マイノリティ・リポート TV版ドラマ 第2話 前半は上々だけど

Sponsored Links

第2話 Mr. Nice Guy

マイノリティ・リポート TV版ドラマ 第2話
出展:マイノリティ・リポート|FOXネットワークス

ラトレッジの事件でヴェガは政府の連中に目を付けられる。
一方、ダッシュは女性が殺害されるビジョンを見るが、被害者の顔ははっきりと映っていなかった。そこでアーサーに協力を仰ぐが、見返りに過去のある事件の捜査資料を入手するように要求される。ダッシュとヴェガは被害者が訪れたクラブに潜入して犯人の目星をつけるが、被害者を特定することができず、結局アーサーの要求をのむことに。(FOX公式 マイノリティ・リポート TV版ドラマ 第2話 エピソードより引用)

前半は上々

第1話の感想でさんざんなことを書いたんですが、なんだかんだ言いつつ今回も見ました。

前回もそうだったんですけど、前半は面白いんですよね。

主人公ダッシュの個性が出ていたり素晴らしいCGで楽しめたり…
今回も事件の真相に迫るまではよかったんですが、肝心の事件解決の部分が雑だと感じてしまうことと、アクションがイマイチ…

トム・クルーズのマイノリティ・リポートを見た人は、多少なりともアクションを期待してしまうと思うのです。
TV版ドラマもアクションはそれなりにあるのですが、う~ん…イマイチだなぁ…という感じ。

あと、主人公のヴェガ役のミーガン・グッドはセクシーなんですが、飛び切りの美女というわけでもない。
ダッシュ役のスターク・サンズもそんなにイケメンじゃないし、美女イケメン度も今一つ…
私の好みに合わないだけかもしれませんが。

う~ん、結局今回も悪口になってしまいました(-_-;)

ネタバレ

チェスが得意なダッシュが公園で何人も相手にしている時に、殺人のビジョンを見る。
ウォーリーの所へ行ってビジョンを録画しヴェガと共に分析するが、ダッシュのビジョンには十分な情報がなく、被害者と犯人は特定できなかった。

ヴェガとダッシュは断片的な情報を元に、被害者を探しにクラブへ潜入する。被害者探しはうまくいかないが、ヴェガがビジョンに出てきたマークと同じ刺青のタイソン・コールという作家を見つける。
タイソンのセミナーに参加したヴェガは偶然を装いタイソンを誘惑しようとするが、金銭を目的とした罠だと思われ邪険にされる。
行き詰ったヴェガとダッシュはアーサーと警察から情報を引き出すという取引をし、被害者の名前を教えてもらう。
アーサーの情報を元にクラブで被害者を発見するが、被害者はタイソンと一緒にタクシーに乗り込んで行ってしまう。それを見ていたヴェガとダッシュはタイソンの自宅へ先回りし逮捕しようとするが、タイソンは真犯人ではなく女性は途中でタクシーを降りていた。
再び行き詰ったダッシュとヴェガはウォーリーの所で映像を再確認。そころ映像にクラブのバーテンダーが使っていたチョップスティックが映っているのを見る。
忘れ物を取りにバーに戻った女性は、バーテンダーに対する態度が冷たいと逆恨みされて殺されそうになっていた。そこへヴェガとダッシュが戻ってくる。ダッシュの予知能力とヴェガの活躍で女性を救い出し、犯人を逮捕することに成功する。

その頃アガサは、再び捕らえられ予知能力を利用される予知夢を見ていた。


PAGE TOP