ストレイン 沈黙のエクリプス シーズン1 第6話 皆既日食で地上にストリゴイが

Sponsored Links

第6話 皆既日食

ストレイン 沈黙のエクリプス シーズン1 第6話
出典:海外ドラマ『ストレイン 沈黙のエクリプス』公式サイト

ネットや携帯に通信障害が出る中、皆既日食のときが近づく。レッドファーン機長殺害容疑でFBIに追われるエフは、別居中の妻ケリーの家に身を寄せ、ケリーにザックを連れて街を出るよう強く促す。感染しヴァンパイアとしてよみがえった者たちは愛する家族のもとへ戻る習性があるため、セトラキアンは753便の犠牲者の家を訪ねて歩き次々と処刑していく。一方、危険を感じたノーラは母親を連れてセトラキアンの質店へ。やがて陽光がなくなった街のあちこちで人々がヴァンパイアに襲われていく。(FOX公式サイト ストレイン 沈黙のエクリプス シーズン1 第6話 より引用)

ついに街中にストリゴイが

いやー、地味に怖いです。

ウォーキング・デッドで物陰からウォーカーが出てきた時ドキッとしますが、それに似た感じ。
街中の話なので、物陰はたくさんあるんですよ。
あ~なんか出てきそう~(>_<)…みたいな見せ方がたまりません。

ウォーカーでもストリゴイでも人間を糧にしているところが一緒なので、怖い場面が似て感じるのかも。

※この先感想にネタバレが含まれています。注意してください。

日光を避け地下に潜んでいたストリゴイたちが、日食で太陽が隠れている間に地上に出てきて人間たちを襲います。

これが、パーマーが通信障害を起こしたため(第4話)噂が広がりにくくなっていて、不気味なほどパニックにならないのですよね。

恐ろしいモンスターがあちこちにいるのに、人々は普通に街に出て過ごし襲われます。
そして、襲われた人がまたストリゴイになって、ストリゴイがどんどん増えていく…

この辺もウォーキング・デッドのウォーカーと似てますね。

ストリゴイはゾンビと言うより、ロード・オブ・ザ・リングのゴラムみたいな見た目ですが。
あと、ゾンビと違って動きが早いです。

動きが速いゴラムが、口からウツボ出して人間の首筋に食らいついて血を吸うんですよ。

うぇー、地味にというか普通に怖いか((((;゚Д゚))))

バカなジム

ジムがアイヒホルストに依頼されて、機長の遺体をガスとともに川に捨ててしまいます。

バカです。
いくら弱みを握られてるからって、あんなもの川に捨てたら一気に感染が広がって大変なことになるのでは(“゚д゚)

自分も守ろうとしている妻も、感染が広がれば無事では済まないでしょうに。本当にCDCの人間なのか?救いようのないバカです。

今度こそ手を組むエフとセトラキアン

FBIから逃げてきたエフと、母を連れてセトラキアンを頼ってきたノーラが、覚悟を決めてセトラキアンと組みます。

しかし、日食で大勢の人間が襲われ、川に機長の遺体を捨てて感染が拡大しそうな状況で、3人でどう立ち向かうのでしょうか。
もう、セトラキアンとエフとノーラ3人で立ち向かっても、ニューヨークがあっという間にストリゴイの街になりそう。

しかし、セトラキアンは作戦がある、と言います。
セトラキアンかっこいい!

ですが過激なおじいさんなので、ニューヨークを焼き払うとか言い出しそうでちょっと怖いかも(^^;

ネタバレ

FBIに機長殺害容疑で追われているエフは、妻と子供にニューヨークから出るよう警告するため自宅へ戻るが、妻の恋人に通報され逮捕される。
フェットが衛生局に戻ると、局員がストリゴイになっていて襲い掛かってきたが、ブラインドを開け日光を浴びせると黒焦げになる。
ガスは再びアイヒホルストに仕事を依頼され断るが、恐ろしい力でねじ伏せられ、やむなくジムとともに解剖した機長の遺体を川に捨てに行く。
エフはFBIと取引し遺体を見せるために移動するが、渋滞中日食で地下から出てきたストリゴイがFBI局員を襲い、動けなくなったのを見てその場から逃げる。
ガスと仲間は戻る途中ストリゴイに襲われ、頭をつぶし撃退するが、寄生虫が仲間の手から入ってしまった上、騒ぎを聞きつけた警察に捕まってしまう。
FBIから逃れたエフがセトラキアンの質店へ向かうと、そこにはエフの逮捕を知って逃れてきたノーラと母親もいた。


PAGE TOP