プリーチャー シーズン1 全話 ネタバレ感想 公式サイトで第1話無料配信中

Sponsored Links

原作はDCコミックのカルト・コメディで、私はすごーくハマったドラマでした。モラルを突き抜けるストーリーや個性的なキャラクターにワクワクして笑えます。ただ、生々しいバイオレンスシーンがあるので、グロいのが苦手な人はご注意を。

プリーチャー シーズン1 紹介

プリーチャー シーズン1
出典:Preacher – AMC

信仰心を失いかけた牧師に、得体の知れない“何か”が憑依した――。
奇想天外なこのドラマの原作は、1995年から5年間連載が続いたDCコミックス人気作。
待望のドラマ化を手掛けたのは、世界的大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」、「ウォーキング・デッド」のネットワーク局AMC!
(ソニー・ピクチャーズ公式サイト PREACHER/プリーチャーより引用)

主な登場人物

この項目の画像引用:Preacher Cast – AMC

ジェシー・カスター (ドミニク・クーパー IMDb )
ジェシー・カスターやくざ者だったが、死んだ父との約束を果たすためにテキサス・アンヴィルの実家の教会に牧師として戻ってきた。ある時、謎の物体が体内に体内に入り込み超人的な力を得ることになる。

チューリップ・オハラ (ルース・ネッガ IMDb )
チューリップ・オハラジェシーの元彼女で、ジェシーと組んで強盗などを働いていた。卓越した犯罪技術を持ち、自分が必要なものを得るためにどんなことでもするところがある。

キャシディ (ジョセフ・ギルガン IMDb )
キャシディアイルランド出身の吸血鬼。バンパイア・ハンターに追われていて、アイヴィルにたどり着いた。キリスト教の教えとは対極にある快楽主義者。

エミリー・ウッドロウ (ルーシー・グリフィス IMDb )
エミリー・ウッドロウジェシーの教会を手伝っている3人の子供がいるシングルマザー。夫は亡くなっている。

ドニー・シェンク (デレク・ウィルソン IMDb )
ドニー・シェンククインキャノン食肉・電力の社員で社長のクインキャノンの右腕。子供の頃からいじめっ子で、妻をDVしているという疑いがある。

ユージーン・ルート(Arseface) (イアン・コレッティ IMDb )
ユージーン・ルートルート保安官の息子でまだ10代。信心深く素直でほがらかな性格だが、自殺未遂で怪物のような顔になった。

ヒューゴ・ルート保安官 (W.アール・ブラウン IMDb )
ヒューゴ・ルート保安官アンヴィルの保安官。息子のユージーンを愛している反面、疎ましくも思っている。

ドブラン (アナトール・ユセフ IMDb )
ドブラン政府のものと称してアンヴィルにやってきた2人組の1人。ジェシーの中に入ったものを回収しようとしている。

フィオーレ (トム・ブルック IMDb )
フィオーレ政府のものと称してアンヴィルにやってきた2人組の1人。ジェシーの中に入ったものを回収しようとしている。
カウボーイ(Saint of Killers) (グレアム・マクタヴィッシュ IMDb )
カウボーイ1881年のテキサスにいたカウボーイ。病気の娘のために街へ薬を調達に行こうとしている。
Sponsored Links

ネタバレ シーズン1 第1~10話

シーズン1全体のあらすじ
亡き父との約束を守るためにテキサス・アンヴィルの教会で牧師になった、元ならずもののジェシー・カスター。ある時天から来た物体に憑りつかれ、言った言葉の通りに人を操れる能力を手に入れる。
ジェシーに入った物体はジェネシスという天使と悪魔のハーフだった。ジェネシスをジェシーから取り出すため、天国から極秘に2人の天使がやってくるがうまくいかなかった。
その頃ジェシーはジェネシスの邪悪な部分に影響され、力を使うことを忠告したユージーンを地獄に送ってしまう。ジェシーは警察に追われたが、そんな中教会を信者で一杯にするために天使たちから吸血鬼のキャシディがくすねた天国直通電話を使って神を呼び出す。
神は人々の前に現れたが、地獄へ送ったユージーンの話を聞いてもまともな応答が出来ず、おかしいと思ったジェシーがジェネシスの力を使って本物ではないことを聞き出す。
偽神がいうには、神は天国から行方不明になっていて下界にいるかもしれないという。神が天にいないと知ったアンヴィルの住民は荒れに荒れた。ジェシーはチューリップとキャシディと3人で神を探しに旅立つが、同じ頃アンヴィルの街は電力に使うために再利用している牛の糞のメタンガスが過剰に噴出して町ごと吹き飛んでしまう。
爆発した街の後には、天使の依頼を受けジェシーを殺すために地獄から来たカウボーイが立っていた。

タイトルは配信直後に書いたネタバレと感想の記事にリンクしています。
この項目の画像引用:Preacher Season1 – AMC

第1話 訪れしもの(PILOT)

第1話 訪れしもの
引用:Preacher Season1 – AMC

ジェシー・カスターはテキサス州アンヴィルのオール・セインツ会衆派教会の、元ならず者の説教が下手なダメ牧師だった。父との約束を果たすため街に戻って牧師になり、シングルマザーのエミリーに手伝ってもらい教会を運営していた。

キャシディは吸血鬼だが、乗務していたプライベートジェットの乗客がバンパイア・ハンターだったために、ハンターを全滅させ飛行機から飛び降りてアンヴィルに流れ着いていた。

チューリップ・オヘアはジェシーの元カノで以前はジェシーと組んでいたならず者だが、これで最後だからとジェシーを仕事に誘ったが断られた。

ジェシーはDV疑惑のあったドニーに酒場で絡まれ、連れを全員倒してドニーの腕の骨を折ってしまう。そこにたまたまいたキャシディーはジェシーに加勢していて、2人とも拘置所に入れられた。ジェシーは暴力を振るってしまった自分に自信を失い、牧師をやめようと決意する。

宇宙空間から透明な物体が地球のアフリカへやってくる。物体は次々に聖職者に憑りついたが、いずれも肉体が耐えられず爆発していた。その中には演説していたトム・クルーズも含まれていた。
物質は警察から解放されたジェシーに憑りついた。ジェシーは爆発しなかったが気を失い、気が付くと自宅のベッドで3日間寝ていた後だった。ジェシーが寝ている間教会の屋根裏に、行くところのないキャシディが住み着いていて、エミリーと交代でジェシーを介抱していたらしかった。

その日は日曜日で、ジェシーは教会の集会に出る。ジェシーは牧師をやめると皆に言うつもりだったが、口を突いて出たのは「やめられない。よい牧師になるため私は闘う。そして神の言葉を伝える。」という言葉だった。

母親の愚痴をいつもジェシーに聞かせていたテッドは、ジェシーに「心を開け」と言われ、離れた施設にすむ母に会いに行き、刃物で自分の胸を切り開き心臓を取り出していた。

第2話 血の降る町(SEE)

第2話 血の降る町
引用:Preacher Season1 – AMC

≪1881年≫
娘が病気になったカウボーイが薬を手に入れるため馬で出ていく。街は遠く妻は長くて3日だと言って送り出した。道中カウボーイは開拓に来た家族に呼び止められ、食事をごちそうになった。翌日男は頭の皮を剥がされ木に吊るされたインデアンたちの下を通って行った。そこには「ラットウォーターの町」という看板があった。

≪現在≫
キャシディはジェシーと酒を酌み交わしているときに自分のことを聞かれ「119歳の吸血鬼。ダブリン出身。現在吸血鬼狩りから逃げているとこ。なぜか見つかるんだ。右利きのいて座。中華料理が好き。太平洋は見てない。『ビッグ・リボウスキ』は過大評価。」と答えた。ジェシーはキャシディが吸血鬼だと言ったのを冗談だと思って笑っていた。ジェシーはキャシディが飲んでいた消毒用アルコールと水あかとりとエアコンから垂れた液を混ぜた酒を止めるのも聞かず飲んでしまい倒れる。キャシディはジェシーが倒れると財布と車のキーを盗って街を出て行った。

キャシディが出て行った後、ジェシーを狙っていた2人組の男が教会に入ってきて、ジェシーの中に入り込んだ物体を取り出そうとしていた。しかし、気が変わって戻ってきたキャシディが、2人組をバンパイア・ハンターだと勘違いして殺し後片付けした。だが死んだはずの2人はなぜか復活していて保安官の所で何者か聞かれ「政府のものだ」と答えていた。

ジェシーはライナスというスクールバスの運転手をしている信者の告白を聞いて、少女にいたずらをしているのではないかと思いやめさせようとした。ライナスの家に侵入し、風呂場にいたライナスを風呂に沈めて「少女を忘れるんだ」と言った。ライナスはその途端に、ジェシーに告白した女の子のこともジェシーがなぜ風呂場にいるのかも記憶を失くしてしまう。

ジェシーは自分に備わった能力に気が付き、寝たきりの少女トレイシー・ローチのところへ行き「目を覚ますんだ」と言葉をかけた。

第3話 可能性のめざめ(THE POSSIBILITIES)

第3話 可能性のめざめ
引用:Preacher Season1 – AMC

チューリップはダニーという女に苦労して手に入れた地図を渡し、カルロスという男の居場所を手に入れていた。そのダニーはスナッフ・フィルム・フェスティバルでスキンヘッドの男に地図を渡していた。

トレイシー・ローチは目を開き、相変わらず動けないままだったが母親は希望を持った。ジェシーはキャシディを使って自分の力を試した。キャシディはジェシーの力に感心して、ジェダイの騎士じゃないかなどと推理した。しかしどんな感じか聞かれたジェシーは浮かない顔をした。

ジェシーはチューリップの誘いを断り続けていたが、カルロスの居場所が分かったと聞くとチューリップの車に乗った。2人が立ち寄ったスタンドでジェシーがトイレに行くと、逆恨みしているドニーが後ろから銃を突き付けてきた。しかしジェシーは力を使って命じ、ドニーに便器に座らせ銃を口にくわえさせた。ドニーはジェシーに恐れをなして帰っていった。ジェシーはこのトラブルで何かヒントを得たようで、チューリップに「カルロスは神にゆだねる」と言って帰ってしまった。

キャシディはエミリーに仕事を頼まれた帰り、教会を襲撃した2人組が乗っていた車が教会の方へ走っていくのを見る。キャシディは武装した2人組が教会で車から出てきたところを後ろから轢き殺した。その死体を片付けようと納戸で入れ物を探していると、殺したはずのあの2人が現れ君を狙っているんじゃないと言わる。
2人組の男はジェシーの中に入っているものを取り出して永久に使えないようにすると言った。キャシディにあんたら誰?と聞かれ、長身の男(フィオーレ)は天国のものだと答えた。キャシディは2人組に俺を仲介役にしろと言った。

Sponsored Links

第4話 怪物の沼(MONSTER SWAMP)

第4話 怪物の沼
引用:Preacher Season1 – AMC

≪ジェシーの少年時代≫
少年時代のジェシーは父に人々の手本になれと厳しく育てられ、時には体罰も与えた。ある夜ジェシーはクインキャノン食肉・電力に連れて行かれ、父が話し合っているのを待っている間に灰皿をくすねた。父は帰りながら救いようのない者もいると話した。ジェシーはくすねた灰皿をポケットの深いところへ押し込んだ。

≪現在≫
売春婦のレーシーがサバイバル・ゲームでクライブに追いかけられ、クインキャノン食肉・電力の敷地の穴に落ちて死んでしまう事故が起きた。しかし、当のクライブはドロドロになった遺体を見て鼻で笑い、売春宿の関係者も特に悲しんだりする様子はなかった。チューリップは売春宿で行われた追悼集会で怒って怒鳴り、バカにしたクライブとにらみ合いになる。しかしオーナーが止めてその場にいた男女はそれぞれの部屋に消えて行った。

怒りの収まらないチューリップは鉄棒を持ってクライブを襲撃した。しかし、クライブだと思って襲った男は、天使をだましてお金を手に入れ売春婦と楽しんでいたキャシディだった。キャシディは殴られた拍子で窓を突き破って落ち重傷を負った。チューリップは慌ててキャシディを病院に運んだが、キャシディはこっそり輸血用の血液を飲んで復活していた。

事故のことで市長のマイルズはクインキャノンを訪ね安全対策について話した。しかしクインキャノンは鼻であしらい、市長が出したグリーンエイカー社のパンフレットに小便をかけた。

ジェシーは教会に人を集めるため大型テレビの抽選会を行い、その場に説教を聞いて信仰を取り戻せなければ父の土地を譲ると言って、信仰心の薄いクインキャノンを呼び寄せた。ジェシーは例の声で神に仕えるかと聞き、クインキャノンは「もちろん」と答えた。教会に来た人々からはどよめきが起こった。

第5話 南部は再び立ち上がる(SOUTH WILL RISE AGAIN)

第5話 南部は再び立ち上がる
引用:Preacher Season1 – AMC

≪1881年≫
街に到着したカウボーイは薬局に行ってメモを見せたが、用意できるのは早くて明朝だと言われる。仕方なく酒場へ行き、一晩椅子に座って過ごした。酒場は無法者の集まりで、奥では幼い息子の目の前で父親が殺され母親が犯されていた。しかしカウボーイは見て見ぬふりをした。
翌日カウボーイは薬を手に入れ家路についたが、来る途中に食事をふるまってくれた家族とすれ違う。カウボーイは知らぬ顔をしようと思ったが、酒場でひどい目に遭った親子を思い出してラットウォーターへ家族を追った。しかし、酒場ではあの家族がインディアンから剥いだ頭の皮を大量に渡して懸賞金を得ているところだった。
カウボーイが再び帰ろうと馬に乗ると、牧師が近寄ってきた。牧師は南北戦争で戦った敵で、カウボーイが人殺しを楽しんでいたと因縁をつけ馬を殺してしまった。馬を失ったカウボーイは歩いて帰ったが、何日もかかったために帰り着くと妻子は死んでいた。カウボーイは銃を手に取った。

≪現在≫
チューリップは引き続き叔父の家でキャシディの介抱をしていたが、人に危害は加えないと分かって帰っていいと言った。キャシディはチューリップに好意を持ったようだったが、チューリップの気持ちはジェシーにあった。しかし、ジェシーにお前も善人になれと言われてやけになり、薬を手に入れてキャシディに渡し車の中で関係を持った。

ジェシーは自分のせいで父親が心配だと相談に来たユージーンを連れて、トレーシー・ローチの家へ行った。トレイシーの母親はユージーンを見ると狂ったように「人殺し」と叫びながらバットを振り回した。しかしジェシーが例の声で『彼を許せ』と囁やくと、途端に両手を広げユージーンをハグした。

天使たちは鳴り続ける天国からの電話に出ようと、無断で地上に降りてきたことをごまかすためにリハーサルをしていた。しかしフィオレが電話に出ようとした途端に切れてしまう。天使たちはその後ルート保安官の案内で、レストランで信者の相談を受けていたジェシーの所へ行き、「薬と女を手に入れるための金は渡した。君の中に入ったものを返してほしい。」と言った。ジェシーは天使と話しキャシディの仕業だと気が付いたが、フィオレがそれの住まいだとコーヒー缶を出したのを見て、「神がコーヒー缶で暮らしているなんて初耳だ」と言った。天使たちは顔を見合わせ、君の中のそれは神じゃないと言った。

クインキャノンはマイルズの手引きでグリーン・エーカーの重役たちと会っていた。クインキャノンは酒をふるまい、始めようと言って重役たちを銃で撃ち殺し「成長か死かだったな」とマイルズに言った。

第6話 罪の始まり(SUNDOWNER)

第6話 罪の始まり
引用:Preacher Season1 – AMC

天使たちはジェシーの中に入っているものを、天使軍の兵士と悪魔軍の兵士が恋に落ちて出来たものだと言った。その存在は過去最強にして全宇宙を脅かす者だと言う。
ところが話の途中で天使たちは店にいた女性と駐車場でトラブルを起こした。ジェシーは慌てて止めに行ったが、女性は第1級天使の熾天使(セラフィム)で天国から勝手に出てきたドブランとフィオーレを追ってきたのだった。天使たちはセラフィムと争って殺しモーテルへ戻ったが、まもなく復活したセラフィムが襲ってきた。天使は死ぬと復活して戻ってきてしまうので、セラフィムは拘束するしかなく壮絶な争いになった。部屋に天使の遺体が山積みになったが、壁にセラフィムを打ち付けて気絶させやっと決着する。セラフィムはフィオレが動けないように解体した。ひと段落ついて天使たちはジェネシスを返せとジェシーに迫ったが、ジェシーは神がジェネシスを所望なら取りに来ればいいと拒否した。

エミリーのところへチューリップがやってきて、私の男に手を出すなと子供の工作を壊してしまう。怒ったエミリーは家の前に車を止めて居座っていたチューリップに、子供の工作を壊して!と怒鳴った。チューリップは戻って工作を直し、娘が熱で仕事のできないエミリーに代わって礼拝の準備をした。チューリップはエミリーの代わりに教会に行ったが、キャシディはチューリップとジェシーを見て2人の関係を悟って落ち込んだようだった。

マイケルはクインキャノンが撃ち殺したグリーン・エーカーの重役たちを自動車事故に見せかけ、会社に自動車事故だと連絡していた。

日曜日、ジェシーが礼拝のため皆を中に入れようとしたときにユージーンがやってくる。ユージーンはジェシーにローチ夫人にしたことは間違っているといい、皆に選択させるべきだとジェシーのやろうとしていることを止めようとした。ジェシーはイライラして、ユージーンに「地獄へ落ちろ!」といった。振り向くとユージーンは姿を消していた。

第7話 消えゆく慈悲(HE GONE)

第7話 消えゆく慈悲
引用:Preacher Season1 – AMC

≪ジェシーの子供のころの回想≫
ジェシーの父親は成り行きで親のいないチューリップを引き取ることになった。しかしオハラの者は必ず問題を起こすと福祉局に連絡して引き取らせた。ジェシーは尊敬していた父の行動に憤り、就寝前に「チューリップをお守りください。父を殺して地獄へ落としてください。」と神に祈った。その夜男が2人やって来て、ジェシーと父を教会の外にひざまずかせた。ジェシーは自分があんなことを祈ったからだと泣き、父は腕に舵とドクロの刺青の入った男に射殺された。

≪現在≫
教会にクインキャノンが訪ねて来て、賭けに勝ったからとジェシーに教会と土地の譲渡書類にサインしろと迫った。クインキャノンはキリスト教徒ではなく神は信じていなかった。ジェシーが拒否するとクインキャノンは決して降伏しないと言って去っていった。

ジェシー・キャシディ・チューリップ・エミリーの4人は教会でチューリップのつたない料理を取っていたが、そこへ保安官がいなくなったユージーンを探しに来た。保安官が帰った後、ジェシーがユージーンを地獄送りにしたところを見ていたキャシディがどうするんだ?と迫った。しかしジェシーはユージーンはトレイシー・ローチに振られて頭を散弾銃で半分吹き飛ばし、その銃を自分に向けてあんな顔になったと話し、もっといい人間だって地獄に行っていると言い放った。キャシディは自分の罪をたくさん上げて、まだあるとジェシーに消火器を投げて渡し、上半身裸で日光を浴びて火だるまになった。ジェシーは呆然と見ていた。

ジェシーは食卓へ戻り、チューリップにキャシディのことを黙っていたと責めた。チューリップはキリスト教の規範に合わないと排除するのは父親と一緒だと言い、ジェシーは怒ってチューリップのことを侮辱した。ジェシーはエミリーにも毒づき最後は1人になってしまった。

その夜ジェシーはユージーンが消えた場所の床を壊し、下の土を掘って「戻って来い」と叫んだ。その頃社員を引き連れたクインキャノンがブルドーザーに乗って教会に向かっていた。

Sponsored Links

第8話 賭けの結末(EL VALERO)

第8話 賭けの結末
引用:Preacher Season1 – AMC

≪クインキャノンの過去≫
クインキャノンは旅行に行った家族をロープウェイの事故で亡くしていた。遺体は牛と娘が判別できないほど損傷を受けていて、クインキャノンは牧師であるジェシーの父親を呼び出して神を告訴しろと喚いた。

≪現在≫
クインキャノンは社員を率いてジェシーに教会を明け渡させようとしたが、ジェシーは射撃の腕も一流で教会に近づくことさえできなかった。突撃しようとしたクライブはペニスを撃ち落とされた。

ジェシーがユージーンを戻せばもう力は使わないと祈ると、掘った床下からユージーンが現れた。しかしそのユージーンはジェシーの作り出した幻覚だった。

ジェシーは外に向かって政府のものを呼べと叫び、ルート保安官が天使たちを連れてきた。ジェシーは天使に地獄からユージーンを連れ戻してほしいと頼み、天使は代わりにジェネシスを捕まえるのを協力させた。しかし天使たちはジェネシスをコーヒー缶の中に捕まえると、地獄からユージーンを連れ戻すと言う話を反故にしようとした。ジェシーが話が違うと怒っていると、コーヒー缶からジェネシスが飛び出して再びジェシーの中へ入っていき、天使たちはあきらめて出て行った。

ドニーは車のトランクに頭を突っ込み、銃を発砲して耳が聞こえないようにして教会に忍び込んだ。ジェシーはドニーが銃を構えて近づくのを見て力を使ったが、耳が聞こえなくなっているドニーには効かず倒されてしまう。その後教会にはクインキャノンと軍団が入ってきてジェシーに書類にサインさせようとしたが、ジェシーは教会に神を呼ぶから日曜日まで待ってくれと頼んだ。

ユージーンを地獄へ送ったと告白したジェシーは保安官に逮捕され連行された。

第9話 歌は終わりぬ(FINISH THE SONG)

第9話 歌は終わりぬ
引用:Preacher Season1 – AMC

チューリップは日光を浴びて重傷のキャシディのために、動物を引き取ったり買ってきたりして与えていたが、アルバカーキに行くためにエミリーに後を任せた。チューリップはアルバカーキで恨みのあるカルロスを椅子に縛り付けていたが、その時ジェシーが留守電に謝罪の伝言を残しているのを聞く。

市長のマイルズは恐怖におびえたエミリーからの電話を受けてチューリップの叔父の家へ行った。しかし、エミリーにキャシディのいる部屋に閉じ込められ、ケガで凶暴になっているキャシディの餌食になった。

ジェシーは保安官に連行される途中車から飛び降りて逃亡していた。その後チューリップの家に行き、キャシディに会って謝罪した。キャシディは火を消すのが遅れたと言うジェシーに、消したことが重要なんだと許した。2人はキャシディが天使の所から盗ってきた天国への直通電話を使おうとしたが反応しなかった。電話を使うには本人の手がいるのではないかと思い、以前キャシディが天使を殺して埋めた場所を掘り起こし天使の手を手に入れた。キャシディが餌食にしたマイルズや動物たちはその後に埋めた。

セラフィムはフィオーレに動けないよう手足を切られたままバスルームにいたが、惨状に気が付いたモーテルのオーナーの通報を受けた保安官に殺してくれと懇願していた。何も知らない保安官は罪悪感にさいなまれながらも、セラフィムの首を絞めて殺し、死んだセラフィムは隣の部屋で復活していた。

≪1881年≫
カウボーイはラットウォーターに戻り、あのバーへ行って中にいたものを全員殺した。それ以来、カウボーイは娘が病気になり妻に薬の調達を頼まれるところから、バーにいたものを全員殺すところまでを無限に繰り返す地獄に落ちていた。
≪地獄≫
天使たちは旅行者でチケットを手に入れてシャトルバスで地獄へ行き、カウボーイが皆殺しをした後のバーへ行った。カウボーイは「開放されたいか?来れば仕事の内容を教える」と言ったドブランを迷いもなく射殺した。フィオレはある牧師を殺してほしいと言った。

第10話 神(CALL AND RESPONSE)

第10話 神
引用:Preacher Season1 – AMC

チューリップとジェシーとカルロスはかつて3人で組んで銀行を襲っていたが、2人の仲に嫉妬したカルロスが拘束していた警備員をわざと解放し一人で逃げていた。その結果ジェシーは警備員を殺してしまい、その時妊娠していたチューリップは流産してしまっていた。アンヴィルから戻ったチューリップは車のトランクに縛り上げたカルロスを入れ、ドニーの家にいたジェシーに殺してと迫った。ジェシーは最初殺しても赤ん坊は戻らないと言っていたがどうしても譲らないチューリップを見て、カルロスにごみ袋をかぶせ鍋掴みで銃声が響かないようにして撃ち殺そうとした。チューリップはそれを見て「思いが大事だ」と殺すのを止めた。2人はカルロスにハンデとしてタイヤレンチと銃を渡し、ボコボコにして開放した。

キャシディはジェシーと売春宿に隠れていたが警察に踏み込まれ、1人で捕まって留置場へ入れられていた。ルート保安官はキャシディが吸血鬼だと気が付き、ユージーンの居所を聞き出そうと銃で撃っては血を飲ませて復活させる拷問を繰り返した。キャシディは保安官に「本当はいなくなってホッとしたんだろう?ユージーンはいい子だがあのけつ顔でしゃべりっぱなし。イライラしないか?」と痛いところを突き、何発も撃ち込まれて解放された。

日曜日になり、ジェシーとチューリップはドニーの妻の助けで警察の目を逃れて教会へ戻った。神が来ると聞いた町中の信者が教会へ集まり、満を持してジェシーはキャシディが天使から盗ってきた天国直通電話に天使の手を置きボタンを押した。電話は最初上手く動かなかったが、クインキャノンがここまでだと立ち上がったとたん太陽が隠れ真っ暗になり電話から光が吹き出し神の姿が投影された。神は最初質問があると言ったジェシーに疑いを抱くのかと怒ったが、ジェシーが俺たちが子なら父親らしく振舞えと食ってかかると手を叩いて高笑いし、質問を受け付けた。

信者たちは1人が口火を切ると次々に神に質問しようと手を上げ皆一様に救われた気持ちになったが、ジェシーがジェネシスを使って地獄に送ったユージーンも救われたのか聞くと、神はどうやって地獄へ送ったか分からず馬脚を現してごまかそうとした。不審に思ったジェシーがジェネシスの力で「神はどこだ!」と聞くと「知らん。誰も知らん。神はおられぬ。行方知れずだ。下界かもな。」と急に弱気になって答え、電話の向こうで天使たちに連れ去られていった。

その後太陽は再び現れたが、信者たちは絶句し途方に暮れ動けなかった。ジェシーがその中をチューリップとキャシディを連れて去ろうとすると、クインキャノンは「奴を告発しろ!ジェシー・カスター!」と叫んだ。神がいないと知った信者たちは荒れにあれ、自殺するもの少女にいたずらしようとして殺されるもの動けなくなるものもいた。クインキャノンは肉の塊に娘の服を着せて抱いていた。

天使のフィオレはシャトルバスで1人でアンヴィルに戻ってきていた。町のメタンガス発電所では、係員がSMプレイの途中に死んでしまい、町中にメタンガスが噴き出してアンヴィルはジェシーの教会もろとも爆発で吹き飛んでしまった。その頃、ジェシーとチューリップとキャシディは神を捜す旅に出ていた。ジェシーは「神が助けを必要としているなら助けてやる。必要なきゃボコってやる。」とチューリップとキャシディに話した。

吹き飛んだアンヴィルの町ではセラフィムが1人瓦礫の中を歩いていたが、突然後ろから銃撃され倒れる。後ろからは地獄から来たカウボーイ(セイント・オブ・キラーズ)が「牧師…」とつぶやきながら現れた。

Sponsored Links

配信・レンタルとシーズン2について

シーズン1は現在字幕版・吹替版共にAmazonプライム・ビデオにて見放題配信中です。

またソニー・ピクチャーズからブルーレイ&DVDの発売とレンタルももうすぐ始まります。
2016年10月7日(金) 先行レンタル
2016年10月12日(水) ブルーレイ&DVDリリース

PR:スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!(Hulu)
PR:今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」
PR:今なら1ヵ月無料でお試し!オンラインDVD CDレンタル ぽすれん
PR:オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!

シーズン2は早々と更新を決めていて、遅めに始まったシーズン1とは違い13話放送される予定です。アメリカでの放送開始時期は来年の5月になると思います。日本ではシーズン1はアメリカで放送直後に字幕版・吹替版共に配信されたのですが、シーズン2も早い配信を期待したいですね。詳しい情報が分かったら、また追記します。

※追記(2017/04/03)
シーズン2のアメリカでの放送開始日が6月25日に決定しました。日本での配信はまだ未定です。

感想

フィクションでもモラルは大切!と思うような方にはお勧めできないドラマです。なんせ売春宿・吊るされたインディアン・性差別発言・DV(と思ったらSM)・死体の山・血みどろ・暴力肯定…と、古き悪しきアメリカ!みたいな映像がわんさか出てきます。

しかし私は面白かったです。血みどろ暴力シーンも突き抜けすぎてて笑えますw
アンヴィル(これブレイキングバッドの街と同じ架空の街なんですよ)の住民は表向き平穏で善人を装っているのですが、神がいないと知った後の行動がメチャクチャw
そして最後はドカーンとなかったことに(^^;

色々な人が出てくるのですが、ジェシーのことが好きだったエミリーも、ユージーンのお父さんルート保安官も、いじめっ子のドニーも、肉の神を信じているクインキャノンも、少女にいたずら願望があったライナスも、ぜーーーーんぶ吹き飛んでしまいます。まぁある意味潔いというか…

そんな中、隣町にポテトを食べに行っていたジェシー・チューリップ・キャシディの3人組は神を探しに旅に出ようとします。そして奇しくもジェシーが地獄へ送ったユージーンも街にいなかったために生きながらえました。

天使の依頼を受けてジェシーを殺そうとしているセイント・オブ・キラーズも地獄から地上へ出てきて、シーズン2は今までと全く違う場面が見られそうですね。

とにかくモラルを突き抜けたコメディに大笑いの連続だったので、シーズン2を見るのが待ち遠しいです!


PAGE TOP