ヒーローズ・リボーン シーズン1 第3話 能力者たちの関係がまだまだ繋がらない

Sponsored Links

第3話 ルノータスの野望

ヒーローズ・リボーン シーズン1 第3話
出典:「Heroes Reborn/ヒーローズ・リボーン」公式サイト

世界的大企業「ルノータス」を率いるエリカ・クラヴィッドは、人類を守るために能力者を一網打尽にしようとしていた。やがてルノータスが恐るべき新テクノロジーを発表し、能力者たちは再び危険に直面することになる。(Hulu ヒーローズ・リボーン シーズン1 第3話 より引用)

2回目の配信だけど第3話

「さあ、第2話見るぞ!」とHuluを開いたら、第1話の次が第3話になっていました。
思わず目をゴシゴシして見ても見間違いではなかったので、ミスプリントかな?と思ったら第3話で正しかったです。

なんでも、第1話として配信されていたものは、第1話と第2話を合わせたものだったらしいです。
なので、今回は2回目の配信だけど第3話だそうです。

よく見ると注釈に書いていましたが、おっちょこちょいなので一瞬、Huluに連絡したほうがいいのか?なんて思ってしまいました。

話はまだバラバラのパズルのピースのまま

第1回は謎ばっかり!という感想だったのですが、この回でも謎は全く解けていません。
登場する能力者たちにバラバラのストーリーがあり、全く組み合わさっていないパズルのピースみたいです。

登場人物が多くてバラバラなのでシーンもあちこちに飛ぶのですが、1週間たってこのキャラクターってなんだっけ?とネタバレ書いていると名前が分からなくなったりします。
ちなみに登場人物については、「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」公式サイト Cast&Staffにあります。

このパズルのピースになっている能力者たちが、組み合わさって全体が見えてくると面白くなるのでしょうか。
なんというか、見ていてまだまだなぁ~という印象。

シーンがあちこち飛ぶので、短いネタバレ書くのが大変です。
しかし、長くしても取り留めなくなるだけだしなぁ…

面白くなる前に、シーズン1で打ち切り、なんてことにならないことを祈ります(;´・ω・)

クレアの死の真相が危険?

※この先ネタバレが含まれています。注意してください。

どんなに痛手を負っても死なない不死身の能力を持ったクレアでしたが、第1話からノアは「クレアは死んだ」と言っています。
その言葉を裏付けるように、1年前の病院の監視映像に、慰安室で金髪の女性を見て泣くノアが映っていました。

この監視映像に映っている金髪の女性がクレアなのか?顔が見えません。
ノアはクレアだと思っているようですが、この辺を謎にしてしまうところがヒーローズらしいとも言えますね。
ちょっと先が見えてしまうというか、実は意外な人物だった!というオチを想像してしまいますが。

真相を知っているモリーを助けに、ルノータスに侵入するノアとクエンティンですが、モリーはノアの助けを拒否します。
ノアは記憶がないから何があったか知りたいと言いますが、モリーは「危険すぎる」といいルノータスの中へ走っていき、結局捕まってしまいます。

第1話で、記憶を取り戻そうとするノアを殺そうとしたルネに続き、モリーもノアの記憶を「危険すぎる」と言います。

危険すぎるノアの記憶…なんなんでしょうね?
どういう系統の記憶なのかもまだ分からなくてヤキモキしますね。

ネタバレ

ノアは腕を撃たれたクエンティンの治療に訪れた病院で、テロの日に自分が訪れたことを偶然知り、警備員を銃で脅しテロの日の監視映像を見る。
そこにはタイムスリップの痕跡があった後、慰安室でクレアと思われる金髪の女性の顔を見て涙する自分が映っており、その後モリー・ウォーカーと一緒に去っていく姿が映っていた。
モリーが真相を知っているのではないかと思ったノアは、モリーがとらわれているルノータスに助けに行くが、モリーはノアの記憶が「危険すぎる」と言って助けを拒否し、逃げ出したところをまたルノータスに捕まってしまう。
一方で父を助けるためにルノータスで大暴れしたミコは、刀(ヒロ・ナカムラのものだった)を奪われた上ルノータスのハリスに捕らわれるが、レンの助けを借り逃げ出す。
ルノータスのエリカ・クラヴィッドは、世界中の能力者を検索するための新システム「エピック」を発表したが、その裏でモリーは手足を拘束された状態で脊髄をケーブルにつながれて、能力をそのシステムのために使われていた。


PAGE TOP