メッセージ (Arrival) 【あらすじ・感想】

Sponsored Links

2017年日本公開されたSF映画、メッセージ(原題:Arrival)を観たので簡単に感想などをまとめました。

突如地上に降り立った巨大な宇宙船。謎の知的生命体と意思の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、物理学者イアン(ジェレミー・レナー)とともに、“彼ら”が人類に何を伝えようとしているのかを探っていく。そして、その言語の謎が解けたとき、彼らが地球にやってきた驚くべき真相と、人類に向けた美しくもせつないラストメッセージが明らかになる――(Amazonビデオより引用)

メッセージ スタッフ・キャスト

スタッフ

  • 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ ( )
  • 脚本:エリック・ハイセラー ( )
  • 原作:テッド・チャン ( )

登場人物/キャスト

  • ルイーズ・バンクス (エイミー・アダムス )
  • イアン・ドネリー (ジェレミー・レナー )
  • ウェバー大佐 (フォレスト・ウィテカー )
  • ハルペーン捜査官 (マイケル・スタールバーグ )
  • マークス大尉 (マーク・オブライエン )
  • シャン上将 (ツィ・マー )

あらすじ

世界各地に突如として巨大な宇宙船が飛来し降り立った。言語学者のルイーズ・バンクスは軍に要請され、謎の知的生命体とのコンタクトを取るために、物理学者のイアン・ドネリーと共に宇宙船に入り彼らと意思を通い合わせようとする。

その一方でルイーズは亡くなった娘の記憶が度々頭をよぎっていたが…

原作はテッド・チャン『あなたの人生の物語』

感想

ミステリー仕立てのSFです。正直そんなに期待してなかったのですが、観てみたら面白かった!

度々ルイーズの脳裏に娘の記憶がよみがえってきます。分かっているのはその娘が亡くなっていること。

この娘が話にどう絡むの?と思いながら見ていましたが、最後に驚きの真相が分かります。この最後にハッとするオチはシックスセンス(Filmarksリンク)に似ていると思いました。

主演のエイミー・アダムスは新生スーパーマンのヒロイン、ロイス・レインを演じていますが、この人の演技がよかった!

ロイス・レインは自信に満ちていて生意気な女性と言う感じですが、今回の娘の記憶に悩まされている学者の役はすごく苦悩が伝わってきました。どちらも知的な役ですが、エイミー・アダムスにぴったりですね。

ただ一つ突っ込むとすると、エイリアンがステレオタイプな火星人を巨大にした感じでちょっと苦笑(^_^;) あれだけ大きければ脳も大きいから知能が発達しているってことなんでしょうかね。しかしあの容姿だからこそトラブルが起きるのでしょうね。

SF好きだけでなくミステリー好きな人にもお薦めできる映画でした。

この映画の情報を見る
DVD・ブルーレイ・動画を買う、レンタルする

PAGE TOP