プリーチャー シーズン1 第9話 ジェシー逃亡!キャシディ復活!で、仲直り(^O^)

Sponsored Links

第9話 歌は終わりぬ

プリーチャー シーズン1 第9話
出典:Preacher – AMC(米国)

ジェシーが逃亡を続ける中、彼の周囲の人々は人生を変える決断に直面する。その頃、カウボーイはラットウォーターに戻り、報復を果たそうとしていた。(Amazonプライム・ビデオ プリーチャー シーズン1 第9話 より引用)

プリーチャーはAmazonプライム・ビデオで毎週月曜日に更新中です。プライム会員以外でも有料レンタルもしくは購入できます。

感想

※この先感想にネタバレが含まれています。注意してください。

今回もバイオレンス満載でしたね。残酷なので「ウェッ」となってしまうのですが、だけど笑えると言うのがこのドラマなんです。

マイルズのことが(多分)うざかったエミリーが、ウサギを殺せずにマイルズをキャシディの餌として与えます。エミリーひどい!ひどすぎる!人間じゃない!と思ってはいけません(^^; その前にマイルズがエミリーに「今夜は泊まるよ、ウへへへへ」みたいな超ウザい電話をかけていて、実際こんなことを好きでもない男に言われたらまぁ「死ねばいいのに」と思いますわね…(一応付き合っている体にはなっていましたが)。

そのうえ、お昼のメロドラマで男が人は皆傷つきながら罠の中で逃げないんだ!みたいなことを言っているのを目をウルウルさせながら見ていたし、何か感化されたのでしょうかね。現実にそういう心の中の声とか、感化されたことで人を罠に掛けて殺したら犯罪ですが、心の声をあっさり実行しちゃうリアルなバイオレンス・コメディなのでそこは差し引いてほしい(^^;
しかし、献身的だったマイルズをそこまであっさりと… 色々言ったけど、やっぱり酷いわ(笑)

そして、バスで地獄に行ったw天使がカウボーイをスカウトし、ついにジェシーの宿敵となる(らしい)「セイント・オブ・キラーズ」が誕生しそうです。ジェシーとキャシディの仲直りしたし、どうなるのぉ~と、来週が楽しみで待ちきれません!

ネタバレ

  • ジェシーは保安官に連行される途中車から飛び降りて逃亡した。ジェシーは本気で日曜日に教会へ神を呼ぶつもりだった。
  • チューリップは日光を浴びてダメージを受けたキャシディのために、ペットショップで動物を買って与えていたが、アルバカーキに行くためにエミリーに後を任せた。
  • チューリップはアルバカーキで恨みのあるカルロスを椅子に縛り付けて、ジェシーが留守電に謝罪の伝言を残しているのを聞いていた。
  • 市長のマイルズはクインキャノンの所にいたが、恐怖におびえたエミリーから電話を受けチューリップの家へ行く。そこでエミリーを探し扉の閉められた部屋を開けて中に入ると、エミリーに閉じ込められてしまう。エミリーはウサギをキャシディの食料にすることが出来ずマイルズを犠牲にした。エミリーはその後、ウサギたちを庭に離した。
  • ジェシーはチューリップの家でエミリーに会い、チューリップがアルバカーキに行ったことを聞き、家の中にいたキャシディに会って謝罪した。キャシディは火を消すのが遅れたと言うジェシーに、消したことが重要なんだと言って許した。キャシディは天使の所から盗ってきた天国への直通電話を使おうとしたが反応しなかった。2人は以前キャシディが天使を埋めた木の所へ行き、掘り起こして天使の手を取り出し、餌食にした動物やマイルズを埋めた。
  • 天使たちがモーテルを去った後、血だらけの惨状にモーテルのオーナーが保安官に通報する。保安官がモーテルのバスルームに行くと、セラフィム(熾天使)が両手両足を切られた状態で生かされているのを見つける。セラフィムは保安官に「殺して」と懇願する。何も知らない保安官は罪悪感にさいなまれながらも、セラフィムの首を絞めて殺す。死んだセラフィムは隣の部屋で復活していた。
  • ≪1881年≫
    カウボーイはラットウォーターに戻り、あのバーへ行って中にいたものを全員殺した。それ以来、カウボーイは娘が病気になり妻に薬の調達を頼まれるところから、バーにいたものを全員殺すところまでを無限に繰り返す地獄に落ちていた。
  • ≪地獄≫
    天使たちは旅行者でチケットを手に入れてシャトルバスで地獄へ行き、カウボーイが皆殺しをした後のバーへ行った。カウボーイは「開放されたいか?来れば仕事の内容を教える」と言ったドブランを迷いもなく射殺した。フィオレはある牧師を殺してほしいと言った。

PAGE TOP