パッセンジャー (Passengers)【あらすじ・感想】

Sponsored Links

20XX年、新たなる居住地を目指し、5,000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。 目的地の惑星到着まで120年。冬眠装置で眠る乗客の中でなぜか2人の男女だけが90年も早く目覚めてしまう。 地球では出会うはずもなかった、エンジニアのジム(クリス・プラット)と作家のオーロラ(ジェニファー・ローレンス)はまるで孤島のような宇宙船の中で激しい恋に落ちる。 絶望的状況の中でお互いを求め合い、愛し合い、なんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく・・・。(Amazonビデオより引用)

パッセンジャー スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:モルテン・ティルドゥム(
  • 脚本:ジョン・スペイツ(

登場人物/キャスト

  • オーロラ・レーン(ジェニファー・ローレンス ):アヴァロン号の乗客の1人。作家。
  • ジム・プレストン(クリス・プラット
  • アーサー(マイケル・シーン
  • ガス・マンキューゾ(ローレンス・フィッシュバーン

あらすじ

宇宙移民を乗せたアヴァロン号の乗客・乗務員は120年の旅を人工冬眠ポッドで過ごすはずだった。しかしポッドの故障によりジム・プレストンは1人だけ90年早く目覚めてしまう。地球へメッセージを送ったが返事が来るまでに74年かかり、クルーを起こすためにハッチを開けようとしても不可能で絶望的な状況だった。

ジムの唯一の話し相手はバーテンダーアンドロイドのアーサーだった。ジムは孤独に耐え切れず宇宙服を着ないまま宇宙空間に出て行こうとしたが、思いとどまった。

そんな中ジムは人工冬眠ポッドで眠るオーロラ・レーンを見かけ一目惚れをし、彼女のことを調べるうちにどんどん惹かれて行った。ジムは孤独に耐え切れずある決断をしてしまう…

感想

※この先感想にネタバレが含まれています。

私の大好きなジェニファー・ローレンスとクリス・プラットが主演の映画です。宇宙という壮大な舞台でのロマンスですが、物語の大半をほとんど人のいない宇宙船の中で1人~3人プラスアンドロイドで過ごすので、キャストが極端に少ないです。アンディ・ガルシアがクレジットされていますがほとんどカメオみたいな感じ(^^;

そして120年の旅で乗務員が一度も起きないという設定…いくらSF映画に矛盾が付きものでも無理があるよ~w 少数のスタッフが2年おきに3~4人ずつ交代で起きてメンテナンスとかしなきゃ。現在の日本では列車の運転手がスマホ見てたとかでメチャクチャ非難されるのに、120年自動運転のみですかい。んで実際故障してるし。

しかもローレンス・フィッシュバーン演じるクルーの偉い人が、このままじゃ宇宙船壊れて冬眠中のみんなも死んじゃう~!の直前に都合よく起きてきて、都合よく死んで彼の権限を使って2人が力を合わせるというこれまた都合よすぎる展開。

見ている私は、ジムが故意にオーロラの冬眠を解除したことがバレて、2人の恋の行方はどうなるの?とドキドキしているわけですよ。その後のあまりにも都合よすぎる展開は少し萎えました。どうせなら、最初から数人起きていてすったもんだするとかなら面白かったかも(^^;

オーロラは宇宙船を救った後にもう一度冬眠できるチャンスを蹴ってジムと生きる決断をします。が2人のその後は結婚したらしき描写と、クルーが起きてきた時に見た緑いっぱいのロビーだけ。年老いたジムが死んだあとオーロラが冬眠していて、入植地で本を出すとかそれくらいの結末見せてほしかった。なんというか最初から最後まで宇宙船の中で、あえてそうしたのかもしれないけど物語の結末が浅く見えてしまってイマイチ…

しかし私はねっとりしたラブシーンのある恋愛ものが苦手なのですが、ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットというサバサバ系の2人のロマンスは素敵でした。

この映画の情報を見る
DVD・ブルーレイ・動画を買う、レンタルする

映画SF, 宇宙

Posted by くり


PAGE TOP