ヒーローズ・リボーン 第13話 最終話!だけどこれで最後じゃない?

Sponsored Links

ネタバレと登場人物のまとめを作成しました。
ヒーローズリボーン まとめ ネタバレ編
ヒーローズリボーン まとめ 登場人物編

第13話 人類絶滅の時

ヒーローズ・リボーン 第13話
出典:「Heroes Reborn/ヒーローズ・リボーン」公式サイト

【シーズン1 最終話】ついに、人類絶滅の危機が迫ってきた。”不朽の砦”に囚われたトミーは、子ども時代の失われた記憶が地球を救う”鍵”になると知る。一方、エリカは自らが進めてきた”人類再生計画”を強引に実行。トミーとマリナを中心とするヒーローたちは、地球を救うために最後の戦いに挑む。(hulu ヒーローズ・リボーン 第13話 より引用)

終わっちゃった

面白かったですよ!アメコミっぽいこのストーリーは私好みです。

しかし…最後は面白かったのですが、なんだかまだ続きがありそう、というところで終わってしまいました。

ティム・クリングは、最初から13話で完結のつもりだったと言っているみたいですが、そうは思えません。
というか、本当に13話完結なら前半の話に蛇足が多すぎなんですよね。

最後がまたスッキリ終わらなくて、やっぱり続編作ってほしいです。

※ヒーローズ・リボーンはhuluで配信中です。

登場人物が多すぎた

※この先感想にネタバレが含まれています。注意してください。

最後は双子が見事地球を救って、面白かったんですよ。面白かった…けど、ちょっと物言い。

視聴者数はだんだん減っていき、ヒロが出たあたりでちょっと復活。しかし、その後また減ってしまって最終話はちょっと復活という感じでした。

なぜ視聴者が離れていったのか考えたら、やはり最初から登場人物が多すぎて話が複雑だったからかなと思います。前半登場人物が覚えきれなかったし、面白くなかった…

正直、高校でトミーがいじめられていたけど、いじめっ子の暴力義父をどこかに飛ばして仲良くなるとか(実際はキャスパーが記憶を奪ったのですが)、記憶を探ろうとしたノアが誤ってハイチ人を殺してしまうとか、カルロスが警察の悪い奴といざこざ起こすとか、本当に必要なのかその話は!みたいにツッコミたくなるところが多かったです。
少なくともカルロスは登場させなくてもよかったと思いました。

それに先週のエリカの過去
可哀想なエリカを見てしまったために、ネイサン(トミー)に消滅させられたエリカを見て後味が悪くなってしまいました。あれは個人的には見たくなかったです。

もうひとつ、地球の磁極が反転したんですよね?3か月後には何事もなかったようになっていましたが、すぐに戻ったんでしょうかね…
前半のいらない話を省いて、最後の地球を救うところをもっと話数を多くして丁寧に作ってほしかったなぁ…

シーズン2はないことが決定していて、ヒーローズがこれで最後だとしたら本当に残念なんですが、まだ他の話(双子の父の話?)が作られるかもしれないので続編を待ちましょう。

ネタバレ

オオトモにエバーナウに閉じ込められたネイサン(トミー)は、能力を奪うホースにつながれゲートウェイにいる人々を未来へ送るために使われる。エリカのたくらみは成功し、人々は未来へ送られる。
ホースから解放されたネイサンは、エバーナウの永遠に続く廊下の中で、自分の後姿を見て追いかける。そこでもうひとりの自分に、戻って地球を救うために幼いころの記憶を取り戻せと言われる。その途端エバーナウの壁は映像を映すモニターとなり、ネイサンは幼いころの記憶を見る。そして、ヒロに訓練されたこと、7歳のころマリナに引き合わせられ地球を救う能力を試していたことを思い出す。

ゲートウェイについたルークは、マリナとクエンティンを建物の中に避難させ、止めようとするマリナを振り切り太陽フレアに向かっていき、地表につく前に自らを爆発させ太陽フレアを吹き飛ばし地球を救って消えてしまう。
ルークが消えた後、マリナとクエンティンはひとまず時計台の中に避難するが、中にいたフィービーに襲われる。クエンティンはフィービーを説得しようとするが聞く耳を持たず、やむなくフィービーを撃つ。フィービーは後ろにのけぞり時計台の下へ落ちてしまう。

ファラはカルロスやマイカたちの助けで一命をとりとめ、事故でけがをした人たちのために病院に残ることにする。

レンとエミリーはイヴォたちがとらえられている再生装置を止め、オオトモとミコを開放する。オオトモはエバーナウにいるトミー(ネイサン)を助けられるのはレンだけだと言い、レンをエバーナウに送る。エバーナウに入り込んだレンは刀ガール(ゲームの中のミコ)と再会する。
刀ガールとレンは敵を倒し、ネイサンを救い出す。刀ガールはレンにまた会えるよと言い残してエバーナウと共に消えてしまうが、ネイサンとレンは現実世界に戻ってくる。

しかし、そこにはエリカに捕らえられたエミリーとネイサンの母がいて、エリカと武装した部下に取り囲まれてしまう。
エリカは過去の地球を救えばこの未来は消滅する。ネイサンの母とエミリーも消えてしまう。現在にいる妹とどっちを選ぶのか?と問われ、ネイサンはにやりと笑って自分はヒロに訓練されどちらにも行けるという。
それを聞いたエリカはネイサンを殺そうと銃で撃つが、その瞬間にネイサンが時間を止め、その場にいたエリカ以外の全員を過去に送り戻す。
ネイサンはエリカの時間移動させるための時計を壊し、能力を増幅させるための椅子に座り止めていた時間を戻しゲートウェイにいた人々と自分を現在に送り戻す。残されたエリカは消滅してしまう。

現在に戻ったネイサンは地球を救うためマリナと手を取り合うが、能力が発揮できずやり方が違うことに気が付いて7歳の過去に確かめに戻る。
そこで見たものは、ネイサンとマリナが力を発揮するためには二人の間にパイプ役となる人間が必要なことだった。しかし、パイプ役の人間は能力を発揮した後死んでしまう。
ネイサンは太陽フレアの2日前に戻り、嵐で車の下敷きになる直前の祖父ノアを連れて7歳の時の出来事を見せる。

ネイサンとノアは現在に戻る。覚悟を決めたノアは迷っているネイサンとマリナの手を取りパイプ役となる。二人をつないだノアからは太陽フレアを消す光線が噴き出て、太陽フレアは消え、地球の危機は救われる。
ノアはネイサンとマリナにお前たちを誇りに思うと言い残し死んでしまう。

3か月後
クエンティンは警察に収容されていて、誰が地球の危機を救ったのか聞かれていた。
しかし誰だか言わず、彼らが特別だと君たちは思っているがそれは違う。普通の人たちなんだ。彼らは無私の精神で正義を果たした。もう放っておいてほしいと彼らは思っている。彼らが望むのは意味とか希望のある生活なんだと答えていた。

人々は元の生活を取り戻していた。しかし、新しい変化が訪れようとしていた。
エミリーのいるアイスクリーム店でバイトするネイサンに「破壊」と、新しく高校に通うマリナの元に「双子」のタロットカードが置かれる。
マリナはアンジェラに、触れた瞬間に誰かが私を見てると感じたという。アンジェラは「お父さんからの伝言よ。彼は再び姿を現す。もう誰もあなたを守れない」という。


PAGE TOP