フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン3 前半 第1~8話 ネタバレ・登場人物

Sponsored Links

【後半へ】

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン3 概要

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン3
画像引用:Fear the Walking Dead – AMC

家族はアメリカとメキシコの国境付近の危険な地域で再会する。世界が終わったとき、国境線も消えた。主人公たちは周りを取り巻く環境だけでなく、家族間の関係も立て直さなければならない。(Amazonプライム・ビデオより引用)

あらすじ

マディソンたちはメキシコとアメリカの国境で民兵に襲われて囚われた。そこで先に囚われていたニックと再会し、彼らは自分たちを襲ったトロイの兄ジェイクに彼らの農場に来るように誘われる。彼らが信用できなかったマディソンは最初ついていく気はなかったが、国境の軍施設が感染者でパニックになり彼らと逃げる羽目になった。

トラヴィスとアリシアは感染者から逃げるためにジェイクが操縦するヘリに乗っていた。しかしジェイクたちのコミュニティ、ブローク・ジョー農園は自分たちの聖域だと主張するカレタカ・ウォーカーたちネイティブアメリカンの攻撃によって、トラヴィスは首と腹を負傷しヘリコプターから自ら落ちて行った。

一方でホテルに残ったストランドは、エレナに押し寄せて来た人々を迎え入れるように言い、自分は医者だと嘘をついて人々の治療をした。それは偶然にもうまくいったが、ストランドの正体がばれることを恐れたエレナに追放されてしまう。ストランドはホテルを追放されると昔の仕事仲間のダンテを訪ねた。しかしダンテはストランドを信用しておらず、殺そうとして牢に入れた。ストランドはそこでダンテの側近になっていたダニエル・サラザールと再会したが…

新しい登場人物

※この項目の画像引用:Fear the Walking Dead – AMC

トロイ・オットー (ダニエル・シャーマン IMDb )
トロイ・オットーメキシコとアメリカの国境付近にある軍施設で、民兵たちを率いて捕らえた人を殺し実験をしていた男。
ジェイク・オットー (サム・アンダーウッド IMDb )
ジェイク・オットートロイの兄だが母親が違う。トロイとは正反対の性格で、穏やかで読書好きな青年。
ジェレマイア・オットー (デイトン・キャリー IMDb )
ジェレマイア・オットートロイとジェイクの父親で、ブローク・ジョー農園の創設者の1人でリーダー。一見穏やかなようだが白人至上主義者で利己的なところがある。
グレッチェン・トリンバル (レイ・グレー IMDb )
創業者の1人バーノン・トリンバルの娘でアリシアとは同じ年。世界が崩壊した後ずっと農場で暮らしていて、外の世界を知らない。
カレタカ・ウォーカー (マイケル・グレイアイズ IMDb )
カレタカ・ウォーカーブラックハットに住んでいるネイティブアメリカンたちのリーダー。残忍なようだが敵以外には紳士的。
エフレイン・モラレス (ジェシー・ボレゴ IMDb )
エフレイン・モラレス大やけどを負って街をさまよっていたダニエル・サラザールを助けた。以前は司祭だったらしい。
ローラ・ゲレロ (リサンドラ・テナ IMDb )
ローラダムの水を独占しているダンテから、ひそかにエフレインたちに水を横流ししていた女性。エフレインとともにダニエルを助けている。
ダンテ・エスキベル (ジェイソン・マヌエル・オラザバル IMDb )
ダンテメキシコ・バハでダムの水を独占している男。以前アビゲイルやストランドと取引していたが、ストランドのことを信用していない。
Sponsored Links

ネタバレ まとめ

※この項目の画像引用:Fear the Walking Dead – AMC

第1話 その目に映るもの(Eye of the Beholder)

第1話
引用:Fear the Walking Dead – AMC

トラヴィス・マディソン・アリシアはメキシコとアメリカの国境付近で武装した集団に捕らえられ、アメリカの軍事施設に連れていかれた。トラヴィスは地下の実験室連れて行かれたが、そこで先に捕らえられていたニックと再会した。ニックは武装集団の攻撃でケガをしたルシアナと一緒だった。

彼らはリーダー格のトロイという男の指示で、捕らえた人々を一人ずつ殺し転化するまでの時間を計る実験をしていた。捕らえられていた男の一人が屈強なトラヴィスを見て、外に出してくれれば地下を通ってメキシコへ逃げる手引きをすると持ち掛けてきて、トラヴィスとニックはその話に乗った。トラヴィスは男たちに、自分はマオリ族だから変わらない。試しに殺してみろと挑発した。男たちはトラヴィスの代わりにルシアナを連れて行こうとしたが、トラヴィスが反撃に出てニックたちも加勢し外へ逃げた。トラヴィスはニックたちを逃がすとリーダー格のトロイたちにつかまり、感染者が大勢いる穴に連れていかれ落とされた。手引きをするはずの男は殺されてしまい、ニックたちは地下の出口におびただしい数の感染者がいて戻る羽目になった。

一方のマディソンとアリシアはトロイに気に入られもてなされた。トロイはトラヴィスのことを別のところで審査を受けているとごまかした。2人はトロイがトラヴィスたちが起こした騒ぎで出て行ったスキに隠れ、戻ってきたときにマディソンがトロイの目にスプーンを突き立ててトラヴィスのところへ連れて行かせようとしたが、大勢に囲まれて仕方なく彼を開放した。マディソンはトラヴィスがおびただしい数の感染者を倒した後の穴に連れていかれた。

その頃ニックとルシアナは死んだ男に襲われていたが、逃げるための車を探していたアリシアが気が付いて隠し持っていたナイフを投げ渡し難を逃れた。しかし3人は騒ぎで駆け付けた男たちに再び捕らえられてしまう。ニック・アリシアはマディソン・トラヴィスと再会した。その後マディソンは彼らとは別行動しようとしていたが、地下道から出て来た大量のウォーカーに追われ、アリシアとトラヴィス、ニックとマディソンに別れ彼らに付いていく羽目になった。

第2話 新天地(The New Frontier)

第2話
引用:Fear the Walking Dead – AMC

トラヴィスとアリシアの乗ったヘリコプターは地上から何者かに攻撃された。トラヴィスは首と腹を撃たれ、自らの判断でヘリコプターから落ちて行った。その後ヘリコプターは山の中へ不時着したが、夜になり見回りに行ったシャーリーンが感染者に襲われてしまう。彼女を探しに行ったジェイクはシャーリーンのとどめを刺し、翌朝アリシアと2人でルシアナを抱えて農場へ向かった。

マディソンとニックはトロイたちとともにトロイの父親ジェレマイアが創設したブローク・ジョー農場へ着いた。しかし先に着いているはずのヘリコプターはなく、ニックは農場の人々を疑って探しに行くと言ったがマディソンは銃を盗んだことを教え今はここで待とうと止めた。翌日アリシアとジェイクがルシアナを抱えて農場まで歩いてきた。マディソンはトラヴィスが死んだと聞かされ動揺した。ルシアナは意識がなく農場には入れられないと言われたが、ニックはルシアナを撃つ振りをして銃を受け取りトロイに向けて彼女を運べと脅した。周りはみなニックに銃を向けて不利な状況だったが、ジェレマイアが治療することを了承してその場を収めた。その後マディソンは1人になってトラヴィスが亡くなったことを悲しんでいたが、そこへジェレマイアがやってきて、銃を持って行ったならここの決まりだからメモに書いてくれと言われ記帳した。

ストランドはエレナにホテルの門の外で騒いでいた住民を部屋に迎え入れるように言い、自分が医者だと嘘を付いた。ストランドは器用に住民の手当てをしたが、妊婦が苦しみ始め治療を迫られると困惑した。しかし結局うまく出産させることができた。だがストランドの正体がバレて迎え入れた人々が暴動を起こすのではないかと恐れたエレナとヘクターは、ストランドに出て行くように命令した。ストランドはその前に自分を刺したアイリーンに食事を届けた。アイリーンは病んでしまっていたが、ストランドを見ると自分が傷付けたことを詫び、お詫びだと言って結婚祝いに娘に送るはずだった車のキーを彼に渡してベランダから飛び降りた。その後ストランドは駐車場に止めてあったジャガーに乗ってホテルを後にした。

第3話 我々の知るこの世の終わり(TEOTWAWKI)

第3話
引用:Fear the Walking Dead – AMC

ジェレマイアは世界の崩壊前、家族とともに世界が崩壊したときに生き残る方法をレクチャーしたビデオを販売していた。マディソンは人々に受け入れられようと皆の前で感謝の意を示したが、一部の住民からは受け入れられず侮蔑された。住民たちはそれよりも誰がヘリコプターを攻撃したのかと心配していた。ルシアナは手当てを受け意識を取り戻したが、転化しても動けないようまだ拘束されていた。

アリシアはグレッチェンと言う女の子に聖書の勉強会に誘われて若者たちの集まりに参加した。聖書の勉強とは建前で、皆そこで大麻をふかし話をした。彼らはジェフという感染者の男の首を鳥かごに入れて隠していて、それを見たアリシアが爆笑したことで打ち解けた。彼らは世界の崩壊直後から農場にいて、外の世界を知らずトロイや民兵たちに頼り切っていた。

ニックは夜牧場をうろついているところをトロイに誘われて狩りについて行った。ニックはトロイが一人になったところをナイフで襲い掛かった。しかしトロイは自分を殺して転化するまでの時間を計ってくれと自分を実験台にしようとした。ニックは結局殺さず、彼の研究メモを破って散らばし笑い飛ばした。トロイはメモを拾いながら俺たちはもう友達だと言った。

翌朝ジェレマイアは住民たちが集まっているところで、マッカーシーの班が戻ってこないので調べに行くと有志を募った。マディソンはそれに志願した。

ストランドはホテルを追い出された後、昔取引相手だったダンテを訪ねた。ダンテは最初友好的だったがアビゲイルが死んだと聞くと、ストランドをダムの上まで連れて行って部下に突き落とさせようとした。ダンテは詐欺師だったストランドをよく思っていなかった。ストランドはダンテのために働くと必死に命乞いをし、その場では落とされず牢に入れられた。そこへ水を差しだすものが現れた。それは死んだと思われていたダニエル・サラザールだった。

第4話 100(100)

第4話
引用:Fear the Walking Dead – AMC

ダニエル・サラザールはアビゲイル邸に火をつけた後、逃げ出して大やけどを負ったまま歩き続けていた。水を求め街に入ると感染者に追われ車の下に逃げ込み気を失っていた。そこでエフレイン・モラレスと出会い助けられ水を与えられた。ダニエルはエフレインの仲間にやけどの治療をしてもらい徐々に回復した。しかしエフレインに自分のやったことを告白した後、オフェリアを焼き殺してしまったかもしれないという罪の意識に苛まれさまよった。ダニエルは感染者に襲われそうになったり川に流されたりしたがまた助かり、ダムの下水道でエフレインたちに水を横流ししていたローラに助けられた。

ローラはダニエルを助けるため新しい労働者だとごまかしてダムで働かせた。ダニエルはダンテがやって来た時に立たなかったことで彼の手下に目を付けられた。しかしダンテはダニエルがエルサルバドルの元工作員であることに気が付き、自分の側近にした。側近たちは町で水を盗んでいるものを捕まえていたが、エフレインが住んでいる場所に来た時、ローラが水を横流ししていることが発覚するのを恐れたダニエルはエフレインを彼らに捕まえさせた。ダニエルはエフレインを拷問する羽目になり、ローラを助けるために彼を殺すつもりだった。しかしローラは激しい暴力を受けているエフレイン覆いかぶさりやめてと泣いた。

ダニエルは水を求めに来ている人の列でストランドがダンテを訪ねているところに出くわした。牢獄に入れられたストランドに水を差しだしオフェリアのことを聞いたが、ストランドはオフェリアが行方不明になったことを言わずホテルにいると言って自分を助けさせようとした。しかしダニエルはオフェリアは死んだと信じなかった。その後ストランド・ローラ・エフレインは処刑されるためにダムの上に連れていかれた。ローラの番になり、ダニエルは上から突き落とすように促されたがダンテの手下とダンテを撃ち殺した。そして彼女の前にひざまずき許しを乞うた。

Sponsored Links

第5話 水に燃え、炎に溺れる(Burning in Water, Drowning in Flame)

第5話
引用:Fear the Walking Dead – AMC

ブローク・ジョー農園の創設者の1人の家で深夜火事が起き、ニックや住民たちは火を消そうと躍起になっていた。しかし後からやってきたジェレマイアは火の回りを見て水の無駄だ、燃やしておけと彼らを止めた。

翌朝マディソンはトロイたちとマッカーシーの班の捜索へ行った。マッカーシーの班は遺体を焼かれ、マッカーシー自身は脳をむき出しにされてカラスについばまれて同じ言葉を延々と繰り返していた。ブローク・ジョー農園の土地は元々カレタカ・ウォーカーというネイティブアメリカンの部族の土地で、マッカーシーたちを殺したのはカレタカの部族だった。マディソンたちはカレタカの部族に取り囲まれ、カレタカにブローク・ジョー農園を明け渡すよう伝言しろと命令され、乗って来た車や武器、靴までも奪われて歩いて帰らなければならなくなった。途中彼らは裸足で傷だらけになり疲れ果てていたが、トロイは早く戻るよう命令した。マディソンは休もうとしないトロイを彼の母親のことで侮辱し朝までの休憩を勝ち得た。しかし寝ている間にナイフをのど元に充てられ殺されそうになった。トロイは直前で踏みとどまって止めた。

ニックは火事になった家を修復しながら、ジェレマイアと話し親しみを感じて農場に残ることに決めた。ニックは夜ルシアナをサプライズでそこに連れてきて、ジェレマイアに聞いた夫婦の話をしてここに住もうと話した。ルシアナは反対しなかったが、翌朝ニックが目覚めるといなくなっていた。ニックが1人家の入り口に座っていると、ジェレマイアはかつてそこの住人にしたようにクラッシックな銃を置いていった。

ダニエルはストランドを連れてホテルにオフェリアを探しに行った。しかし戻るとホテルは感染者ばかりになっていた。危険を感じたストランドがオフェリアは自分たちを捨ててトラックで逃げたと真実を告げると、ダニエルはわざと感染者をおびき寄せ、ストランドが襲われている隙にジャガーに乗って去って行った。

第6話 赤い土(Red Dirt)

第6話
引用:Fear the Walking Dead – AMC

トロイとマディソンたちは全員足を負傷してブローク・ジョー農園に戻って来た。トロイは住民を不安にさせまいと事実を隠そうとしたが、マイク・トリンブルがカレタカ・ウォーカーがマッカーシーの班を虐殺し、ここを明け渡せと要求していると話した。トロイ、マディソン、ジェイク、ジェレマイアの話し合いで、トロイは戦うべきだと言ったがジェレマイアは大した脅威ではないと主張した。彼らの話ではこの土地はジェレマイアの先祖が買ったものだが、ウォーカーはネイティブアメリカンの弁護士で所有権をめぐって何度も裁判を起こしていたらしかった。

住民の間にはネイティブアメリカンに襲われるのではないかと不安が広がり、ブローク・ジョーから逃げ出そうと地下の貯蔵庫に人々が物資を取りに来た。創設者の1人バーノン・トリンブルは家族もろとも出て行こうとしていた。トロイは彼らを止めようとしたが、ジェレマイアが許可したと言われマディソンにも止められて手出しができなかった。

ジェレマイアはニックの住居になったかつての自宅で酒を飲み荒れた。翌朝彼らはバーノンの馬が戻ってきているのを見つけた。ジェレマイアはバーノンの馬がただ戻ってくるはずはないと、マディソンとニックと一緒に彼らの安否を確かめに行った。トリンブル一家は銃撃を受けて全員死亡していた。しかし車や食料は手付かずのままでウォーカーの仕業ではなく、皆トロイがやったのではないかと疑った。ブローク・ジョーに戻ると、マディソンはバーノンたちはウォーカーの襲撃を受けて死んだと嘘をついた。このことで住民たちはブローク・ジョーに残って戦う決意をした。

ジェイクはマディソンたちが戻ってくる前にウォーカーと話をすると出て行っていた。彼と恋人の関係になっていたアリシアは、マディソンの話を真に受けてジェイクの身を案じ彼の後を追った。そんなことを知らないマディソンはトロイと話し、あなたはリーダーに向いている。皆を導けと話した。

第7話 明かされたこと(The Unveiling)

第7話
引用:Fear the Walking Dead – AMC

ブラックハットに向かっているジェイクのところにアリシアが追いついた。アリシアはウォーカーがトリンバル一家を殺した危険だから行くのをやめるように言ったが、ジェイクはそれならなおさら交渉しなければと帰らなかった。アリシアもジェイクについてブラックハットに向かった。ブラックハットに着くとウォーカーは2人に昼食をもてなし話をした。そこに食事を運んできたのはオフェリアだった。オフェリアはホテルにグループを残して去ったことを謝罪し、ウォーカーたちは善人だと言った。交渉のために人質交換としてアリシアが残り、オフェリアがジェイクに連れられブローク・ジョーに戻って行った。

マディソンはジェイクと戻ったオフェリアを見て私たちを捨てて行ったと非難した。そしてアリシアが人質交換で残ったことを知ると怒って喚いた。ジェイクはアリシアは安全だと言ったがマディソンは耳を貸さず、トロイと2人きりになったときに彼がトリンバル一家を惨殺したことをバラすと匂わせて、アリシアを救出するためにトロイ・ニックと民兵を連れてブラックハットに潜入し、4~5人殺してアリシアを救出した。マディソンが暴走したために戦争は避けられない状況になった。ジェイクはまだ交渉するつもりで水を届けオフェリアを送り返した。ウォーカーは報復しようとジェイクの頭の皮を剥ごうとしたがオフェリアに止められ、お前とトロイを目の前で殺すと父親に伝えろと言ってジェイクを解放した。

ジェイクが牧場に戻った後、ブラックハットからバイクがやって来て門の前にオフェリアを投げ出し去って行った。オフェリアの話によるとアリシアの救出に関わったと疑われて追い出されたらしかった。彼女が食堂で働いていたと聞いてマディソンは食事の支度を手伝わせた。しかしその夜外を守っていた民兵たちは嘔吐し死んで感染者になってしまう。ブローク・ジョーは感染者たちでたちまちパニックに陥った。ニックも苦しみ始めた。オフェリアはその様子を見て逃げ出した。マディソンは騒ぎの原因がオフェリアだと気が付いて彼女を追った。

第8話 罰を受ける者(Children of Wrath)

第8話
引用:Fear the Walking Dead – AMC

オフェリアはアメリカの国境を超えた後、偶然出会ったジェレマイア・オットーに見捨てられ、倒れていたところをカレタカ・ウォーカーに助けられてそれ以来彼と一緒に生活していた。

マディソンはオフェリアを追いかけ車で逃げようとしたのを窓を割って止め、彼女に銃を突きつけてカレタカのところまで行き毒が炭そ菌だと聞いた。しかしカレタカはニックは若いので生き残るだろうと言った。その後マディソン、トロイ、アリシアたちは報復でブラックハットを襲い、カレタカが大切にしているものが積んであるトレーラーを盗んでいった。

ニックはカレタカの言葉通り回復し、ジェレマイアが酔って撃った床を剥がして掘り起こした。そしてそこに埋まっていた骸骨が誰のものであるかジェレマイアに聞きに行った。ジェレマイアはネイティブアメリカンから安くこの土地を買っていて、ここは聖地だと主張するカレタカの叔父や父親と争いになっていた。ジェレマイアたち創業者は対立していたネイティブアメリカンたちを殺していた。頭蓋骨はカレタカの父親のものだった。

マディソンはトレーラーを取り返しに来たカレタカと2人で話し合った後、ニックとアリシアに自分が子供のころ母親を虐待していた父を撃ち殺したと告白し、家族を助けるためなら何度でも撃つと言ってジェレマイアに会いに行った。マディソンはカレタカと農場を襲わない代わりにジェレマイアの頭の皮で償うと取引したことを話し、自分で命を絶つように銃を渡した。ジェレマイアは拒否しマディソンを挑発したが、その時ニックが入ってきてジェレマイアを撃ち殺した。その後マディソンとニックはジェレマイアが自殺したように見せかけ、トロイとジェイクを呼んだ。マディソンは1人で棺に入れられたジェレマイアの頭皮を取ってをカレタカに渡した。カレタカは頷いていた。

ストランドはホテルから出た後海岸で座礁しているアビゲイル号の見つけた。アビゲイル号にいた感染者たちを片付けると、シャンパンを見つけ栓を抜いて飲んだ。その時無線が入り慌てて応答するとISSにいるロシア人宇宙飛行士からだった。その宇宙飛行士は感染は地球中に広がっていて、宇宙に行くとき地上の明かりが消えるのを見たと話した。ストランドはその後感染者たちが持っていた武器などを集め、アビゲイル号に火をつけて立ち去った。

感想

待ちに待ったフィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン3ですが、いつものごとく事前告知なしで唐突にAmazonプライム・ビデオで配信が始まりました。しかも前半1~8話を一挙配信。先週からは後半が1話ずつ更新されています。

あまりに遅いので、Amazonはフィアー~を取り扱うのはやめたのかな~と思っていましたが、無事配信されて良かった良かったw

まだ途中ですが今シーズンは今までで一番面白いのでは?シナリオの混沌ぶりは相変わらずですが、シーズン2までの雑さ加減と比べ映像や構成が丁寧になっている感じがします。シーズン2後半の雑ゾンビは酷かったですからね(;´・ω・) 本家同様フィアーでもゾンビは空気になりつつありますが…

フィアーはシーズン4の更新がすでに決定していますが、シーズン3までのショーランナー、デイブ・エリクソンは今シーズンで降板が決まっています。なんでも他のドラマを作るのだとか。原作者のロバート・カークマンが本家ウォーキング・デッドとのクロスオーバーがあると明言しましたし、ショーランナー交代でどうなるのか気になります。

しかし第2話のトラヴィス退場はショックでした。メインキャストなのにあんな死に方ある?クリス同様酷かった。そしてすっかり死んだと思っていた床屋のダニエル再登場!シーズン2前半終了時の無音エンディングはなんだったのさw
ひどいやけどを負っていましたが不死身ですねw しかし人気キャラの復活でIMDBを見ると視聴者の評価も上がっているようです。

トラヴィス役のクリフ・カーティスはアバター2への出演が決まっているようで、その影響での降板かもしれませんね。フィアーのメンバーの中ではトラヴィスが一番好きだったのですが、今後はアバターで見るのを楽しみに待ちたいと思います。

今後の放送・配信予定

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドは現在Amazonプライム・ビデオで毎週金曜日最新話が配信されています。

【後半へ】


PAGE TOP