ストレイン 沈黙のエクリプス シーズン1 第7話 セトラキアンとアイヒホルストの因縁

Sponsored Links

第7話 才能への褒美

ストレイン 沈黙のエクリプス シーズン1 第7話
出典:海外ドラマ『ストレイン 沈黙のエクリプス』公式サイト

生存者ジョーンの夫は通りでヴァンパイアから逃れるも、自宅に入った途端、ヴァンパイアと化した妻の餌食となる。セトラキアンの質店に身を寄せる指名手配犯として逃亡中のエフとノーラは、感染者のゼロ号であるマスターを殺す計画に協力することに。セトラキアンが宿敵アイヒホルストと、その黒幕マスターとの戦いのために準備してきた武器や物資を整備する。エフとセトラキアンはジムを使ってアイヒホルストをおびき出し、昼間は暗闇に身を潜めているマスターの居場所を突き止めようとする。(FOX公式サイト ストレイン 沈黙のエクリプス シーズン1 第7話 より引用)

半分見ました

シーズン1が全13話なのでやっと折り返しました。

本当に面白いです。おすすめ。
ドラマを見るとき先の展開を想像しながら見たりするのですが、良い意味で裏切られます。

今回もええっ???と思うような展開がありました。

マスター

※この先感想にネタバレが含まれています。注意してください。

セトラキアンの作戦は「マスターを倒す」と言うものでした。

第5話でエフにマスターのことを説明するときに「患者0」だと言っていたのですが、元祖のマスターを倒すと子孫のストリゴイは全て死ぬらしい。

エフは「一匹殺せば全滅なんてふざけてる」と信じられない様子なのですが、セトラキアンは「悪魔を倒したいなら私を信じろ!」と力強く言います。

セトラキアンかっこいい~

ということはその他のストリゴイはすっ飛ばして、マスター対セトラキアン軍団になるってこと?
マスターは航空機に乗っていた210名の乗客乗員すべての血を、一瞬にして吸い尽くすほどのモンスターなのですよね。
アイヒホルストやパーマーのようなずる賢い側近もいるし、どうやって戦うつもりなんでしょう。

しかし世界に感染が広がる前に、ニューヨークを焼き払うとかいう作戦じゃなくてよかった(^^;

セトラキアンとアイヒホルストの因縁

第5話でセトラキアンが、強制収容所に収容されていた時の回想がありました。

その時気が付かなかったのですが、ドイツ軍の将校がアイヒホルストでした。
ヴァンパイア(=ストリゴイ)なもんで全く老けていない!特殊メイク(第3話)のせいもありますが…

しかし他のストリゴイたちは食欲だけで動いている感じで、感情がないし言葉をしゃべらないのですが、アイヒホルストは並の人間より知能が高い。
この違いってなんなんでしょう?
マスターが調整している?まだ謎ですね。

アイヒホルストのことを昔から知っているセトラキアンは、人間のころから怪物だったと言います。

マスターが入っていた立派な棺は、アイヒホルストがセトラキアンに造らせたものでした。

いや、驚いた。
天敵の寝床をセトラキアン自身が作ったというのもびっくりですし、人間のアイヒホルストがマスターの棺を作らせるというのも、マスターと何か取引してたの?と

それが、ほかのストリゴイと違って知能が高いことと関係あるのかな。

この二人、もっとすごい因縁がありそうですね。

黒いフードの軍団

そして最後がまた驚きでした。

自分の自宅に女性弁護士ジョーンの子どもたちを連れて帰っていたベビーシッターのニーヴァが、娘と共に子どもたちを母親の元に連れて戻ります。

案の定ストリゴイになったジョーンに襲われるのですが、間一髪!と言うときに黒いフードの軍団に助けられます。

その中心にいる人物がどう見てもストリゴイ!
また知能のあるストリゴイの登場ですが、今度は人間の味方です。
その周りにいる人物は顔を隠していて人間なのかストリゴイなのか分かりませんでした。
でも、日光を避けるために顔を隠しているとしたらストリゴイの集団と言うことに…

そしてジョーンの攻撃をかわしてケガをしたニーヴァの娘をあっさり殺します。

うーむ…このドラマって、病変が出る前にあっさり殺しちゃうんですよね…
最後のお別れとかないんだ。

それにしてもこの黒フードの軍団の正体なんなんだろう?
また謎が増えました。

ネタバレ

セトラキアンの作戦とは、マスターと呼ばれるストリゴイを殺すことだった。マスターを殺せば子孫のストリゴイは全て死ぬという。3人はジムを使ってアイヒホルストをおびき出し、マスターの居所を突き止める作戦に出たがまんまと逃げられてしまう。しかし、アイヒホルストはエフに銀の弾を込めた銃で撃たれ足にダメージを負う。
セトラキアンとアイヒホルストは強制収容所時代からの因縁だった。ドイツ軍の大佐だったアイヒホルストはセトラキアンの手先の器用さを買い、板の表面に彫刻を施させていた。それは後にマスターが入る棺だった。
ジョーンの異変に気が付いて子供たちを自分の自宅に連れて帰っていたベビーシッターのニーヴァは、娘とともに子供たちを母親の元に返しに行く。しかし、ジョーンはすっかりストリゴイになっていて、夫を襲った上4人にも襲い掛かる。絶体絶命というころを黒いフードをかぶった集団に助けられるが、黒いフードのストリゴイがジョーンの攻撃を受けてけがをしたニーヴァの娘をネイルガンで撃ち殺し、「彼女に触るな。汚(けが)れている。」と言う。


PAGE TOP