイに襲われる。皆で加勢するが、ジムがストリゴイのトゲでかすり傷を負い感染してしまう。エフとノーラはありあわせのものを使い、ジムから虫をピンセットでつまみ出し紫外線で殺し、治療できたと胸をなでおろしていた。
エフたちは全員ストアの中に立てこもったが、ストリゴイは時間が経つにつれ賢くなっていて、屋根に登り空調から入り込もうとしていた。セトラキアンは、ストリゴイは1か月で成熟する、アルヒホイストのようなストリゴイは特別で、マスターは数名だけ特別な力を与え人間だったころの特徴を残す、と言う。
ジムはエフに命と魂を救われたと感謝していたが、防げたと思われていた感染はジムの中で広がっていた。エフは治療法を試そうと説得するが、吸血鬼になるなら死ぬと言うジムをフェットが射殺する。
外のストリゴイはますます増えていて、偶然ストアに居合わせたハッカーのダッチとセトラキアン・エフ・ノーラ・フェットは、ガソリンをまいて火をつけストリゴイを遠ざけながら、運転手が死んでしまったパンの配送車で脱出した。

第9話 消えゆく者たち (THE DISAPPEARED)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

母ケリーの友人に預けられていたザックは、帰宅した途端ストリゴイになったマットに襲われる。ちょうどその時自宅に戻ったエフが、マットの首をシャベルで切り落とし退治するが、ケリーは行方が分からなくなっていた。
セトラキアンたちは質店の地下へ行く。セトラキアンは地下道に詳しいフェットに力を貸してくれと言い、フェットは了承するが一度家に帰る。
ダッチは今起こっている通信障害は、パーマーに依頼されて自分と仲間が起こしたと告白し、パーマーと話した時気味の悪いドイツ人がいたとセトラキアンに話す。セトラキアンは通信を元に戻せるか?とダッチに聞く。
ガスとフェリックスは移送されるが、その途中フェリックスが変成し警官を襲う。ガスは警官の銃を取り、フェリックスを射殺して逃走する。

1944年のポーランド。棺を作り終えたセトラキアンは他の収容者と同じ作業をさせられていた。夜マスターの気配を感じたセトラキアンは、ナイフでマスターを刺そうとして失敗し、両手を砕けるほどの力で強く握られる。手を動かせなくなったセトラキアンは、次の日もう働けないとして処刑されそうになるが、そこへロシア軍が攻めてきて混乱の中を何とか逃げ出す。
その夜森の中にある地下壕で、マスターはアイヒホルストと自分の腕に傷をつけ、虫をアイヒホルストの中へ潜り込ませていた。

第10話 愛しき者 (LOVED ONES)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

ザックがパソコンでケリーの携帯を追跡し、その情報をたどったエフはケリーの乗り捨てられた車を発見する。車内には血の付いたティッシュがあった。
ダッチとフェットは通信を復旧するため、パーマーの会社ストーンハート・グループに入り込もうとして失敗し、ダッチはパーマーの元へ連れていかれる。パーマーはヴァンパイアになることをハッキングに例えて、種を欺き永遠の命を得るという。ダッチは侮辱され怒ってパーマーを殴り、フェットと共に追い出される。
32時間前、ケリーはマットに襲われ、反撃して飛び散った体液から虫が目に入り込み感染していた。ケリーはザックを探しダイアンの家に行くが、そこで完全に変成しダイアンと息子を襲っていた。頭の中で響く声に従って地下へ潜っていくと、そこにはマスターがいて「喜ぶがいい。輝かしい定めを受け入れよ」とケリーに言う。
エフはケリーを探していて、ダイアンの家の地下で感染したダイアンたちを見つけ銃で撃つ。ダイアンはケリーに襲われた時抵抗してちぎったケリーのネックレスを持っていて、それを見たエフは何があったか察する。

第11話 闇からの声 (THE THIRD RAIL)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

セトラキアン・エフ・ノーラは地下に詳しいフェットの先導で、ワールドトレードセンターの地下へマスターを探しに行く。地下道には日光を避けているストリゴイたちが休んでいた。
護送車から逃げ出したガスは自宅へ戻るが、兄と母はストリゴイになっていた。母思いのガスはショックを受けるが、斧を片手に自宅から出ていく。

煙草がなくなり落ち着きのなくなったノーラの母の代わりに、ザックは煙草を買いに行く。しかし、ザックが向かった店の奥では店員がストリゴイになっていた。略奪に来た男女が襲われるが、ザックは慌てて煙草を取って逃げ帰る。

地下道で狭い穴を通り一人広いところに出たエフは、ケリーの声に呼ばれセトラキアンの制止も聞かず声の方に行く。ケリーの声はマスターの罠だった。エフはストリゴイに囲まれ、マスターに首元を掴まれ「妻も息子も、お前のすべてを奪ってやる」と脅される。
駆けつけたフェットがUV爆弾でストリゴイたちを撃退するが、マスターは逃げてしまう。
マスターに逃げられたセトラキアンは冷静さを失い、残された棺をめった打ちにし破壊する。
セトラキアンたちはマスターを追おうとするが、その途中1000体はいそうなストリゴイの大群が休んでいるのを見る。冷静さを欠いているセトラキアンは突撃しようとするが、エフたちが制止しその場から引き上げる。

第12話 警告 (LAST RITES)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

<1967年アルバニア・シュコドラ>
ドリシュト城にマスターがいるのではないかと思ったセトラキアンは、馬を買い妻のミリアムに日没までに戻ると約束し家を後にした。
そこでアイヒホルストの罠にかかり、渇水した井戸に入るが縄を引き上げられ戻れなくなる。

ガスは以前盗難車を買ったクリームを脅し、武器と金を奪い取引中のコンテナを開けさせた。しかし、中には大量のストリゴイがいてガス達を目掛けて襲ってきた。そこへ黒フードのストリゴイたちがやってきてあっという間にコンテナのストリゴイを退治するが、ガスはそのまま連れ去られる。

ダッチが質店に機材を持って戻ってきて、テレビの緊急警報システムを使い、エフの警告を流す作戦を話し準備をする。
セトラキアンは地下でマスターを見て感情的になったことを謝罪し、少し休んでさらなる戦いに挑む準備が出来たと覚悟を話す。

<1967年アルバニア・シュコドラ>
セトラキアンは素手で井戸をよじ登ったが、外に出たときには夜が明けていた。馬は殺されていてセトラキアンは走って自宅に戻るが、家は荒れた状態で妻はいなかった。
夜になりストリゴイになった妻が子供を二人連れて自宅に戻りセトラキアンを襲った。セトラキアンは妻の首を刎ね形見にするため心臓を取り出した。

ダッチの作戦は成功し、エフの警告は計画通り放送された。しかし、直後にアイヒホルストがストリゴイたちを引き連れて現れ、ストリゴイになったボリバルにノーラの母が襲われてしまう。エフたちは地下に立てこもり、武器を集め秘密の逃げ道から脱出した。セトラキアンは妻の心臓に別れを告げ質店から去った。

実業家のパーマーの元にマスターが訪れ、パーマーの口の中に自分の体液を垂らす。直後から寝たきりだったパーマーが別人のように活力をみなぎらせる。

第13話 マスター (THE MASTER)


出典:The Strain – FX 公式Twitter

セトラキアンの質店から皆が逃げた後、パーマーとアイヒホルストが質店にやってきて部下のフィッツウィリアムに地下にあるものを全てオフィスに運ぶよう指示する。マスターに体液を飲まされたのに自分が変成していないことを知ったパーマーはアイヒホルストになぜだと問うが、アイヒホルストはマスターはパーマーの忠誠心を試していると答える。
フェットのマンハッタンの地理と歴史の知識を駆使し、エフとフェットはボリバルが住んでいるヴェストリーホールへ偵察に行き、そこでセトラキアンが壊したマスターの棺を発見する。

ようやく事態に気が付いた保健福祉省のピアソン長官とCDCのバーンズ局長が、ニューヨークに戒厳令を敷き隔離地域にする相談をしていた時、パーマーがアイヒホルストを伴い現れる。パーマーはピアソン長官を高層ビルから投げ落とし、バーンズ局長を脅しつつ取引し現状を維持させる。

エフはザックを戦いに連れていく決断をし、銀の剣を持たせ戦い方を教える。
6人全員でヴェストリーホールへ行くとアイヒホルストたちが襲ってくるが、フェットたちが応戦しセトラキアンとエフ・ザックは先へ進む。ホールの上の部屋でセトラキアンとマスターが対峙し、エフとザックが窓ガラスを割り部屋に日光を入れてマスターを建物の外に追いやった。
マスターが日光でダメージを負うと、ホールでフェットたちと戦っていたアイヒホルストやほかのストリゴイたちは操り人形のように後退していった。マスターはセトラキアンがとどめを刺す寸前、日光の中を壁を伝い逃げていった。
セトラキアンは日光で死なないとは知らなかった、自分は間違っていたと途方に暮れる。

その頃ガスは黒フードのストリゴイに長老たちの前に連れていかれ、マスターを倒すための協力を求められていた。

6人がフェットの部屋へ向かう途中、ザックが喘息の発作を起こす。薬を取りに自宅に戻るがザックの発作は嘘で、ケリーの写真を取りに来たのだった。そこへストリゴイになったケリーがザックの名を呼びながら現れる。エフは駆け寄ろうとするザックを制止し、ケリーを銃で撃つがとどめを刺せず逃げられる。

Sponsored Links

残る謎と感想

ヴァンパイア・マニア、ギレルモ・デル・トロの世界

原作・企画・製作総指揮・脚本・エピソード監督がギレルモ・デル・トロという作品です。

予備知識なく見始めたので、最初出てくるモンスターがゾンビなのか?エイリアンなのか?ヴァンパイアなのか?と分からなかったのですが、ヴァンパイアの話です。
それも飛び切りおぞましいヴァンパイア。
ギレルモ・デル・トロはヴァンパイア・マニアらしいですね。

このドラマに出てくるヴァンパイアは、恋愛を絡ませたようなロマンティックなヴァンパイアとは全く違います。
捕食のために人間を襲い、まるで水でも飲むかのようにゴクゴクと血を吸い上げます。

血を吸い、吸われたものも変わってしまい、日光と銀が苦手。
まさに「ヴァンパイア」なのですが、血を吸ったときに移った虫が人間をヴァンパイアに変えたり、ヴァンパイアになると体の構造から変わってしまったり、CDCの職員が出てきてヴァンパイアになることを「感染」と呼んだり、今までのヴァンパイアものとは一味どころか全く違います。

一見全くの荒唐無稽のようですが、CDCの博士である主人公のエフラムがヴァンパイアに関する現象を科学的に説明しようとしたりして面白いです。

「川を越える」を勘違いしていた

私の恥ずかしい勘違いの話です。

第1話からストリゴイ(ヴァンパイア)が増殖するまでに、度々「川を越える」という言葉が出てきます。

第1話で出てきた乗員乗客がほとんど死亡する航空機はJFK空港に着陸するのですが、この「川を越える」という言葉はJFK空港付近の地理にヒントがあるようです。
JFK空港から川を越えるとマンハッタンがあります。つまりニューヨークの中心街に渡るわけで、川を越える=人の多いところに行く みたいな意味だと思います。

これ、全く知らずに「川を越える」に意味があるのか?と勘違いして、ストリゴイに川を泳がせるのか?なんか宗教的な儀式?それとも感染を早めるため?などと思っていました。恥ずかしい~(*ノωノ)

第6話でジムが遺体を川に流したのも、虫が川に広がっちゃうじゃん!などと思っていましたが、隠ぺいのため捨てただけでそんなことなかったみたいです。さすがに虫だから水の中で溺れちゃうのかな(;´・ω・)

強制収容所のその後

話の中に度々セトラキアンの回想が入りますが、マスターの棺を作る強制収容所時代の後の回想が、もう立派なヴァンパイア・ハンターになっていました。
ヴァンパイア・ハンターになるきっかけの話は??いつ結婚したのさ???と、一瞬1話見るのを飛ばしたのかと思いましたが、そうではありませんでした。

この辺りはまだ謎を残しているのか、それとも意識的に飛ばしているのか分からないのですが、原作読んでみようかと葛藤中…(ネタバレ書いているくせに自分は先の話を知りたくないワガママなので)

黒フードとガス

第13話で黒フードストリゴイ軍団はマスターの敵だということは分かったのですが、どこから来たのか?というのがまだ謎です。
そして、このストリゴイたちはマスターが感染させたストリゴイたちと違って知能があるのですよね。

ガスがこの黒フードストリゴイ軍団にスカウトされますが、マスターとどういう因縁があるのか?気になります。

マスターの弱点

マスターは日光を浴びても死にませんでした。セトラキアンは日光を浴びれば死んでしまうと思っていて、自分は間違っていたと途方に暮れます。

煙が出たりしていたのでダメージは受けたようでしたが、完全に殺すには首を刎ねるしかないのでしょうか。

パーマー

パーマーはマスターに体液を飲まされて別人のように元気になるのですが、虫に感染はさせられていませんでした。つまり永遠の命を手に入れたわけではなく人間のままです。

アイヒホルストはマスターがパーマーを試しているというのですが、悪魔のようなマスターのことなので用済みになったらポイ捨てされたりして。

ケリーとの決着

ストリゴイになってしまったケリーですが、エフはとどめを刺せずに逃がしてしまいます。

これも気になりますね。とどめを刺せるのか、それとも…

配信サイト(2015/12/08現在)

現在FOX公式サイトで第1話を無料配信中です。ご覧になったことがない方は、まず1話を無料で見てみてください。

「ストレイン 沈黙のエクリプス」1話無料視聴!|20世紀フォックス ホームエンターテイメント

第2話以降はDVDレンタルのほか、Amazonプライム・ビデオでシーズン1と2が見放題配信中です。U-NEXTなどで有料配信も行っています。


PR:日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!
PR:今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

とにかく久しぶりにハマって見たドラマでした。

ストレイン シーズン3は2017年3月19日現在、先行デジタル配信中(レンタル&セル)です。DVDブルーレイ・リリース・レンタルは4月19日になります。

シーズン1、2に関しては現在Amazonプライム・ビデオで見放題となっています。

そしてシーズン4の更新が決定しています。ただし、当初シーズン5で完結する予定だったのですが、シーズン4でファイナルとなります。放送はアメリカで来年8月、日本では今回と同じスケジュールなら来年3月になると思われます。


PAGE TOP