フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン1 第1話 ウォーキング・デッドの前の話

Sponsored Links

第1話 パイロット版

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン6 第1話
出典:Fear The Walking Dead – AMC(米国)

「ウォーキング・デッド」と同じ世界を舞台に、問題を抱えながらロサンゼルスで暮らす混合家族の目を通して、ゾンビによる世界の終末が訪れる様子をリアルに描くドラマ。機能不全に陥った混合家族が、各地で報告されているウイルスはゾンビによる世界の終末の訪れであると気づき、必然的に団結する。(Amazonプライム・ビデオ フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン1 第1話 より引用)

ウォーキング・デッドのスピンオフ・ドラマ

謎のウイルスが蔓延し世界がウォーカー(ゾンビ)で溢れ、文明の崩壊した世界を描いた「ウォーキング・デッド」のスピンオフドラマ「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」の第1話です。
ウォーキング・デッドの世界観にはまっていたので、スピンオフが放送されると知ってからずっと楽しみでした。
ウォーキングデッドでは物語が始まった時からウォーカーで溢れかえった世界でしたが、フィアー・ザ・ウォーキング・デッドはそうなる以前の話から始まります。

第6話まで視聴しましたが、同じ世界の話ながらウォーキング・デッドのような激しさは6話の終わりごろにならないと出てきません。
視聴してみて、ウォーキング・デッドよりもBBC制作の生存者たちというドラマを思い出しました。

ガールフレンドが死体を食べている

第1話は麻薬中毒のニックが、廃墟の教会でガールフレンドが死体を食べているのを目撃したところから始まります。
家族の関係が複雑で、麻薬中毒の息子に反抗期の息子に優秀だがシラけた娘と、シングルマザーに内縁の夫と別れた妻の関係が見ていてヤキモキします。
そしていつゾンビが増殖するのだろうという、恐怖というか期待感というか(笑)

すでにシーズン1が6話、シーズン2が13話と制作されることが決定されているようで、続きが楽しみです。

現在Amazonプライム・ビデオで配信されています。
Amazonプライム会員(年会費3,900円)になると視聴できます。

短いネタバレ

麻薬中毒のニックはガールフレンドが死体を食べているところを目撃し、パニックになって逃げだしたところを交通事故にあう。
ニックの母マディソンと内縁の夫トラヴィスは、最初ニックの話を信じないが、街中やニュースで異常な光景を目の当たりにし本当だったのだと思うようになる。
ニックとマディソンとトラビスは、ニックが誤って殺してしまってゾンビ化した麻薬の売人に襲われるが、ニックが売人を車ではね飛ばし危機を逃れる。

長いネタバレ

廃墟になった協会の中で目覚めるニック。
ガールフレンドのグロリアを探していると、血だらけで死んでいる男を見つける。
さらに奥に進むとグロリアが倒れている男の死体を食べていた。グロリアは腹をナイフで刺された状態でニックに向かってくるが、生気がなく怪物のようだ。
パニックになってその場から逃げだしたニックは、車にはねられてしまい救急車で病院に運ばれる。

ニックの母マディソンと娘のアリシア、マディソンの内縁の夫トラヴィスが連絡を受け病院に向かうと、医師からニックは麻薬による幻覚を見て道路に飛び出したのだと聞かされる。
マディソンは事情聴取していた警察官を追い出し、ニックに何があったのか聞き出そうとするが、矯正施設に入れられることを恐れるニックは本当のことを話さずごまかそうとする。
トラヴィスは前妻ライザとの間の息子クリスに連絡を取り、週末ニックの見舞いで過ごそうと電話で話すが、反抗的なクリスはニックを助ける義理はないと断ってしまう。

マディソンとアリシアは、マディソンの職場でありアリシアの母校の高校へ向かう。
生徒のトバイアスが入口の金属探知機にかかり、持っていたナイフを没収される。
トバイアスは謎のウイルスか細菌が広がっていて危険だという噂を話すが、マディソンは問題があれば政府が動くと意に介さない。
トバイアスはこれ以上話しても無駄だと思ったのか、ナイフを取り戻すことを諦め教室に向かう。

病院に残ったトラヴィスは、目覚めたニックと教会で目撃した出来事について話す。
トラヴィスを信用しているニックは目撃したことを話し、麻薬による幻覚ではなく自分がおかしくなったかもしれないから怖いのだと告白する。
トラヴィスはニックの話を確かめるため教会へと向かう。
そこでおびただしい血と肉片を見つけたトラヴィスは、ニックの話を信じるようになる。
しかしマディソンに話しても信じない。

ニックは病院で用を足すように看護婦から促され、逃げないように拘束された腕を片方開放させる。
看護婦がいなくなった隙に逃げ出そうとすると、隣のベッドの老人の病状が急変し医者と看護婦が駆けつける。
医者は「60秒でダメなら下に運ぶ」と言い蘇生を試みるが心臓は止まったままで、老人はベッドのまま下へ運ばれていく。
ニックは異常な事態を目にしながらも、誰もいなくなった病室から脱走する。

ニックが病院から抜け出したことを知ったマディソンは、元の場所へ戻るかもしれないと思いトラヴィスとともに教会へ向かう。
そこで惨状とニックの使用済みの注射器を見つけたマディソンは落ち込んでしまう。
ニックが教会にいないと知った二人は、ニックの友人カルビンの元へ向かい居場所を知らないか聞くが、カルビンは分からないという。

その夜マディソンとトラヴィスが自宅に戻る途中、渋滞中の高速道路で銃声を聞く。
空にはたくさんのヘリが飛び、安全のために車から出るなと拡声器でアナウンスされている。
二人は何が起こったか分からないまま、高速から離脱し自宅へ戻る。

翌日、昨夜渋滞中に撮られた警官の銃弾を受けても倒れない男の映像が放送され、ニックの話の通りだと二人は驚愕する。
異常事態を受け、当局からの指示で高校は早めに閉校する。

ニックはレストランにカルビンを呼び出し、前に渡されたクスリが何だったのか疑問をぶつける。
カルビンは麻薬の売人だった。
カルビンは売人であることの秘密を守るため、ニックを人気のない川辺に連れて行って殺そうとする。
カルビンが拳銃を持っていることに気が付いたニックは揉み合いになり、誤ってカルビンを撃ってしまう。
ニックはその場から逃走し、トラヴィスを呼び出す。
トラヴィスはマディソンと共にニックの元に向かうが、母がいることに動揺したニックは最初抵抗するものの、カルビンを撃ってしまったことを告白する。

3人はカルビンの様子を確認しに行くが、カルビンはいない。ニックは幻覚を見たのかとパニックになるが、車で立ち去る途中ゾンビとなったカルビンと遭遇する。
マディソンとトラヴィスはカルヴィンの異変に気が付かず、車から降りてカルビンの元に向かうが、ゾンビとなったカルビンに襲われそうになる。
二人を助けるため、ニックはカルビンを車ではね飛ばす。頭部が無傷のカルビンはまだ動こうとする。
3人は危機からは脱したが、目の前で起こっていることが信じられず恐怖にかられるのだった。


PAGE TOP